What's New

ハワイ英語教師学会にて、本学での取り組みを発表しました

ハワイ英語教師学会にて、本学での取り組みを発表しました

英語文化学科 講師 川西慧

2月18日、ハワイ州ヒロにて、ハワイ英語教師学会(Hawaii TESOL)に参加し、今年度のテーマ、多文化主義・多言語主義に関する武庫川女子大学での取り組みについて発表しました。

私のゼミにも、多言語状態にある継承話者(親などの母語を受け継いだ人)や継時バイリンガル・トライリンガルの方(母語習得と同時ではなく、後から他の言語を身につけた人)が複数います。そのような多言語で読み、外国語で卒業論文を書く学生のために何ができるのか。複数の学生が在籍するゼミで、分野ごとに文化の違う論文の「しきたり」や書き方をどう教えるのか。そうした問題への一つの解として実際に本学の私のゼミで実施している取り組みを発表しました。

[写真]発表スライド
01
[写真]ハワイ大学ヒロ校、ハワイ語カレッジの壁
02

また、海外の学会であるにも関わらず、「ムコガワのことを知っているよ」、「スポケーンに分校があるよね」と言ってくださる現地の先生も複数いらっしゃいました。異国の地でそのようなことを言ってもらえるのは非常にうれしいことです。

基調講演はハワイ語の言語復興に関するものでした。危機言語となり、一時は話者が50人まで激減したハワイ語を復興させるための取り組みです。私にとっては、今年度、卒論のテーマとして言語復興を選んだゼミ生とともに考えてきたものでもあります。

「民族から言語を奪うということは、民族でなくすということだ。」これは、帰りのタクシーで、運転手が話してくれたことです。基調講演のことを話すと、彼は孫をこのハワイ語復興学校に通わせているとのことで、こう言ったのです。言語と文化の結びつきやその価値が、このように多くの方に浸透していることは素晴らしいと思いました。

[写真]環太平洋地域から集まった英語教師たちと囲んだ食事
03
[写真]発表者にはkukui nutsのレイが贈られる
04


他にも今年は、留学生・外国語学習者・継承話者らの中に存在する多言語状態をいかに尊重し、育むか、またそれらが私たちの生きる社会においていかに大きな価値を持つものであるかというトピックについて素晴らしい発表がたくさんありました。さまざまな教師たちの学習者を思う温かい心に感極まってしまうことも何度かあり、非常に大きな刺激となりました。今回感じた事、学んだ事を大切に心にとめるだけでなく、本学でも共有したいと考えています。

[写真]会場校近くの海辺
05

2016年度 第6回就職セミナー・就職活動体験発表会を開催しました!

大学 英語文化学科と短大 英語キャリア・コミュニケーション学科では、就職を目指す全学科在学生を対象として「就職セミナー・就職活動体験発表会」を開催しており(参加無料)、去る1月19日(木)16:00-16:30に本年度第6回セミナーが行われました。
講演者は、関西国際空港でJAL他の航空会社の旅客サービス業務・航務サービス業務を担っている株式会社Kスカイから内定を獲得された短期大学部英語キャリア・コミュニケーション学科2年生の吉田麻里菜さんです。吉田さんは、憧れのグランド・スタッフになるためにどの様な道を歩んできたかについて、セミナーに参加した学生たちへ丁寧に説明してくれました。

20170224


<就職セミナー・就職活動体験発表会の様子>

熱心に吉田さんの話を聴いていた参加者からは、これから始まる本格的な就職活動を前に、その具体的なイメージを持つことができ、大変参考になったという声と共に、大きな刺激となったという感想が聞かれました。
なお今回の就職セミナーの様子は、LLライブラリ(文学2号館2階)にて、DVDを視聴することができます(本学在学生のみ)。授業などで機会を逃してしまった人は、スタッフまで問い合わせてください。
(写真・土井斐加、文・竹島信夫)

★MFWI★ Welcome Receptionが開催されました

本学のアメリカ分校・MFWIにて、歓迎会(Welcome Reception)が開催されました。Sanderson学生部長の司会進行により、歓迎の挨拶に立ったMFWIの椋本副学長=写真左=は、「皆さんのこれからの4か月間の学びが、必ずや大切な実を結ぶことでしょう」との期待を述べ、学生たちを温かく激励しました。

