お知らせ

【ゼミブログ】9/13~14 清水利宏ゼミ 合宿(丹嶺研修センター)

英語文化学科・清水ゼミ(3回生)ゼミ長の白川春奈です。清水ゼミで丹嶺学苑研修センターへゼミ合宿に行ってきました! 私たちのゼミは主に英語スピーチとプレゼンテーションについて研究をしており、現在、11月に開催される武庫川学院の英語オラトリカルコンテストに向けて、ゼミの仲間全員が奮闘しています。週一回の授業だけでは時間が足りないということで、有志9名でゼミ合宿を開くことになりました。

semi1

■1日目

まずは、様々なスピーチコンテストの映像を見て、スピーチの構成、表情、ジェスチャーについて学びました。また、初心者の学生がスピーチコンテストへの参加を決めてから、受賞するまでのダイジェスト映像を鑑賞しました。ゼミの仲間全員が真剣にその映像を見て、自分の場合はどうなのかと考えさせられました。

続いて、ゼミ仲間のスピーチについて議論し、「この部分はもう少しこうした方がいい」「この部分は、すごくいい表現で分かりやすい」などと仲間同士でアドバイスをし合いました。自分一人でスピーチについて考えるよりも、ゼミの仲間と一緒にアドバイスしながら進めることで、お互い刺激を受けました。

ゼミ合宿は勉強ばかりではありません。勉強の後は、卓球やお菓子パーティー、夜はゼミの仲間みんなで人狼をして楽しみました。

semi3 semi2

■2日目

朝から発声練習を行いました。腹式呼吸を使いお腹から声を出すためにペアになり、お互いのお腹を触りしっかりと腹筋を使っているか確認しました。その後、先生が用意してくださったヘッドセットを使ってスピーチを録音しました。自分たちの音声をスローで再生し、先生からアドバイスを頂いたところ、特に多かった指摘が/f/の発音です。ゼミの仲間で何度も/f/の発音練習を行いました。

 

■感想

私がゼミ合宿に行って良かったことが2つあります。まず1つ目は、やる気スイッチがONになったことです。夏休み以降、あまりゼミについて考える機会がありませんでしたが、この合宿に参加することで、同じゼミの仲間が頑張っている姿や清水先生のスピーチに対する熱さが伝わってきて、スピーチやろう!と純粋に思えました。一人でやると考えたらしんどいですが、同じゼミの仲間も苦しみながらやっていると考えたら頑張ってやろう!という意欲が生まれてきます。2つ目は、ゼミの仲間たちと多く話せたことです。いつもは週1回の90分しかゼミの仲間と顔を合わすことがありませんが、このゼミ合宿を通じて、今まであまり話せていなかった仲間とも話すことができ、その子の意外な一面も知れてとても楽しかったです。

今回は、すべてのゼミ生が揃いませんでしたが、次は全員でいけたらいいなと思います(^^♪

 

清水利宏ゼミ(3回生)ゼミ長 白川 春奈

 

高校生の皆さんへ <9/25オープンキャンパスのお知らせ>

9月25日(日)はオープンキャンパスです!

是非、英語文化学科(大学)と英語キャリア・コミュニケーション学科(短期大学部)の学科説明会にご参加ください。

2016オープンキャンパス

http://www.mukogawa-u.ac.jp/~nyushi/d_t_guide/opencam/open.html

両学科はアメリカ分校と協力し、実践的な英語教育・人材育成を展開しています。日本と米国のキャンパスが連携したこのようなグローバルな教育は他の大学には例がありません。

多くの卒業生が、日米両キャンパスで身に付けた英語力や異文化コミュニケーション能力を活かしてさまざまな業界で活躍しています。

「大学時代に海外留学を経験したい」、「海外と関わりを持てる仕事がしたい」、「国際的な貢献がしたい」など、本学科であなたの夢をかなえてみませんか。夢に向かって頑張る皆さんを、日米両キャンパスが連携して全力で応援します!

英語文化学科
英語キャリア・コミュニケーション学科
学科長 辻和成

「香港杯全日本大学 学生大使 英語プログラム2016-2017」のお知らせ

香港特別行政区政府 駐東京経済貿易代表部主催(ジャパン・ニューズ共催、外務省・文部科学省・読売新聞東京本社後援)による、「香港杯 全日本大学学生大使 英語プログラム2016-2017」(英語ブレゼンテーションコンテスト)が今年も開催されます。上位入賞者には2週間の香港研修・香港中文大学短期留学の副賞が贈られるほか、敢闘賞・参加賞なども用意されています。興味のある人は、以下のリンクから大会情報を参照のうえ、清水利宏准教授(英語スピーチ・プレゼンテーション研究室)を訪ねてください。

