【企業研修】引率教員報告

8月5日(火)午後(研修先:朝日放送)多くの放送局の中で全時間帯平均視聴率トップを誇る朝日放送の研修は、来日大物タレントのインタビュー等には必ず使用されているというプレゼンテーションルームに入れてもらっての会社概要説明に続き、ウィークデーの夕方5時から生放送のニュース情報番組「キャスト」の本番直前のスタジオ見学から始まりました。そこでは、一次情報をどう料理してお茶の間に届けるかといった「報道」番組制作に当たってのポイント等が要領よく説明され、そして映像の編集作業ルームでは複数のカメラで撮った画像の色を均質化するための作業の様子も見ることができました。
次に移動した朝日放送で最も大きなAスタジオでは、間もなく始まる「熱闘甲子園」のためのセット作りを見学しました。そして朝日放送のもう一つの側面であるABCラジオの業務に関しては、実際にオンエアー中のトーク番組「武田和歌子のぴたっと」をスタジオのガラス越しに見学するという貴重な体験をすることができました。
プレゼンテーションルームに戻っての最後の研修は、現職のアナウンサーの方々との質疑応答です。学生達からの様々な質問に丁寧に答えて下さったアナウンス部長からは、学生達との双方向のやり取りを続けながら、「内面を磨くことの大切さ」を学ぶことができ、そして生放送直前にもかかわらず駆けつけて下さった若手アナからは「3歳から目指していたというアナウンサーになる夢をかなえるためにどんな大学生活を送ったか」の話を聞き、その仕事に対する真摯な態度に一同襟を正して終えた貴重な研修機会でした。(引率教員:竹島信夫)