1 2


続いて、4か月間の授業を担当するMFWIの教員、学生たちと共に寮で生活するアメリカ人大学生(Resident Assistants・写真左)、日々の留学生活を支えるアメリカ人・日本人のアドバイザーが紹介されました。立食パーティ形式の和やかな雰囲気のもとで、学生・教職員・関係者らがお互いを紹介し合うなど、早速、英語での活発な「国際交流」が始まりました。

3 4


その後、英語文化学科を代表して引率教員=写真左=が登壇し、「すべての瞬間と出会いを宝物に。本物の冒険は、スマートホンではなく日々の生活の中にあるはずだ」と力強く呼びかけると、会場から拍手が沸き起こりました。最後に、学生たちを代表して西河香穂さん=写真右=が「日本の家族や現地の関係者に感謝しつつ、異なる文化に飛び込み、仲間と協力しながら、徹底して英語力を磨き上げます」と、堂々と誓いの言葉を述べました。(式辞はすべて英語)

5 6


歓迎会の翌日から、いよいよ授業が始まります。雪解け間近なキャンパスは、ますますにぎやかになります。

(引率報告:英語文化学科 准教授 清水利宏 / 写真:英語文化学科 教授 中原朗裕)

 

【締切延長】 「英語授業を考える会」のお知らせ

武庫川女子大学 英語文化学科・英語キャリア・コミュニケーション学科主催「英語授業を考える会」のお知らせflyer

2月18日(土)午後、中央キャンパス図書館で「英語授業を考える会」を開催します。
MFWI と MWU 教員による授業デモンストレーションを見学し、英語を使った授業方法や学習者中心の英語活動などについての議論を通して、よりよい英語教育への理解を深める会です。
中学高校の英語の先生方、その他、英語教育に興味のある方を対象としております。
みなさんのご参加をお待ちしております。
英語教職課程を履修している学生さんは必見です!是非お越しください。
申込締切を延長しました! 締切日:2月16日(木)

日 時:2017年2月18日(土)13:30-16:30
場 所:武庫川女子大学中央キャンパス
    中央図書館6階 アクティブ・ラーニング・スタジオ
    ※図書館1階メインカウンターでお名前をおっしゃってください
詳 細:こちらからご確認ください(案内ポスターPDF)

★MFWI★ アメリカ分校(MFWI)での春学期が始まりました!

本学のアメリカ分校(Mukogawa Fort Wright Institute)での2017年度 春学期が始まりました。広大な自然に恵まれた美しいキャンパスで、英語文化学科の1年生198名が2月から5月まで、4か月の留学生活を送ります。

5 6


春学期のオリエンテーションが開かれたCommons(多目的ホール)では、MFWIの教務部長と学生部長から学生生活における重要事項の説明が英語で行われました。続いて、留学生活をサポートするために常駐する日本人アドバイザーから、生活全般にわたるキメ細かな注意事項が伝達されました。

7 8


いよいよ教室の内外で刺激にあふれた貴重な4か月が始まります! 学生たちは、アメリカ分校と西宮キャンパスが連携する、本学独自の優れた学びを満喫することでしょう。
(引率報告・写真 英語文化学科 准教授 清水利宏)

★MFWI★ 2017春学期MFWI留学へ

2月8・9・10・11日に大学・英語文化学科1年生198名がアメリカ・ワシントン州にある分校、Mukogawa Fort Wright Institute (MFWI)に向けて旅立ちました。

1 2

 


3IMG_6860 
先発陣の学生達は無事到着し、雪化粧したキャンパスにはしゃいでいる様です。

帰国は2017年5月27日、28日、29日を予定しています。
(英語文化学科一年生担任一同)

2017春学期MFWI留学結団式

2月7日に「2017春学期MFWI留学結団式」が行なわれました。春学期留学プログラムに参加する大学・英語文化学科一年生197名の学生が参加しました。アメリカ分校MFWIでの留学に向けて、玉井暲文学部部長から「自分の意見をはっきりと伝えられるグローバル人材となって、大きく成長をして戻ってきて欲しい。みなさんのMFWI留学の成功を祈っております。」と激励の言葉が送られました。学生代表山口智恵さんより、語学だけではなく、アメリカでの異文化交流、RA(Residence Assistant; 寮でお世話をしてくれる現地の大学生)やホストファミリーとの時間を大切にしてMFWI留学を充実させたいという決意表明が行なわれました。

123 456

789

4か月後のみなさんの成長した姿がとても楽しみです。有意義な留学生活を!Bon Voyage!

