LL ライブラリを利用するための3ステップ♪

  • 1. 使用届に記入
  • 2. カウンターで受付
  • 3. 座席プレートを受取り、個人ブースで学習

LL Library blog

☆SMK英語情報局☆ 第53回 “The Proposal” の巻

こんにちは!SMK英語情報局です♪

朝夕がめっきり寒くなりましたね。

これはもうといっていいのではないでしょうか?

これは早急にこたつを用意せねばなりませんね!!

 

前回は僭越ながらわたしがゼミを選んだ理由を書きました。

ゼミといえば卒論

わたしのゼミは英語談話について分析するゼミだったので、

卒論のためにいろいろと映画を観たのですが、

そのときに出会った面白い映画をご紹介したいと思います。

今回のテーマは

The Proposal

 

The Proposalあなたは私のムコになる』は、

アメリカの出版社で編集長を務めるカナダ人のマーガレットが、

ビザが切れて国外退去を命じられたことから、

彼女の秘書だったアンドリューと偽装結婚をするために、

彼の実家に挨拶に行くというお話です。

51WdvvgczXL._SY445_

ハプニング満載なのでラブコメディになると思うのですが、

笑えるばかりではなく、

しんみりするシーンがったり、最後は感動的だったり、

最初から最後まで楽しんで観られるのでオススメです。

アンドリューの家族が、積極的で、フレンドリーで、

あったかくて、ホームステイしてみたいですっ。

エンドロールも面白いので、最後まで鑑賞することをおすすめします!

 

偽装結婚というテーマもあり、嘘を隠すために

ふくみをもった言い回しや、

様々なシーンでの定番の言い回しがたくさんでてくるほか、

アメリカ文化での家族の過ごし方、というものがわかるので、

英会話学習のための洋画を探している方にはぴったりですよ♪

わたしも、卒論やレポートを作成するのに、

登場人物の対話が多く、引用できるところが沢山あったので、

この映画は何度も観ました。

映画序盤にマーガレットがアンドリューにプロポーズをするシーンがあるのですが、

普通の言い方 “Will you marry me?”(かなり適当に言っている) から、

特別に感情をこめてお願いしている(風に聞こえる)言い方

“Andrew? Sweet Andrew? Woul you please, with cherries on top, marry me
?” に、

言い換えるのです。

同一人物がプロポーズを言い直すってなかなかないですし、

普通は結婚を申し込む相手にそこまで気をつかってプロポーズの台詞を言い換えないので面白いですよね。

ただ、

同じ内容を言い換えているので、会話分析のレポートにぴったりでした(笑)

 

わたしが卒論やレポートに洋画を利用したように、

ただストーリーを楽しむだけに鑑賞する以外にも、

洋画を観る方法はたくさんあります。

英語を話すときのしぐさを学んだり、

定番の台詞を学んだり、

発音を学んだり・・・

 

そういったいろいろな点でも、『あなたは私のムコになる』は、

ただ楽しむほかに、学ぶことの多い映画だと思います☆

LLライブラリにもちろんありますので、

ぜひ一度観てみられてはいかがでしょうか♪

 

LLライブラリにはこのほかにも、

アクションコメディSFに、ミュージカルに、

たっくさんの洋画があるので、

みなさんぜひお越しください!^^

 

以上、第53回SMK英語情報局でした☆

編集:SMK

新刊DVD入荷しています!!

 

今年もLLライブラリにたくさんの新しいDVDが入荷されました!
授業の空き時間や放課後などにぜひ観に来てください♪

★入荷DVD一覧★

■グレイテスト・ショーマン
■ラ・ラ・ランド
■美女と野獣(実写版)
■キングスマン:ゴールデンサークル
■ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
■デッドプール
■ダーク・ブラッド
■ロング、ロングバケーション
■セッション
■モアナと伝説の海
■シュガー・ラッシュ
■ムーンライト

 

グレイテスト・ショーマン ラ・ラ・ランド

美女と野獣キングスマン

 

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

デッドプール

 

ダーク・ブラッドロング、ロングバケーション

 


セッションモアナと伝説の海シュガー・ラッシュムーンライト

 

 

 

 

 

 

 

☆SMK英語情報局☆ 第52回 ゼミえらび の巻

こんにちは、SMK英語情報局です!

少し暑い日もありましたが、

すっかり涼しくなってきましたね!

やっとこたつの季節です!!!

みなさんはもうこたつを出されましたか?

