お知らせ

★MFWI★ ひな祭りのイベントが開催されました

3月6日(火)、日本文化センター(Japanese Cultural Center)によるひな祭りのイベントが MFWI のキャンパスで開かれました。スポケーン市内の4つの小学校の児童と先生方約300名、そして MFWI の教職員と春学期留学中の英語文化学科1年生約200名が参加しました。来賓として出席された在シアトル日本国総領事の山田洋二郎様、スポケーン市教育長の Shelley Redinger 様からはご挨拶を賜り、児童の皆さんからは合唱を披露していただきました。

1 2

このイベントは地方の方々へのひな祭りの紹介と人形を通じた日米の親善を目的としたものです。1927年に始まった日米親善人形外交と同様の取り組みとして、1993年以来、MFWI のひな祭りのイベントでスポケーン市内の小学校への親善人形(Friendship Dolls)の贈呈が続いています。イベントが行われたホールの壇上には、1927年に日本からアメリカに贈られ、現在はスポケーン市内の North West Museum of Arts & Culture に保存されている日本人形の「ミス徳島」が飾られ、学芸員の方々が人形の説明をしてくださいました。

3

本学科の学生は、ひな祭りイベントの司会、「うれしいひなまつり」の合唱、琴による「さくらさくら」の演奏、ひな祭りのクイズを交えたスピーチや、日米親善人形外交に関する寸劇、中原副学長と共に日米親善人形の参加小学校への贈呈を行い、最後にソーラン節の踊りを披露しました。

4 5

ソーラン節のパフォーマンスでは開始早々に音楽が止まるというハプニングがありましたが、観客席にいた学生たちが即興でソーラン節を歌って踊りをサポートしたため、踊り手の学生たちは最後まで踊ることができ、会場からは大きな拍手をいただきました。

6 7

(文・田中真由美)

★MFWI★ 授業の様子をお届けします(American Studies)

MFWI 春学期に行われている American Studies の授業の様子をお届けします。

Kate Newman 先生の授業で、学生たちは MFWI のキャンパスがあるスポケーン市について学ぶために、Flour Mill と Davenport Hotel を訪れました。現在 Flour Mill は商業施設として利用されていますが、1900年から1972年まではその名の通り小麦粉の製粉所でした。Davenport Hotel は1914年に開業したホテルで、ヨーロッパの国々の装飾が施された舞踏室で有名です。学生たちはこれらの建造物の中に入り、展示物や建物の内装などを見ながらスポケーン市の産業や歴史について学びました。

1 2

Timothy Diko 先生の American Studies の授業では、3月に行われるシアトル旅行の事前学習が行われました。学生たちは、スポケーン市からシアトル市までの地理やシアトル市内の観光名所について学習しました。

3

(文・田中真由美)

★MFWI★ 学生が課外活動に参加しました

2月21日(水)、8名の学生がボランティア活動としてJCC(Japanese Cultural Center)にひな人形を飾りました。JCC には寄付された多くのひな人形が保管されています。学生たちは保管場所から人形を運び出し、一体一体、丁寧にひな壇に飾りました。

1

2月23日(金)、約100名の学生が Spokane Veterans Memorial Arena で行われたアイスホッケーの試合を観戦しました。対戦したチームはスポケーン市を本拠地とする Spokane Chiefs とカナダの Prince George Cougars でした。学生たちは Spokane Chiefs を熱心に応援しました。結果は9対2で Spokane Chiefs の勝利に終わり、地元の方々や学生たちにとって嬉しい結果となりました。

2 3

(文・田中真由美)

★MFWI★ 授業の様子をお届けします(Reading)

MFWI で行われる科目は Reading、Writing、Conversation、American Studies の4つです。今回はReading の授業の様子をお届けします。

Reading の授業では指定の教科書を使った活動以外に、Book Club と呼ばれる多読の活動も行われています。学生たちは宿題として読んだ本の内容についてグループ・ディスカッションなどの活動を行います。リラックスした雰囲気で活動が行われるよう、教室以外の場所で授業が行われることがあります。Kathy Belisle 先生は春学期の第2週目に、MFWI のキャンパスの隣にある SFCC (Spokane Falls Community College) のカフェテリアで Book Club の活動を行いました。

1

Timothy Diko 先生と Delaney Rapier 先生は、JCC (Japanese Cultural Center) のラウンジで Big Book Club と呼ばれる2クラス合同の多読の活動を行いました。学生たちは他のクラスの学生たちと意見交換をしたり、本を読むことの楽しさを共有したりすることができます。

32

(文・田中真由美)

★MFWI★ 第1回 MFWIギャラリーを更新しました

現在MFWIに留学中の英語文化学科1年生の写真を

MFWIギャラリーにて公開しています。

 

MFWIギャラリーはこちらのページにて、

「大学」を選び、パスワードを入力すると写真をご覧いただけます。写真をクリックすると、拡大されます。

第1回の今回は、初めに行われる Welcome Banquet の写真が多く、みなさん楽しそうです!

★MFWI★ 2018年春学期フォートライト留学がスタートしました!

2月8日(木)、春学期フォートライト留学がスタートしました。英語文化学科1年生204名が2018年5月末までの約4ヶ月、ワシントン州スポケーン市にある本学のアメリカ分校 Mukogawa Fort Wright Institute (MFWI) で留学生活を送ります。学生たちは、第二言語としての英語(ESL)教育の資格を持ったアメリカ人講師陣による授業、地域の方々との交流、寮での集団生活等を通して、英語コミュニケーション能力の向上、異文化理解、そして人間的成長を図ります。2月15日(木)に行われた歓迎会では、金城未玖さんが学生代表として留学の決意を英語でスピーチしました。

welcome banquet welcome banquet student's speech

16日(金)には、MFWIにある日本文化センター(Japanese Cultural Center)を紹介するためのイベントが開かれ、地域の方々に対して行われる文化交流のボランティア活動に約70名の学生がエントリーしました。

JCC open house

(文:田中真由美)

英語文化学科4年 尾野藍子さんが学会発表に挑戦しました

2018年2月11日、関西国際大学にて行われた関西英語教育学会(KELES)主催 第21回卒論・修論研究発表セミナーに英語文化学科4年の尾野藍子さんが参加し、卒業研究をポスター形式で発表しました。英語文化学科で教職課程を履修している尾野さんは、英語を外国語として学ぶ学習者(English as a foreign language: EFL)を対象に、文章にまとまり(一貫性)やつながり(結束性)を持たせるための研究を行い、英語ライティング指導に活かせる指標とリストを作成しました。具体的には、Coh-Metrixというツールを用いて結束性を量的に分析し、テーマ・レーマ構造分析を用いて一貫性を質的に分析しました。その結果、結束性や可読性が高いライティングにも一貫性がない場合があることを明らかにし、テクストに一貫性・結束性を持たせる方法を知っていることが、質の高い英作文を執筆する上で重要な要素だとの示唆を得ました。

尾野さんは初めての学会発表に緊張した様子でしたが、ポスターを掲示し、3回のコア・タイムに訪れる聞き手に研究の趣旨を説明し、質問に答えました。また、自身の発表以外で、他大学の学生の英語教育研究に関わる発表を聞くのも、質疑応答の様子を見るのも勉強になったとのことです。関西英語教育学会は毎年この時期に卒業論文・修士論文の発表の機会を設けています。発表分野は外国語教育のみならず、外国文学、言語学および関連分野とのことですので、来年度の卒業論文執筆者も、これから卒業研究(ゼミ)を履修する学生にもおすすめの研究会です。

4 5
「EFL学習者のライティングにおける一貫性と結束性」/尾野藍子(武庫川女子大学)

(ゼミ担当:川西慧)

2018 春学期MFWI 留学結団式

2月7日(水)に「2018 春学期MFWI 留学結団式」が行われ、春学期留学プログラムに参加する大学・英語文化学科1年生 204名の学生が参加しました。

1 2 3

4ヵ月後にお会いするみなさんの姿が楽しみです。

(2017年度 1年生担任一同)

【MUKOJOラジオ】本学科の卒業生が登場します!