(文・宇佐美彰規、写真・宇佐美彰規、三宅弘晃)

 

英語文化学科3年 白井美羽さん「香港杯2016」準優勝! 学生大使に選ばれました。

香港特別行政区政府 駐東京経済貿易代表部が主催する「香港杯全日本大学 学生大使英語プログラム2016-2017」英語プレゼンテーションコンテスト(共催:ジャパンニューズ、後援:外務省・文部科学省・読売新聞東京本社)の全国大会が1月22日に東京で開催され、英語文化学科ACEクラス3年 白井美羽さんが準優勝を獲得しました! 今年は全国から過去最高の223名の大学生がエントリーし、予選を通過した15名が本選大会に出場しました。初挑戦で見事2017年の学生大使に選ばれた白井さんは、今春に香港へ約2週間派遣され、香港中文大学での短期留学、香港でのインターンシップ、各種国際親善行事などに招待されます。

0131_1 0131_2 0131_3

香港杯は、英語による6分間のプレゼンテーションと3分間の質疑応答で、香港と日本の交流促進のアイデアを競う大会です。白井さんは、“Our Future with Comminibus”の演題で、香港のミニバスが誇る便利さと、日本のコミュニティーバスが持つ思いやりが融合した「コミニバス(Comminibus)」事業を、アジアの観光都市に展開するビジネスプランを提案しました。ステージを堂々と歩きながらのプレゼンは、本学科のACEクラスで培った高度な英語力のみならず、新事業の収益性や継続性をふまえた論理的な構成により、ひときわ説得力のある発表となりました。

0131_4 0131_5 0131_6

本格的な大会出場は今回が初めてという白井さんは、昨年9月から本大会のために厳しい訓練を重ね、今回の栄冠に輝きました。今後さまざまなコンテストで、彼女に続く英語文化学科生、英語キャリア・コミュニケーション学科生の活躍に期待がかかります! 英語スピーチやプレゼンテーションのコンテストに挑戦してみたい人は、「英語スピーチ・プレゼンテーション研究室」(清水利宏准教授)を訪ねてください。
※本学ウェブサイトのトップページ「ニュース」欄にも受賞報告が掲載されています。

(指導・報告: 清水利宏 英語スピーチ・プレゼンテーション研究室 http://www.english.gr.jp/office
(写真提供: 大会主催者)
(香港杯 公式サイト: http://www.yomiuri.co.jp/adv/hongkongcup2016/

第4回キャリアデザイン・セミナー開催

1月19日、昨年12月にMFWI留学から帰国した短大 英語キャリア・コミュニケーション学科の学生を対象に、学科独自のキャリア教育である「第4回キャリアデザイン・セミナー」が開催されました。また、午後からはキャリアセンターのカウンセラーによる「キャリアガイダンス」も開かれました。

グループワークでの活発なやり取りや、課題発表時の落ち着いた態度からは、4ヶ月のアメリカ留学を経験した学生たちの、大きく成長した姿を垣間見ることができました。

就職、編入学、留学など、今後の様々な可能性に向けてまた新たな1歩を踏み出すきっかけとなる、大変充実した1日でした。

20170119_1 20170119_2

1/19(木) 第6回就職セミナー「内定者就職活動~体験談3~」

本年度第6回目の就職セミナーを開催します。

今回の就職セミナーは、グランドスタッフとして内定を獲得された学生さんに講演をしていただきます。
空港における航空会社の旅客サービス業務・航務サービス業務を担っている会社へ就職される予定です。

希望の会社から内定を獲得した学生さんの就職活動の体験談や、内定を獲得するための秘訣を伺う大変貴重なチャンスです。
エアライン業界に興味のある方、将来は英語を使う仕事がしたい方、これから就職活動を控えている方は、是非このセミナーに参加し、今後の就職活動に役立ててください。

※短英新1年生は、キャリアガイダンス後にこのセミナーに出席してください。

― 大英・短英以外の他学科の学生さんの参加も歓迎致します。(※予約不要)―

日 時:平成29年1月19日(木) 16:00~16:30  ※今回の就職セミナーの時間はいつもと違うので注意してください。
場 所:L2-31教室
演 題:「内定者就職活動 ~体験談3~」

詳しくはinfo@MUSESをご確認ください。

授業等により参加をすることができない方は、後日LLライブラリにて講演の録画DVDを閲覧できます。
ご希望の方はLLライブラリスタッフまでお問い合わせください。