国際ボランティアグループMECの絵本翻訳活動

主に英語文化学科の学生からなる国際ボランティアグループのMEC(Mukogawa English Community)では、その活動の一つとして日本の絵本を英語に訳しミクロネシアの子供たちに送っています。

7月29日(火)に本学にて、この絵本翻訳プロジェクトの進捗と今後の計画についての話し合いがもたれました。 

ご出席は、ミクロネシア連邦名誉総領事の荒木芳雄さん、FOMFriend of Micronesia)の理事長 小森さんご夫妻と事務局担当者
さま、同プロジェクトの窓口をしていただいていた(故)増村さんのお嬢様の浩子さんの5名でした。英文科からは、MECのメンバー10名とMECスーパーバイザーである米田先生が参加しました。
同会議では荒木総領事より英語に訳された絵本がミクロネシアで大変喜ばれているというご報告がありました。
今回の交流を通して、もっと工夫して翻訳したい、絵本以外の翻訳もしてみたいなどと、MECメンバーのやる気もさらに高まったようでした。

MECの活動については、同HP内にある『Campus Life』→『MEC』にて活動内容を報告しております。