大学:英語文化学科

グローバルな視野を持ち、コミュニケーション力を駆使して、
国内および海外で活躍できる人材の育成をめざします。

英語文化学科では1・2年次で徹底的に英語力の向上を図ります。特に2年次4か月間のアメリカ分校への留学をとおし、実践的な英語力を高めるとともに異文化理解を深めます。そして3年次からは4つの系に分かれ、語学力をさらに高めながら、それぞれの専門領域の知識を修得します。また「卒業研究(ゼミ)」では、興味のある分野の研究活動をとおして論理的思考力や表現力を養います。

大学:英語文化学科について

A 日米キャンパス連携グローバル教育

日米キャンパス連携グローバル教育は、学科独自の国際教育体制です。本学は、アメリカ・ワシントン州スポケーン市に分校(MFWI)を持っています。その教育レベルは高く、優秀な教育機関としてアメリカでの認証*1を受けています。本学科は、MFWIと有機的に連携した英語教育・グローバル人材育成を行っており、日米キャンパス連携によるこのようなグローバルな教育は他に例をみません。

*1:2009年4月、MFWIは、アメリカのCEA(大学英語教育認定協会)から、大学レベルの英語教育機関として認定されました。

B アメリカ分校4か月留学 レギュラー・プログラム

レギュラー・プログラムは、アメリカ分校・MFWIへ留学する全員参加のプログラムです。学生は、大学1年生の2月から約4か月間、MFWIへ留学します。MFWIは甲子園球場の約12倍の広さがあり、充実した施設を有した自然豊かなキャンパスです。TESOL修士号*2を持った教員約30名、そして職員やアドバイザー、カウンセラー、24時間勤務のセキュリティーなど約90名ものスタッフがアメリカ分校の運営に携わっています。海外の分校としては、質と規模では、日本一であるといっても過言ではなく、「安心・安全・高品質」の留学を経験することができます。

*2:Teaching English to Speakers of Other Languagesの略で、英語を母語としない人たち向けの英語教授法のこと。

C 特色のあるカリキュラム 3年次からの「系」専門教育

入学から卒業までのフローチャート

大学:英語文化学科 入学から卒業までのフローチャート

主な開講科目

1・2年次

バランスのとれた実践的な英語力の修得

1・2年次では「英語の4技能(Four Skills)」と言われる「聴く」「話す」「読む」「書く」技能をみがく下記のような科目を設けています。

科目例
リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング、TOEIC演習 など

3・4年次

「系」専門教育は、学科独自の専門教育制度です。学生は、3年次と4年次は以下の4つの系のいずれかに所属して専門的知識を高めながらその領域の専門英語力を身に付け、グローバルに活躍できる能力と見識を養います。

第1系 文化・文学

欧米諸国の伝統や価値観などを踏まえ、その文化・文学を深く理解した上で、国際的なコミュニケーションを図ることのできる知性と能力を備えた人材を育てます。文学作品などの研究を通して「人とは何か」を追究していきます。

科目例
翻訳ワークショップ、イギリス文化と文学の流れ、アメリカ文化と文学の流れ、文学作品演習 英語児童文学 など

第2系 言語・語学

英語の言語的特徴や、その歴史的な発展を深く学ぶとともに、その背景となる社会と言語との関係も研究します。また、その知識を基にディスカッションやディベートを行い、英語運用能力に長けた人材を育成します。

科目例
英語の文化的背景、現代コミュニケーション英語、英語の談話分析、英語の歴史、英語の構造 など

第3系 ビジネス・コミュニケーション

国際ビジネスにおける英語でのコミュニケーションを多角的に学習・考察し、高次での総合的な英語力と専門知識を習得します。幅広い見識を備え、多様な言語ニーズを認識しながらグローバルに活躍できる力を養います。

科目例
ビジネス・イングリッシュ、ビジネス翻訳/通訳、国際関係論、ツーリズム概論、ホスピタリティ英語 など

第4系 国際教養(ACE対象)

海外の大学・大学院への進学、外資系企業への就職、国際機関での活躍を視野に入れ、グローバル化する世界における日本のあるべき姿を深く理解し、世界と日本の架け橋となりうる、国際感覚を備えた人材を育成します。

科目例
英米文化・文学演習、グローバル化と日本、会議通訳、国際関係論講義、国際ビジネスコミュニケーション など

D ACE(英語特別クラス)

ACEは、英語特別クラスでAdvanced Course in Englishの略です。入学時にTOEICで600点程度の英語力を持った学生を対象としています。少人数クラスで、原則、授業は英語で行います。2年次や3年次でも必要要件を満たせば、ACEに所属することが可能です。但し必要要件を満たすことができない場合は、ACE所属でなくなることもあります。ACE学生は、3年から第4系(国際教養)に所属することになります。ACEクラスでは、交換留学や二重学位取得を経て、卒業後広く国際的な分野で活躍できる人材の育成をめざします。是非ACEにチャレンジしてください!

