お知らせ

【8/11 企業研修】引率教員報告

8月11日(火)野村證券神戸支店にて武庫川女子大学英語キャリア・コミュニケーション学科1年生6名の参加する企業研修が実施されました。
下田副支店長のご挨拶の後、社会における証券会社の役割が学生にわかりやすく説明されました。次に、総務課の栗山様より各部署の役割の説明を受けながら支店内を案内していただきました。その後、先輩方2名に日々の業務内容と就活に向けての心構えも教えていただきました。副支店長からの「体力と好奇心がある人を求めている」との言葉は、学生たちにとって今後の大学生活を過ごす上で大いに参考になったのではないかと思われます。学生からも活発な質問があり、この研修は今後の大学生活を有意義にするための大いなる一助となりました。
(引率教員: 西嶋久雄)

IMG_0593IMG_0592

【8/11 企業研修】引率教員報告

 8月11日(火)、西宮市観光振興課の企業研修がA class 5名、B class 4名の計9名参加で行われました。
西宮市観光振興課の園田敏文課長のご挨拶から始まり、西宮市観光協会林俊介事務局長と事務岸田様の周到な準備によりセミナーが行われました。西宮市観光振興を目指す西宮市の姿勢をスライドや資料で説明され、第一部は全員を2グループに分け、西宮市のイメージを用意された用紙に各自で書き込み、項目ごとに分けるKJ法により各グループ代表が意見を発表する形式で行われました。第二部は配布された地図やパンフレットの西宮市観光資料を基に『西宮市のおもてなしプラン』を各自が準備された用紙を使いながら設計していく内容で、学生各自が自分のアイデアやプランを発表する形式でした。学生達は新鮮で斬新な様々な西宮市観光プランを発表し、それらに対して担当の方々が意見や質問を行うというとても活発なプレゼンテーションでした。後のグループによる総合発表において、じゃいけんに勝った学生がそれを行う光景を見て担当の方々は前向きな姿勢を評価されていました。このように、企業側が知識を与えるだけの一方的な企業研修ではなく、特に若者の西宮市に対しての意見を吸収し、それを今後の西宮市観光振興に活かしていきたいという、まさに相互的な内容の企業研修でした。最後の代表学生によるお礼の挨拶も研修の充実感にあふれる心のこもったお礼でした。
(引率教員: 笹部徹)

 IMG_0471IMG_0486

 

【8/10・11 企業研修】引率教員報告

8月10日(月)と8月11日(火)、日本を代表する名門ホテル、帝国ホテル大阪にて研修が行われました。
人事担当の川越様、西岡様のご案内で、客室、宴会場、チャペルなどの施設を見学させていただきました。豪華な中にも日本の伝統と落ち着きを感じさせる優美な設えに加え、隅々にまで行き届いた帝国ホテルならではのお客様への心配り、おもてなしの心に、学生達は驚きを隠せない様子でした。見学後は、日本の観光産業を取り巻く環境や帝国ホテルの歴史、企業理念、業務内容、そして求められる人材像などについてご説明いただきました。常に一流であり続けるホテルの従業員であることへの誇りと自信に満ちた皆様のお話は、学生達にとって大きな刺激となりました。
(引率教員: 大槻和子)

IMG_0335

【8/7 企業研修】引率教員報告

8月7日(金)に外資系企業のヒルトン大阪にて、英語キャリア・コミュニケーション学科1年生11名が参加する企業研修が行われました。
まず、社内組織の英語名についての説明がなされ、そして社内では、上司との連絡も含めて、英語を使うことがごく普通になっているとのことで、特にキャリアアップには英語力が不可欠であることが強調されました。その後、ホテル最上階のレストランや「エグゼクティブフロア」、憧れの「プレジデンシャルスィートルーム」、そして従業員食堂や事務室などのバックサイドも見学することができました。ホテルの日の当たる箇所だけでなく、普段は目にすることのないところも見せていただき、本当に有意義な企業研修になりました。
(引率教員: 冨永英夫)

【8/6 企業研修】引率教員報告

8月6日(木)に外資系企業のBMW 大阪にて、英語キャリア・コミュニケーション学科1年生10名が参加する企業研修が行われました。
先ず合田社長から歓迎のご挨拶を頂き、人事部長の小林氏からはBMWの歴史や企業理念に関する説明を受け、同社紹介DVDを視聴しました。また、特別にショールームとサービス工場の見学を実施して頂き、セールスコンサルタントの方からは仕事のやりがいや苦労話を伺うことができました。最後に小林人事部長から、自分を高める意識を持つことの大切さ、採用面談のノウハウなどキャリアに関連した貴重なアドバイスを伺うことができました。学生からも多くの質問があり双方向の大変充実した企業研修になりました。
(引率教員: 辻和成)

