What's New

第1回キャリアデザイン・セミナーが開催されました! (英語キャリア・コミュニケーション学科)

英語キャリア・コミュニケーション学科では、学科独自のプログラムとして、1年生全員を対象とした『企業研修』を日本(8月初旬)とアメリカ(10月中旬)で行っています。この企業研修に先立ち、学外から専門の先生をお招きして計3回のキャリアデザイン・セミナーを実施します。身につけておくべきビジネスマナーや心構え、キャリアに関する知識を学び、研修に備えます。また、本学アメリカ分校(MFWI)滞在中も、現地企業の訪問に向けた事前準備を行います。
20160527キャリア_120160527キャリア_2 
5月27日、第1回キャリアデザイン・セミナーが開催されました。制服に身を包み、熱心に講師の話に聞き入るその姿からは、企業研修や1年後に始まる就職活動に向けての強い意気込みが伝わってきました。今後もセミナーの様子を随時お知らせしていきます。

★MFWI便り★ 2016 Spring TermのMFWI留学が終了し、Awards Ceremonyが行われました!

英語文化学科では、アメリカ分校ワシントン州スポケーンのムコガワ・フォートライト・インスティテュート(MFWI)と協力してグローバルな英語教育と人材育成を行っています。原則として全員を対象にして、2年次前期に4ヶ月間のMFWI留学(English Language and American Studies Program)を実施しており、今学期2016 Spring Termは208名が参加しました。

去る5月18日(水)午後5時(現地時間)、ツタカワホールにて、今学期を締めくくるAwards Ceremony が行われました。Awards Ceremony とは、4ヶ月間の留学を振り返り、修了者全員に修了証を、優秀者に賞を授与するMFWIの修了式のことです。

『開会の辞』
写真1 開会の辞

 

 

 

 

 

 

 

まず、Janet Sahlin教務部長の「4ヶ月の間、EO(English Only 英語だけを話す試み)にちゃんと取り組めましたか?MFWI留学の成果を家族に見てもらうため、帰国の際にはぜひご両親にEOで話しかけてびっくりさせましょう!」というアメリカ人らしいユーモアを交えた開会の辞で式が始まりました。

初めに、現地のホストファミリー,先生方,アドバイザー(留学生の生活全般の世話を担当する女性職員)、スタッフ、RA(Resident Assistant 留学中寝食を共にしてアメリカ文化を教えてくれる現地女子大学生)などの紹介があり、厳粛な雰囲気の中、全員で日米の国歌を斉唱しました。

続いて椋本清MFWI副学長からスピーチがありました。椋本副学長は「今期MFWI留学に参加した208名一人も欠けることなく無事修了し、とても嬉しく思います。ここにいるみなさんは『人があなたに何をしてくれるか』ではなく『人のためにあなたは何ができるか』というMFWIの教訓を胸に刻み、これからの人生を大きく切り拓いていってください」とケネディ大統領の就任スピーチを引用して、修了生の今後を祝福しました。

次に各賞の受賞者が発表されました。
もっとも優秀な成績を修めた者に送られる「学長賞」 “President’s Award for Academic Excellence” は、内海結華さんに送られました。また各賞については、”Takaoka Merit Award” が札谷美咲さん、”Fosseen Ambassadorship Award” が松下沙樹さん、”Outstanding Service Award” が東郷杏耶さんに、それぞれ授与されました。おめでとうございます!

『優秀者表彰』
写真2 成績優秀者

 

 

 

 

 

 

 

そして、今期修了した208名ひとりひとりに副学長から修了証が手渡されていきます。みんなの笑顔に、ホストファミリーのみなさんから暖かい祝福の声が聞こえてきました。

『修了証授与』
写真3 修了証授与

 

 

 

 

 

 

 

学生代表として、木内彩恵さんが答辞を述べました。
「両親,先生方,ホストファミリー,アドバイザー,RA,スタッフ、すべてのみなさんに『MFWIでの素晴らしい思い出を本当にありがとう』と言いたいです。この四ヶ月、充実した留学生活のおかげで、英語だけでなく人間としても大きく成長しました。MFWIのみなさん、また絶対に会いましょう!」と涙をこらえながらも流ちょうな英語で話し、会場は感動の涙と温かい拍手に包まれました。

『学生代表スピーチ』
写真4 学生代表スピーチ

 

 

 

 

 

 

 

ホストファミリーを囲んだ会食、思い出の写真の上映が行われたあと、修了生によりMFWIのみなさんに対して感謝のエンターテインメント・パフォーマンスが行われました。息の合った美しい歌が終わると、現地スポケーンに住むアメリカ人参加者のみなさんは「すばらしい歌をありがとう!」とスタンディングオベーション。先生方も「こんなに素晴らしいパフォーマンスは見たことがない。感動的な式だったよ!」と口々に話していました。4ヶ月の留学は、こうして日米両国の多数の参加者を感動に包みつつ幕を閉じました。

『208人の感謝の気持ちがこもったパフォーマンス』
写真5 ミュージックパフォーマンス

 

 

 

 

 

 

しかしセレモニーが終わっても、あちらこちらで学生はホストファミリーとしばしの別れと再会の約束を交わす姿が見られました。

『今までありがとう…ホストファミリーとの別れ』
写真6 ホストファミリーとの別れ

 

 

 

 

 

 

208名がそれぞれに目覚ましい成果をあげた春季留学プログラムが終わると一旦全員帰国し、さらにアメリカで学びたいという強い意欲を持った36名が秋学期9~12月おなじMFWIで行われるエクステンション・プログラム(延長プログラム)に参加し、さらに高度な英語力の修得を目指します!

