What's New

★MFWI★ 2018年春学期フォートライト留学がスタートしました!

2月8日(木)、春学期フォートライト留学がスタートしました。英語文化学科1年生204名が2018年5月末までの約4ヶ月、ワシントン州スポケーン市にある本学のアメリカ分校 Mukogawa Fort Wright Institute (MFWI) で留学生活を送ります。学生たちは、第二言語としての英語(ESL)教育の資格を持ったアメリカ人講師陣による授業、地域の方々との交流、寮での集団生活等を通して、英語コミュニケーション能力の向上、異文化理解、そして人間的成長を図ります。2月15日(木)に行われた歓迎会では、金城未玖さんが学生代表として留学の決意を英語でスピーチしました。

welcome banquet welcome banquet student's speech

16日(金)には、MFWIにある日本文化センター(Japanese Cultural Center)を紹介するためのイベントが開かれ、地域の方々に対して行われる文化交流のボランティア活動に約70名の学生がエントリーしました。

JCC open house

(文:田中真由美)

英語文化学科4年 尾野藍子さんが学会発表に挑戦しました

2018年2月11日、関西国際大学にて行われた関西英語教育学会(KELES)主催 第21回卒論・修論研究発表セミナーに英語文化学科4年の尾野藍子さんが参加し、卒業研究をポスター形式で発表しました。英語文化学科で教職課程を履修している尾野さんは、英語を外国語として学ぶ学習者(English as a foreign language: EFL)を対象に、文章にまとまり(一貫性)やつながり(結束性)を持たせるための研究を行い、英語ライティング指導に活かせる指標とリストを作成しました。具体的には、Coh-Metrixというツールを用いて結束性を量的に分析し、テーマ・レーマ構造分析を用いて一貫性を質的に分析しました。その結果、結束性や可読性が高いライティングにも一貫性がない場合があることを明らかにし、テクストに一貫性・結束性を持たせる方法を知っていることが、質の高い英作文を執筆する上で重要な要素だとの示唆を得ました。

尾野さんは初めての学会発表に緊張した様子でしたが、ポスターを掲示し、3回のコア・タイムに訪れる聞き手に研究の趣旨を説明し、質問に答えました。また、自身の発表以外で、他大学の学生の英語教育研究に関わる発表を聞くのも、質疑応答の様子を見るのも勉強になったとのことです。関西英語教育学会は毎年この時期に卒業論文・修士論文の発表の機会を設けています。発表分野は外国語教育のみならず、外国文学、言語学および関連分野とのことですので、来年度の卒業論文執筆者も、これから卒業研究(ゼミ)を履修する学生にもおすすめの研究会です。

4 5
「EFL学習者のライティングにおける一貫性と結束性」/尾野藍子(武庫川女子大学)

(ゼミ担当:川西慧)

2018 春学期MFWI 留学結団式

2月7日(水)に「2018 春学期MFWI 留学結団式」が行われ、春学期留学プログラムに参加する大学・英語文化学科1年生 204名の学生が参加しました。

1 2 3

4ヵ月後にお会いするみなさんの姿が楽しみです。

(2017年度 1年生担任一同)

【MUKOJOラジオ】本学科の卒業生が登場します!

本日2/7(水)放送のMUKOJOラジオに、本学科の卒業生の増田千穂さんが登場します。増田さんは現在、家具の修理などを行っている「grow-grow」という会社の代表をされています。興味のある方はぜひお聞きください。

MUKOJOラジオは、毎週水曜日20時から、FM OH! 851 で放送されています。いろいろな分野で活躍されている卒業生が、毎回ゲストとしてお話されています。ポッドキャストも配信されていますので、ぜひ一度お聞きください。

MUKOJOラジオ公式ホームページはこちらから

 

「香港杯」英語プレゼンコンテスト優勝:本田諭美さん(ACE英語特別クラス3年生)。英語文化学科学生が2年連続上位入賞を達成!

The Japan News での報道、および本学ニュースページでの速報のとおり、ACE英語特別クラス3年生の本田諭美さんが、「香港杯 全日本大学 学生大使英語プログラム 2017-2018」(香港特別行政区政府 駐東京経済貿易代表部主催、The Japan News 共催、外務省・文部科学省・読売新聞東京本社後援)で優勝し、今年度の香港学生大使に選ばれました。本田さんには、2週間の香港研修のほか、香港関連機関やジャパンニューズ社でのインターンシップ参加権など、多くの副賞が贈られました。同大会では、昨年もACEクラスの学生が準優勝を獲得しており、英語文化学科としては2年連続の上位入賞となります。

1 2

「ビジネス」「マスコット」「香港留学」「観光」の4つの大会のテーマから、本田さんが選んだのは「観光」。架空の観光番組(Satomi’s Neighboring Show!)のテレビ司会者になりきって、香港の有名な観光スポットの「周辺地域の魅力」を訴えました。ACEクラスで日頃から高度な英語力を磨くとともに、清水ゼミ(英語スピーチ・プレゼンテーション)に所属して専門的なプレゼン技術を身につけた本田さんは、「普段の話し方ではなく、テレビの視聴者にカジュアルに話しかけるのがとても難しかったです。でも練習のおかげで当日は観客との対話を楽しむことができました」と大会を振り返ります。表彰式で受賞挨拶を求められた本田さんは、急な指名にもかかわらず、「まず主催者やご関係の皆さまに厚く御礼申し上げます。このたびの優勝は、ご指導いただいた先生や支えてくれた仲間がいなければ、とても叶えられるものではありません」と流暢な英語で堂々とした受賞スピーチを披露し=写真下・右=、会場は盛大な拍手に包まれました。

