★MFWI便り★ エクステンション・プログラム参加学生プレゼンテーション3日目の模様

初日、2日目と盛況の内に行われてきたプレゼンテーションも最終日を迎えました。トップバッターは、古い日用品を発掘しその制作のための技術を復活させ、無名職人による日用の美を世に広め、新しい日用品を制作し普及しようとした「民藝運動」で有名な大正から昭和にかけて活躍した陶芸・書道家「河合勘次郎」の紹介、そして2組目は世界をリードする日本のロボット工学から日本独特のハイテクカラオケ迄「日本の技術」についてユニークな視点から取り上げ、多くの質問を浴びていました。3組目「日本の劇場文化」では、能、歌舞伎、そして宝塚歌劇について現地の方々にとって大変分かり易い説明がなされ、最後の4組目「日本の格闘技」では柔道、空手、そして相撲を取り上げ、そこでは何よりも「礼節」を重んじることが詳しく解説され、欧米の格闘技との違いに現地の方々も深い納得の表情を浮かべていました。この3日間、各プレゼンの後には質問タイムが設けられており、現地の方々から多くの質問がなされた訳ですが、それらの質問に対し英語で的確に答える姿は、正に英語漬けの留学生活10ヶ月間の成果そのものであり、指導教官を交えてのアフターパーティーでの達成感あふれる笑顔が印象的な今回のビッグイベントでした。

プレゼン終了後のパーティの様子
161201EXTプレゼン終了PARTY

”Kawai Kanjiro: A versatile Potter and a Profound Philosopher”(発表者:松井瞳、末廣美佳、井上穂香)
1日1組 目

“Japanese Technology: Entertaining and Helpful”(発表者:黒田実里、小川真衣実、野中梨央)
1日2組目

“Traditional Japanese Theater: Venerable and enchanting”(発表者:東郷杏耶、松崎江吏子、長榮千明)
1日3組目

“Honor & Respect: Traditional Japanese Martial Arts”(発表者:春名祐里、藤井千聖、西川真子)
1日4組目