大学2年生が丹嶺学苑でシニアプログラムを行いました

5月下旬にアメリカ分校(MFWI)での留学を終えて帰国した英語文化学科2年生(帰国の様子はこちら)が、丹嶺学苑研修センターでシニアプログラムを行いました。2日間の研修では、留学を経験し、次なる目標に向けて気持ちが高まっている中、クラスメイトと共に過ごしたアメリカ生活を振り返り、2年生後期からの履修方法や教務関連ガイダンスを受けました。

12
34
キャリアガイダンスⅢ グループ活動の様子

また、本年度からの試みとして、キャリアセンターから講師をお招きし、「キャリアガイダンスⅢ」が実施されました。学生生活の充実を図るための行動計画や卒業後のキャリアビジョンを自分自身で描けるように、学生はこれまでの人生の出来事を振り返るワークシートなどに取り組みました。故スティーブ・ジョブズ氏の言葉「点と点をつなぐ」をテーマにした本ガイダンスの受講は間違いなく、学生にとって過去の経験を未来につなげる貴重な「点」の一つになったことでしょう。

最後に、留学後の次のステップとして、英語特別クラス(ACE)への編入や二重学位・交換留学制度についての説明も行われ、残り2年半といなった大学生活をいかに有意義に過ごすべきかを考える充実した2日間となりました。

2016年度の研修では台風でできなかった飯盒炊爨をA、B、S組は楽しみました。

567
9810
飯盒炊爨の様子

 

丹嶺学苑研修センター ホームページ

英語文化学科 2年生担任一同 写真提供:清水麻衣(2A)、キャリアセンター