アラスカ大学教授特別講義が開かれました

本学科の松浦宏之講師の 共同研究者で来日中の Anthony Nakazawa アラスカ大学教授が、特別講義を行ってくださいました。スケジュールの調整が遅れ、英語文化学科1年「リーディング IB」の一クラスだけが参加できることになり、Nakazawa 教授には申し訳なかったのですが、参加した学生は来年2月からのMFWIレギュラープログラム留学を控え、生の英語を聞く絶好のチャンスにメモを熱心に取りながら、耳を傾けていました。講義内容は次の通りです。

「合衆国アラスカ州の先住民文化、先住民社会における社会問題についてお話された。また、ご本人が日系4世で、そのルーツである日本のご親戚や祖先について語られるとともに、第二次世界大戦当時のアメリカ社会における日系人の生活環境などについても話された。」

DSC01004DSC01005


Nakazawa 教授、また貴重な機会を提供してくださった松浦先生、本当に有難うございました。

(文責:教授 郷路行生)