★MFWI★ アメリカ分校で活躍!「よさこい踊り」の文化交流

英語文化学科2年生のMFWIレギュラー留学プログラムの4ヶ月も終盤を迎えています。今期も大活躍だった「よさこいソーラン踊り」による文化交流を紹介します。留学開始後まもなく、有志メンバー10数名によって「よさこいソーラン踊り」のチームが編成され、放課後に何度も練習を重ねてきました。今春のレギュラープログラムの期間中には、アメリカ分校(MFWI)のJCC(日本文化センター)主催のひな祭り行事=写真左=や、JACL(日系アメリカ人市民同盟)の地域会合=写真右=などで、息の合った踊りを披露するとともに、地元コミュニティとの交流を深める大切な役割を担ってきました。

写真1

2

 

 

 

 

特に今期のプログラム中には、MFWI の文化交流に対して地元スポケーン市議会より表敬状が贈られましたが、その際にも同市議会の議場において、勢いのあるソーラン踊りを披露し=写真左=、その模様はケーブルテレビを通じて広く報道されました。こうした地道な取り組みの積み重ねが、MFWI と地域のつながりをより確かなものにしています。

3

4

 

 

 

 

(報告・写真:英語文化学科 准教授 清水利宏)