・香港杯大会ホームページ http://www.yomiuri.co.jp/adv/hongkongcup2016/

MFWIレポート⑥≪Interstate Fair≫

MFWIがあるワシントン州スポケーン市。
今日はそのスポケーン市での最大のお祭りの一つである「Spokane County Interstate Fair」にやって来ました。
学生達は静かで落ちついたキャンパスを離れ、にぎやかで活気溢れる地元のお祭りを思う存分楽しみました。

IMG_0849(3)IMG_0853(3)IMG_0848(3)

MFWIレポート⑤≪Safety Orientation(安全対策オリエンテーション)≫

充実した留学生活を送るうえで大切なことの一つに、
危険に対する知識を身につけ、万一の際の身の処し方を
理解しておくことがあげられます。
NFWIのキャンパスでは、24時間、セキュリティスタッフによる
厳重な見回りが行われていますが、これに加え、昨日は地元
警察官による「安全対策オリエンテーション」が開かれました。
日常に潜む危険をスライドを使って紹介し、被害にあわない
ための心構えや対応策などについてご指導くださいました。
 2

 

 

 

MFWIレポート④≪Welcome Banquet(歓迎パーティー)≫

学生の到着を祝うともに留学生活の成功を祈る、恒例の歓迎パーティーが9月8日午後5時半より催されました。
Marlene Sanderson学生部長司会のもと、英語キャリア・コミュニケーションン学科1年生、エクステンションプログラムの英語文化学科2年生、そして教育学科2年生の総勢121名が一堂に会し、椋本清副学長やJanet Sahlin教務部長より、歓迎と励ましの言葉をいただいた後、豪華なディナーを楽しみました。
寮生活をともにし、様々な面から学生をサポートしてくれるアメリカ人女子大生(通称RA:Resident Assistant)も壇上に上がり、学生たちを励ましました。
MFWI教員やスタッフの心遣いと温かさを実感した学生たちは、充実した留学生活に向けての意欲がさらに高まったことでしょう。

IMG_0786(2)IMG_0787(2)IMG_0789(2)IMG_0823(2)

MFWIレポート③≪スタッフ紹介≫

MFWIにはCommonsというカフェテリアがあり、平日は朝・昼・晩の3食、土・日や休日には朝昼兼用のブランチと夕食が提供されます。工夫をこらしたメインディッシュに加え、種類豊富なサラダバーやデザートのアイスクリームなどが、家族と離れて暮らす学生たちの心と身体を癒してくれます。
日々健康に過ごすことができるのも、バランスのとれた、美味しい食事があってこそのこと。
留学生活を陰で支える、キッチンスタッフをご紹介します!

IMG_0764 (1)IMG_0738 (1)IMG_07681

MFWIレポート②≪スタッフ紹介≫

MFWIでは、安全で安心な環境で学ぶことができるよう、大勢のスタッフが学生のサポートにあたっています。
特に、日本語・英語のバイリンガルで、留学生活全般を支えてくれるアドバイザーは本学科の卒業生でもあり、学生にとって本当に心強い存在です。
写真は、アドバイザーのまきこさんとゆきこさん、看護師のCrissさんです。
IMG_0759 (1)

 

MFWIレポート①≪MFWI秋学期開校にむけて≫

9月の第一月曜は、Labor Day というアメリカの祝日です。
日本から到着して間がない学生たちは、静かなキャンパスでのんびりと過ごしながらも、授業開始に向けての準備に余念がありません。
一方、MFWI教員たちも、この秋学期を実り多いものにするため、Faculty Meeting(学科会議)を開いて細部にわたる最終調整を行いました。
その会議の様子をご紹介しましょう!
(引率教員 大槻和子)
IMG_0752 (1)IMG_0753 (3)

【短英企業研修】ヒルトン大阪

8/10(水)、世界最大級のホテル企業であるヒルトン大阪にて、短期大学部英語キャリア・コミュニケーション学科1年生10名が参加する企業研修が行われました。最初に、人事トレーニング担当/小西様より世界100カ国以上で展開されるヒルトンワールドワイドの歩みやビジョンついてご説明を頂きました。その後、営業部/無量様、宿泊管理部長/山本様のご案内で、ホテル最上階のレストランやエグゼクティブフロア、そして憧れの「プレジデンシャルスイートルーム」、ウエディングチャペル、宴会・会議場を見学し、さらに従業員食堂など普段は目にすることのないバックサイドも見せて頂きました。
従業員の方々が日々実践されている「お客様へのおもてなしの心」、「お客様のニーズを先回りする姿勢」、「自ら率先して動く」ことの大切さをホスピタリティーあふれる接客現場で直接学ぶことができ、大変有意義な企業研修となりました。
(引率教員:宇佐美 彰規)
20160810_120160810_220160810_3