BMW大阪 合田社長ご挨拶BMW大阪 ショールームでの研修

 

【8/5 企業研修】引率教員報告

8月5日(水)、総合教育・生涯教育機関として有名なECC本社にて研修が行われました。
最初に法人渉外事業部の白川裕一部長、立川賀由里GMよりECCの企業理念と社会貢献活動についてご説明を頂きました。学生たちは、「教育という無形のサービスを提供する難しさ」や「社会貢献を通じたECCの取り組み」について真剣な眼差しでメモを取っていました。その後、法人渉外部の山本博昭チーフのご案内でスクール部門、ジュニア事業部、外語事業部を周り、それぞれの代表者より業務内容や仕事の醍醐味を教えて頂きました。最後に、入社2年目の社員の方から、等身大の就職活動体験談を共有して頂き、そして人事採用担当の方より企業が求める人材について親身のアドバイスを頂きました。「英語力だけではなく、様々なことに挑戦していく人間力を磨いてください」というお言葉を受けた学生の引き締まった表情は、今後の学生生活に向けて大きな刺激となった研修の証でした。
(引率教員: 宇佐美彰規)
ECC 研修2ECC 研修1

【8/5 企業研修】引率教員報告

8月5日(水)午後、朝日放送での研修は、最初の企業概要説明に続き、次に実際の番組作りへの現場へと向かいました。
最初に訪れた報道局フロアでは丁度夕方の人気TV番組「キャスト」の打合せが真剣に行われている最中でしたが、そこではTV画面では見慣れている同番組担当浦川アナと親しく話す機会もあり、感激の研修幕開けとなりました。次に向かった「おはようコールABC」や「キャスト」が撮影されるスタジオでは、実際のカメラに向かってTVキャスターの立ち位置で映してもらい自分のTV映りをチェックしたり、ニュース原稿をアナウンサーが実際に座る椅子に座ってTVカメラに向かって読む等の体験をさせてもらいました。その他映像の編集作業ルームでは細かい作業の様子も見ることができました。次に移動した朝日放送で最も大きなスタジオでは、間もなく始まる「熱闘甲子園」のためのセット作りを見学しました。そして朝日放送のもう一つの側面であるABCラジオの業務に関しては、実際にオンエアー中のトーク番組をスタジオのガラス越しに見学するという貴重な体験をし、更には空きスタジオでラジオパーソナリティーとアシスタントを交代で演じてみるという体験もすることができました。締めくくりは現職の部長との質疑応答です。放送業界への就職に関することやその他様々な質問に丁寧に答えて頂きながら双方向のやり取りを続ける中で、仕事をするとはどういうことかを深く考えさせられ一同襟を正して終えた貴重な研修機会でした。
(引率教員: 竹島信夫)

IMG_20150805_170330IMG_20150805_180251

サーバ一時停止のお知らせ

平素より、学科ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
本学の情報教育研究センター移転に伴うサーバ移設のため、下記日時学科ホームページの閲覧を一時停止させていただきます。

日時:8月9日(日) 11時~およそ30分を予定

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

第4回就職セミナー報告

7月7日、第4回就職セミナーを開催しました。講演内容をご報告いたします。

本田 陽子さん(2013年度本学英語文化学科卒業) 株式会社阪急交通社勤務
「旅行会社の社員に求められる能力とその仕事内容」

0707

総合職として募集型企画旅行(パッケージツアー)の企画を担当しています。入社後、4か月の研修を経て、新潟支店へ配属されました。
企画の仕事では、ツアー候補地に赴いての現地調査、航空会社や鉄道会社、ホテルとの交渉も任されるため、行動力や折衝力が求められます。将来的には、イベントツアーの企画にも携わりたいと考えています。
研修の手厚さ、離職率の低さ、残業削減への取り組みなど、「社員に優しい会社」である阪急交通社で、日々意欲的に仕事に取り組んでいます。

6/20春季英文学会 ご報告

平成27年6月20日(土)春季英文学会が開催されました。
今季は本学英語文化学科教授 冨永 英夫先生に、「自律的英語学習のすゝめ」という題目でご講演いただきました。
講演では、英語学習をカレー作りに例えながらレベル別の学習方法を検証したり、二つの英文に隠された英文法の規則性を発見する「気づき体験」があったりと、学生もとても興味深くお話を聞いていました。
講演の模様をDVDで視聴することができます。興味のある方は文学2号館2階LLライブラリーまでお問い合わせください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA