お知らせ

学科ホームページが更新されました

英語文化学科のホームページが更新されました。

トップページおよび、教員紹介のページのスライドなど、数箇所の写真が更新されたほか、「高校生のみなさんへ」ページに新たに「武庫女生の1日」というパートが追加されました。

「武庫女生の1日」では英語文化学科の学生の、1日・1週間のスケジュールをご紹介しています。今回の更新では1年生のスケジュールのみですが、今後も他学年や MFWI での「武庫女生の1日」をご紹介していく予定です。ぜひご覧下さい。

「英語がんばってます」の最新版が掲示されました


文学2号館2階のLLライブラリ前に掲示しているポスター「英語がんばってます」では、TOEICやTOEFLで好成績をおさめた本学科の学生の英語勉強法や留学経験について紹介しています。その「英語がんばってます」の最新版が掲示されました。

DSC00626
バックナンバーもございますので、ぜひご覧下さい。

交換留学(米国)体験談 実施のおしらせ

交換留学の体験談が下記の日程で開催されます。

————————————————–

日時:平成29年7月20日(木)12:30~13:00

場所:MM-404教室(日下記念マルチメディア館)

内容:①交換留学帰国者による留学体験談(セント・マーチンズ大学、イースタン・ワシントン大学)

_____②質疑応答、個別留学相談

問い合わせ先:国際センター

————————————————-

交換留学・海外留学に興味のある方は、ぜひお話を聞きにいかれてみてはいかがでしょうか。

7/7(金) 第1回附属中高学科説明会が開催されました

武庫川女子大学附属中学校・高等学校の生徒にむけた第一回学科説明会が開催されました。

約40名ほどの参加者を前に、附属高校出身である英語文化学科3年生松崎江吏子さんがプレゼンテーションを行ってくれました。

DSC00592 DSC00599DSC00600
英語文化学科を選んだ理由や、学科での学びについて、そしてMFWI留学の素晴らしさを、ご自身の体験談を交えて具体的に話してくれました。

7月15日、16日のオープンキャンパスに参加したい、という生徒もおり、中学生、高校生の皆さんに本学科の魅力を十分お伝えできたのではないでしょうか?

文・大槻和子

図書館ツアーが実施されました

先日、1年生の初期演習で「図書館ツアー」に行き、図書館の利用の仕方を学びました。大学ではレポートや論文を執筆しますが、そうした際にも今回学んだ書籍の探し方は役に立ってくることでしょう。館内にはWiFiが飛んでいるので、皆それぞれ自分のスマホを使いながら、習ったばかりの図書検索をやってみました。

IMG_2659 (1)IMG_4765 (1)IMG_8122 (1)
初期演習ではまた、図書館ツアーに先んじて「剽窃」防止の研究倫理教育も行いました、大学で研究し、レポートや論文を執筆する際には、さまざまな文献を読み、まとめますが、その際には正しい引用方法に基づいてやらなければ、剽窃(ひょうせつ;盗用)となってしまいます。初期演習では、今後大学生として過ごす上で必要なさまざまな技能についても学んでいます。

(文・写真)1年担任 川西慧

MUKOJOラジオで丹嶺学苑研修センターが紹介されました

6/28(水)の武庫川女子大学ラジオの第13回の放送にて、丹嶺学苑研修センターが紹介されました。

1年生が受講する「初期演習」の一環として、英語文化学科、英語キャリア・コミュニケーション学科の丹嶺トレーニングプログラムでは、MFWI留学の際の班決めなどを行っています。

丹嶺学苑研修センターがどのようなところか、研修でどのようなことをするのか、などなどいろいろなことをお話されており、丹嶺学苑研修センターについて楽しく知ることができます。(第13回の放送後記はこちら

ポッドキャストでもお聞きいただけますので、みなさまぜひお聞きください。(ポッドキャストはこちら

7/22(土) 第30回 女性学研究会主催講演会のお知らせ

女性学研究会主催講演会(第30回)を下記日程で行います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:7月22日(土)13時~15時(講演60分、座談会60分)

場所:C-706教室

演題:「女性が生きやすいフランスとは」

講師:前田陽子さん

フランス・EDHEC(ecole des hautes etudes commelciales)で非常勤講師。2001年よりフランスのリールに在住。フランス人物理学者と結婚、2人の子どもを育てながらフランスの高校や専門学校で日本語を教える。

略歴:大阪大学大学院(ドイツ文学)博士課程後期単位習得終了後、ドイツのブッパータール大学大学院でハインツ・レレケ教授の下で学ぶ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

座談会ではお菓子を食べながら、前田さんに様々な質問をすることができます。フランスやヨーロッパに興味がある方はぜひご参加ください。

☆くわしくはこちらから☆

甲子園会館を訪問見学しました

6月28日、英語文化学科1年A組が “甲子園会館”(西宮市戸崎町、武庫川女子大学上甲子園キャンパス)を訪問見学しました。

甲子園会館は、20世紀最高の建築家の一人と言われるフランク・ロイド・ライトの愛弟子であった遠藤新先生が設計した建物で、1930年から14年間ほど阪神間の高級ホテル・社交場として賑わいました。その後、海軍病院や米軍の宿舎を経て、1965年から武庫川女子大学が管理し、現在では建築学科の建物として利用されています。

unnamed2unnamed
館内では、アールデコや市松模様が組み合わさった和洋折衷のインテリアや、幾何学的な模様を表した床タイルや壁石、そして館外では、左右対称の美しい建物の外観と、広々とした庭園を見学しました。

学生からは、このような素晴らしい建築物が本学に残されていることへの驚きの声や、昭和の建築を創造した巨匠の業績に対する賛美の声が聞かれました。

文責・佐々木 顕彦

春季英文学会が開催されました

6月17日土曜日、春季英文学会が開催されました。今回は本学英語文化学科教授の中原朗裕先生を講師に迎え、「英語学習コーチングー使える英語を楽しく学ぼうー」という題目でご講演いただきました。講義の中では、先生のご専門であるコーチングの観点から英語力・コミュニケーション能力・異文化理解能力という3つの力についてお話しいただきました。

IMG_1154
その中では、傾聴・承認・質問というコーチングのあり方も教えていただき、ペアになって「英語にまつわるヒーローインタビュー」の題目で相手の話を「聴く」実践をしました。気持ち良く聴き、話すことができ、大変盛り上がりました。

最後には、「現状」と「目標」を把握して、「ありたい姿」に近づくというGROWモデルについてのお話があり、1年B組の永田満愛さんが実際に中原先生のコーチングを受けました。同じ境遇の仲間が現状や目標を語る様子を目の前で見ることができ、これから留学を控えた学生にとって将来の目的に向けて、具体的な英語学習の目標を考えることができました。

DSC00525 DSC00528
(写真・三宅弘晃、太田ちひろ 文・川西慧・大英短英一年担任団)

大学2年生が丹嶺学苑でシニアプログラムを行いました

5月下旬にアメリカ分校(MFWI)での留学を終えて帰国した英語文化学科2年生(帰国の様子はこちら)が、丹嶺学苑研修センターでシニアプログラムを行いました。2日間の研修では、留学を経験し、次なる目標に向けて気持ちが高まっている中、クラスメイトと共に過ごしたアメリカ生活を振り返り、2年生後期からの履修方法や教務関連ガイダンスを受けました。

12
34
キャリアガイダンスⅢ グループ活動の様子

また、本年度からの試みとして、キャリアセンターから講師をお招きし、「キャリアガイダンスⅢ」が実施されました。学生生活の充実を図るための行動計画や卒業後のキャリアビジョンを自分自身で描けるように、学生はこれまでの人生の出来事を振り返るワークシートなどに取り組みました。故スティーブ・ジョブズ氏の言葉「点と点をつなぐ」をテーマにした本ガイダンスの受講は間違いなく、学生にとって過去の経験を未来につなげる貴重な「点」の一つになったことでしょう。

最後に、留学後の次のステップとして、英語特別クラス(ACE)への編入や二重学位・交換留学制度についての説明も行われ、残り2年半といなった大学生活をいかに有意義に過ごすべきかを考える充実した2日間となりました。

2016年度の研修では台風でできなかった飯盒炊爨をA、B、S組は楽しみました。

567
9810
飯盒炊爨の様子

 

丹嶺学苑研修センター ホームページ

英語文化学科 2年生担任一同 写真提供:清水麻衣(2A)、キャリアセンター