『Maggie先生を囲んで』
写真7 Maggie先生

 

 

 

 

 

 

 

(引率教員:三宅弘晃/写真と文)

5/20(金)大学院入試説明会開催!

ポスター武庫川女子大学大学院 文学研究科では、入試説明会を5月20日(金)に中央キャンパスL1-804教室において行います。

【日 時】2016年5月20日(金) 16:30~18:30
【場 所】武庫川女子大学 中央キャンパス 文学1号館8階 L1-804教室

<お問い合わせ>
武庫川女子大学大学院文学研究科
TEL:0798-45-3539

武庫川女子大学入試センター
TEL:0798-45-3500

 

5/27(金) 第1回就職セミナー「エアライン業界」

今年度第1回の就職セミナーは、客室乗務員としてご活躍されている卒業生をお招きし、講演をしていただきます。

この方は航空会社や有名ホテルなど数社から内定を獲得されました。

希望の会社でご活躍されている方の就職活動の体験談や、内定を獲得するための秘訣を伺う大変貴重なチャンスです。

エアライン業界に興味のある方将来は英語を使う仕事がしたい方これから就職活動を控えている方は、

是非このセミナーに参加し、今後の就職活動に役立ててください。(※予約不要)

 

日 時:平成28年5月27日(水) 5限(16:30~18:00)
場 所:L2-23教室
演 題:「私の就職活動体験-エアライン業界-」

詳しくはinfo@MUSESをご確認ください。

 

世界で活躍中の在学生を紹介します!

二重学位留学で学ぶ舩原紫(ふなはら・ゆかり)さんが米国時間の5月13日、本学アメリカ分校のムコガワ・フォートライト・インスティテュート(MFWI)を訪問し、MFWI時代の恩師と再会しました。

舩原さんは、2014年に英語文学科に入学、ACEクラスに所属し、2年次にはMFWIで4ヶ月のあいだ留学して英語や英米文化について学びました。3年次となる2016年3月末からは、本学科独自の二重学位留学プログラムを利用してイースタン・ワシントン大学(EWU)にて Communication in Public Relations(企業などの組織が人々に対してどのように情報を伝えたり意見を受け入れるかといった問題)について学び、武庫川女子大学とEWU両方の学位取得を目指します。舩原さんの今後の活躍に注目です。
Funahara 1Funahara 2

 

 

 

 

 

 

写真左「MFWIの新しくなった学生食堂 Commons にて」
写真右「MFWIでお世話になった恩師と再会(真ん中が舩原さん)」

世界で活躍中の卒業生を紹介します!

2014年に英語文化学科を卒業した堀尾麗華さんから近況報告が届きました。

horio堀尾さんは本学科在学中ACEクラスに所属し、本学アメリカ分校であるムコガワ・フォートライト・インスティテュート(MFWI)にレギュラープログラムとエクステンションプログラムの合わせて8ヶ月間留学しました。その後、本学科独自の二重学位留学プログラムを利用してイースタン・ワシントン大学(EWU)で2年間学び、武庫川女子大学とEWUにてそれぞれ学位を取得しました。大学卒業後は英国のリーズ大学大学院の社会学・社会政策学部 開発と障害コースで学び、修士を取得予定です。
そして2016年5月より在ボツワナ日本国大使館にて、草の根・人間の安全保障無償資金協力外部委職員として活躍しています。堀尾さんは大学院在学中の2015年9月から12月の間、ユニセフ・フィリピン事務所で海外インターンとしてユニセフの事業にも参加しました。このときの模様が「公益財団法人 日本ユニセフ協会年次報告2015年」(14ページ)に取り上げられています。詳細は下のリンクをご覧ください。

以下、公益財団法人 日本ユニセフ協会のページ(外部リンク):

日本ユニセフ協会 年次報告2015(堀尾さんの記事は14ページ)
http://www.unicef.or.jp/library/pdf/jcu_nenjirep2015.pdf
ユニセフ資料のご案内
http://www.unicef.or.jp/library

5/11 Writing Plaza オープン!

WPWriting Plaza オープン!
〇英文チュートリアルの場である「Writing Plaza」オープンします!!
〇英文のチェックをネイティブの先生にしてもらえますよ。
<取り扱い可能な英文例>
・電子メールや手紙の文面
・Book Club 書評(大英・短英)
・英語スピーチの原稿
・留学の際の必要書類(履歴書、エッセイ、研究計画など)
*授業での宿題は原則対象ではないので注意してください。
 
場所:図書館5F
日時:水、金 午後0:20~5:20 (一回20分)
*詳しくはこちらのポスターをご覧ください。

清水利宏准教授のインタビュー 新聞掲載

英語キャリア・コミュニケーション学科 清水利宏准教授のインタビュー記事「ジュニアサミット事前研修 高校生代表準備着々」が
朝日新聞朝刊その他に掲載されました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
主要国首脳会議関連行事として三重県で開催された「ジュニアサミット」事前研修で、
日本代表参加者へ英語スピーチを指導したことが紹介されました。
「ジュニアサミット」では、G7参加国から15~18歳の中高生が参加して
経済成長、気候変動、ジェンダー、貧困の問題など地球の未来が議論されました。
朝日新聞のPDFリンク(朝日新聞 2016/4/22 33面、承諾書番号 A16-0247)