ACEへの選抜基準(2017年度以降入学生対象)

英語文化学科合格者で、次のa.かb.のいずれかの場合に該当すれば、ACEコースに応募することができます。

  • a) TOEIC600点(TOEFL: PBT505点,TOEFL: ITP505 点,TOEFL: iBT63点、G-TEC for Students700点、GTEC CBT1040点)以上の場合
    (なお、本学で2月中旬から下旬に実施されるTOEICを受験し基準を満たせば、応募することもできます)
  • b) 上記得点の90% 程度を獲得し、かつ次の要件のいずれか一つを満たしている場合
    • 1) 英語の評定平均値 平均4.8以上(ACEクラス所属願提出時)
    • 2) 都道府県レベルの英語スピーチ大会など高校時代3位入賞以上
    • 3) 公的資金による留学経験:高校時代に英語を公用語とする国での滞在期間が10か月以上であること
    • 4) 帰国生徒:英語を公用語とする国での滞在期間が1年以上であって、入学時からさかのぼって2年以内に帰国していること

ACEのカリキュラム

大学:英語文化学科 ACEクラス 入学から卒業までのフローチャート

E アメリカ分校4か月留学 エクステンション・プログラム

*New「グローバルキャリア・プロジェクト」

エクステンション・プログラムは、希望者を対象としたMFWIへの留学プログラムです。レギュラー・プログラム参加者が対象でさらに4か月MFWIで学ぶことを希望する学生のなかで学習態度に優れ積極性や動機付けされた人たちを選抜して実施しています。 総合的な英語力、英語プレゼンテーション力、異文化活用力の高次での獲得をめざします。2015年度より、「グローバルキャリア・プロジェクト」が開始しました。このプロジェクトは、ビジネスキャリアとアカデミックキャリアから構成され、ワシントン州スポケーン市にある企業での研修、近隣の大学との交流など実践的・学術的な活動が企画されています。2015年度より、新たな奨学金制度が設けられ、参加しやすくなりました!

F 二重学位、交換留学

二重学位留学は、本学科独自の留学制度です。本学科所属の学生は、本学で2年間、海外の大学(米国イースタン・ワシントン大学等)で2年間学び、4年間で本学と海外の大学の二つから学位を修得できる大変チャレンジングな制度です。大変充実した奨学金制度が用意されています。

交換留学は本学の海外協定大学を対象とした留学制度です。学生は、海外の大学の学部で1年間学ぶことになります。現在本学の協定大学は、カナダ(1校)、アメリカ(2校)、イギリス(1校)、オーストラリア(3校)、中国(1校)、台湾(1校)、ベトナム(2校)、韓国(2校)の合計13校あります。大変充実した奨学金制度が用意されています。

G その他の特長

  • 英語のほかにドイツ語フランス語中国語ハングルスペイン語イタリア語を選択し学ぶことができます。
    第二外国語
    ドイツ語・フランス語 ~1年次、2年次の選択必修科目
    ※学生全員がどちらかの言語を選択必修科目として学びます。
    ドイツ語・フランス語 ~3年・4年次の選択科目
    ※希望学生はどちらかの言語を選択科目として、さらに学ぶことができます。
    その他の外国語
    中国語、ハングル、スペイン語、イタリア語 ~1年次~4年次の共通教育科目
    ※希望学生はこれらの外国語を共通教育科目言語リテラシー科目から学ぶことができます。
    共通教育科目 言語リテラシー科目へ
  • 学生へのきめ細かい指導
    • 担任制度:生活面でのきめ細かい指導

      1年次と2年次はクラスごとに担任がいます。「初期演習」では、楽しく有意義な生活や学習に臨めるように、以下領域のきめ細かい指導・サポートを行っています。

      1. 大学生活のオリエンテーション
      2. 本学学生としての自覚
      3. キャリアプランの形成
      4. 大学で学ぶためのスキルの向上
      5. MFWI留学準備
    • ゼミ制度:研究面のきめ細かい指導

      3年次と4年次には、少人数(16名以下)のゼミに分かれます。ゼミでの専門領域の研究、論文執筆を通し、論知的な思考力と文章作成能力を身に付けます。論文は英語で執筆しますが、各教員が専門的かつ丁寧に指導しますので、安心してください。

  • 学科の就職率と就職先
  • 充実した奨学金制度
  • 中央図書館:日本屈指のモダンな施設と蔵書
  • キャリアセンター:きめ細かい就職支援