大英1年初期演習「未成年者飲酒防止講義」

6月22日水曜日1限‐大学一年生の初期演習において、武庫川女子大学バイオサイエンス研究所ゲノム診断センター・薬学部/木下健司先生による『未成年者飲酒防止講義』が開催されました。

講義は、飲酒後の体内の消化メカニズムから始まり、飲酒が未成年者の身体へ与える影響、さらに先祖から受け継がれる遺伝子で判別するアルコール体質について学びました。そして、教室が一番の盛り上がりを見せたのは本講義の特色の1つである自己のアルコール遺伝子タイプがわかる“アルコール体質検査”の時間でした。

学生一人ひとりがアルコール遺伝子タイプを知ることで、「急性アルコール中毒」や「イッキ飲み」の危険性をより強く認識する初期演習となりました。木下先生ありがとうございました。(文・写真 宇佐美彰規)

初期1          初期2

初期3
<アルコールパッチテストを受ける>