本日2/7(水)放送のMUKOJOラジオに、本学科の卒業生の増田千穂さんが登場します。増田さんは現在、家具の修理などを行っている「grow-grow」という会社の代表をされています。興味のある方はぜひお聞きください。

MUKOJOラジオは、毎週水曜日20時から、FM OH! 851 で放送されています。いろいろな分野で活躍されている卒業生が、毎回ゲストとしてお話されています。ポッドキャストも配信されていますので、ぜひ一度お聞きください。

MUKOJOラジオ公式ホームページはこちらから

 

「香港杯」英語プレゼンコンテスト優勝:本田諭美さん(ACE英語特別クラス3年生)。英語文化学科学生が2年連続上位入賞を達成!

The Japan News での報道、および本学ニュースページでの速報のとおり、ACE英語特別クラス3年生の本田諭美さんが、「香港杯 全日本大学 学生大使英語プログラム 2017-2018」(香港特別行政区政府 駐東京経済貿易代表部主催、The Japan News 共催、外務省・文部科学省・読売新聞東京本社後援)で優勝し、今年度の香港学生大使に選ばれました。本田さんには、2週間の香港研修のほか、香港関連機関やジャパンニューズ社でのインターンシップ参加権など、多くの副賞が贈られました。同大会では、昨年もACEクラスの学生が準優勝を獲得しており、英語文化学科としては2年連続の上位入賞となります。

1 2

「ビジネス」「マスコット」「香港留学」「観光」の4つの大会のテーマから、本田さんが選んだのは「観光」。架空の観光番組(Satomi’s Neighboring Show!)のテレビ司会者になりきって、香港の有名な観光スポットの「周辺地域の魅力」を訴えました。ACEクラスで日頃から高度な英語力を磨くとともに、清水ゼミ(英語スピーチ・プレゼンテーション)に所属して専門的なプレゼン技術を身につけた本田さんは、「普段の話し方ではなく、テレビの視聴者にカジュアルに話しかけるのがとても難しかったです。でも練習のおかげで当日は観客との対話を楽しむことができました」と大会を振り返ります。表彰式で受賞挨拶を求められた本田さんは、急な指名にもかかわらず、「まず主催者やご関係の皆さまに厚く御礼申し上げます。このたびの優勝は、ご指導いただいた先生や支えてくれた仲間がいなければ、とても叶えられるものではありません」と流暢な英語で堂々とした受賞スピーチを披露し=写真下・右=、会場は盛大な拍手に包まれました。

3 4

今年度の香港杯は全国の大学から約140名の応募があり、15名が東京での最終審査会に臨みました。最終審査会には、本田さんのほかにも、「マスコット」をテーマに英語での腹話術を披露した英語文化学科3年の小澤磨有理さん(清水ゼミ)=写真下・左=と、「観光」をテーマに ”8” にまつわる香港ツアーを発表した英語文化学科2年の越智真美さん(清水ゼミ内定)=写真下・右=の、合計3名が選抜されました。ひとつの大学から複数の学生が本選大会に出場したのは、武庫川女子大学 英語文化学科のみです。

5 6

本学から本選大会に臨んだ3名はいずれも、予選準備から本選までの5か月間、「英語スピーチ・プレゼンテーション研究室」(英語文化学科 清水利宏 准教授)で連日遅くまで厳しい訓練を積み重ねてきました。同研究室では所属ゼミに関係なく、熱意ある武庫女生の学外大会挑戦を支援しています。練習はかなり厳しいですが、その経験は学生時代の宝物になります。関心のある学生はぜひ挑戦してください。今回の3名も、すでに別の学外大会に向けて準備を始めています!

(大会報告:英語文化学科准教授 清水利宏、写真提供:The Japan News)