3 4

今年度の香港杯は全国の大学から約140名の応募があり、15名が東京での最終審査会に臨みました。最終審査会には、本田さんのほかにも、「マスコット」をテーマに英語での腹話術を披露した英語文化学科3年の小澤磨有理さん(清水ゼミ)=写真下・左=と、「観光」をテーマに ”8” にまつわる香港ツアーを発表した英語文化学科2年の越智真美さん(清水ゼミ内定)=写真下・右=の、合計3名が選抜されました。ひとつの大学から複数の学生が本選大会に出場したのは、武庫川女子大学 英語文化学科のみです。

5 6

本学から本選大会に臨んだ3名はいずれも、予選準備から本選までの5か月間、「英語スピーチ・プレゼンテーション研究室」(英語文化学科 清水利宏 准教授)で連日遅くまで厳しい訓練を積み重ねてきました。同研究室では所属ゼミに関係なく、熱意ある武庫女生の学外大会挑戦を支援しています。練習はかなり厳しいですが、その経験は学生時代の宝物になります。関心のある学生はぜひ挑戦してください。今回の3名も、すでに別の学外大会に向けて準備を始めています!

(大会報告:英語文化学科准教授 清水利宏、写真提供:The Japan News)

卒業生講演会が開催されました

1月11日(木)に、英語文化学科卒業生の木村まさみ先生による講演会が行われました。木村先生は武庫川女子大学を卒業後、イギリスの大学院をご卒業され、現在ではシンガポールの日本人学校中学部の英語コーディネーターとしてご活躍されています。講演のテーマは「グローバル社会を生きる」で、先生の貴重な体験談をお聞かせくださいました。

先生ご自身の12年間にわたる海外での仕事・生活の様子をクイズを交えながらご紹介してくださり、初めは緊張気味だった学生たちもすぐに打ち解け、先生のお話に笑いがおきたりすごく驚いたりと、とても充実した様子でした。

DSC01283

海外留学や海外で仕事に就くことに憧れをもっている学生が多く、先生の実体験に熱心に耳を傾けていました。先生は海外で働く中で経験された良いことだけではなく、ご苦労されたことについても詳しくお話くださり、学生の「海外で勉強したい」「海外で働きたい」といった漠然とした気持ちが具体的な想像へと変わるとても貴重な機会となりました。木村先生のお話を大きな糧として、学生の皆さんは将来の新たな可能性や道筋を見つけられたことと思います。

DSC01289

講演会に参加できなかった学生も、LLライブラリで卒業生講演会のDVDを視聴することができますので、視聴を希望される方はLLライブラリ受付にてお申し付けください。

(写真:松尾智愛 文:下垣充穂)

【本日】本学科の卒業生講演会が開催されます

本日1/11(木)に、本学科の卒業生による講演会が行われます。講師の木村まさみ先生は英語文化学科の卒業生で、現在はシンガポール日本人学校中学部で英語コーディネーターとして活躍されています。将来海外で働きたいと思っている、また反対にどうしようか迷っている学生はぜひご参加ください。以下は概要です。

ーーーー

日時:2018/1/11(木)5限(16:30~)

会場:L2-52教室(文学2号館5階)

講師:木村まさみ先生

演題:「グローバル社会を生きる」

ーーーー

ポスターはこちらからご覧ください。

★MFWI★クリスマス一色のスポケーン

スポケーン ダウンタウンにある River Park Square にある Davenport Hotel では Christmas Tree Elegance というイベントがあり、12/10までツリーの展示がされていました。ロビー真ん中にある大きなツリーではなく、2階にある小さなツリーは raffles と呼ばれる「くじ」引きの対象商品で、中にはディズニーランドの旅や、ニューヨークの旅が当たるものもあります。

1

2階に見えるのが raffles のツリー

ロビー真ん中の大きなツリー

ロビー真ん中の大きなツリー



(文・写真 川西慧)

高校生のみなさん:ACE学生のTOEICスコア

ACEは、英語特別クラスでAdvanced Course in Englishの略です。入学時にTOEICで600点程度の英語力を持った学生を対象として、少人数クラス構成で、原則、授業は英語で行われます。皆さんもACEクラスで学んでみませんか?

ACEクラスの学生たちは、大変頑張っています。下記グラフは過去4年間の卒業生のTOEIC平均スコアです。

ACE TOEICグラフ


ACEクラスの詳細につきましては、こちらをご覧下さい。

 

 

高校生のみなさん:英語教員免許取得支援プログラム始動

2017年度、本学科で教職支援委員会が立ち上がりました!

英語文化学科(大学)、英語キャリア・コミュニケーション学科(短大)、文学研究科英語英米文学専攻(大学院)の教育免許取得や教員採用選考試験の受験を支援します。

英語教員免許取得支援プログラムのパンフレットはこちら

高度な英語力を持った教師を目指しましょう!