★MFWI★西海岸旅行1日目

武庫川学院アメリカ分校へ約4ヶ月間の予定で留学中の短期大学部 英語キャリア・コミュニケーション学科の学生たちは、10月9日かた12日まで留学地のスポケーン市を離れて、ワシントン州を旅行中です。1日目は、シアトルへ向う道中カシミヤとレベンワースという場所へ立ち寄りました。カシミヤでは、西部開拓時代の村の復元や、ネイティブアメリカン(アメリカの先住民)が使用していた狩りの道具などを展示しているパオニアビレッジ及び地元特産のフルーツを使用したキャンディを作っている工場を見学しました。学生たちは、事前の準備学習で学んだことや配布されたガイドブックに沿って、熱心にアメリカの歴史の一端を学びました。

WCT1-1
その後レベンワースへやってきました。レベンワースは、世界恐慌(1929年~1933年)で廃れた町を、ドイツのアルプス地方の村を参考に観光地化するという住民自らの努力で、見事復活した町です。山々に囲まれた立地条件もアルプスの雰囲気を醸し出しており、観光の町として多くの観光客が訪れる町となっています。

WCT1-2 WCT1-3 WCT1-4