ぬくぬくのこたつ・・・幸せな季節ですね♪

 

前回MFWI についてお話したので、

今回は日本の授業に関係することをお話したいと思います。

年末の近づくこの季節・・・

英語文化学科の2年生はこの季節になると、

3年で所属する「ゼミ」を決めることになります。

どのゼミにしようか・・・悩ましいですね。

そんなわけで今回のテーマは

ゼミえらび」です

 

英語文化学科では1、2年で英語や他言語の基礎を学び、

3、4年次に専門的な学びへと発展していきます。

系が分かれる上、ゼミに所属し専門分野を極めます。

15こほどのゼミが開講されるので、

2年生はその中から第3希望まで選び申し込みます。

3、4年次には授業が1、2年の頃よりも少なくなり、

自然とゼミに費やす時間が多くなるので、

ゼミ選びは重要ポイントだと思います。

 

わたしが第1希望に選んだゼミは、

語用論」を専門とするものでした。

わたしたちは普段何気なく会話をしていますが、

文面上の意味はほぼ同じに見えても、

発言の形によってニュアンスが違ったりしますよね。

嬉しそうな感じだったり、ちょっといらついた感じだったり、

命令していたり頼んでいたり・・・。

それははっきりとしたことばにはされないけれど、

相手に伝わる言外の意味です。

この「言ったこと以外の意味」が伝わるメカニズムを研究するのが、

語用論」なのです。

 

わたしがこのゼミを選んだのは、英語の基礎を学ぶ中で、

それはそうだけど、でもそうじゃない

と思うことが多かったからです。

たとえば、英語のテストをしていてると、正解の文が決まっていて、

それを答えれば正解となるわけですが、

思い返せば国語の授業やテストで、

正解の文がきっちりと決まっていることなんてありませんでした。

正解の文のほかにも、言い換えた文はたくさんあって、

日本語ならどんどん言い換えることができるのに、

英語は決まった形を決まった場面で言うだけ。

国語の授業では文脈をとらえたり

発言の意図発言のニュアンスについての問題を解いていたのに、

英語となると、単なる意味を追うのに精一杯。

基礎を学んでいるのですから、

毎日話している日本語の国語の授業やテストと違って当たり前なのですが、

わたしはその「単なる意味を追うだけ」より、

もっとことばの意味を、どうしてそのことばが選ばれたのかを、

じっくり考えてみたかったのです。

 

語用論ゼミで研究したのは英語の発言だったので、

英語でこう言うとこういう意味が含まれるな、

ということは大雑把ですがわかるようになりました。

もちろんまだまだわからないことは沢山ですが、

自分の気持ちを英語で伝えるのに、

とても大きな助けとなっているのは間違いありません。

また、自分たちが普段当たり前のように行っていることが、

研究してみるととても複雑なことに驚かされて、

ゼミは毎回緊張とわくわくですごく楽しいものでした。

もしも別のゼミに入っていたら、

英語を理解する方法も、興味をもつものも、

まったく変わっていたかもしれません。

 

何事も自分のやる気次第ではありますが、

学生の皆さんには、

ゼミを単位のためだけのものと考えないで、

自分の興味のあることを見つけて、選んで、

とことん考えてぬいてみてほしいです。

ゼミどんなことを専門にしているかは、

説明の用紙が配られるほか、

英文の学科ホームページの教員紹介でも知ることができます。

1、2年生はもちろん、受験をご検討中の方も、

ぜひご覧になってください^^

 

LLライブラリに参考文献はありませんが、

スタッフが相談にのることもできますので、

みなさんお気軽にご利用ください♪

 

以上、第52回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK

☆TOEIC®L&R講座☆追加申込み受付中!

こんにちは。

武庫川女子大学資格サポート窓口です。

 

資格サポート窓口では、学生のみなさんの「スキルアップ・キャリアアップ」を応援しています。

資格・検定の受験や、対策講座を受講する方のサポートをしています。

中央図書館5階に窓口がありますので、お気軽に足を運んでみてくださいね。

 

現在、資格サポート窓口では、11月開講のTOEIC対策講座の追加募集をしています。

申込締切日は10月16日(火)!!気になる方は、ぜひ窓口へお越しください。

 

オススメ!◆TOEIC®L&R講座 初級コース

大学2年生の方は、来年2月のTOEIC学内試験対策として、

大学3年生や短大1年生の方は、就職活動時の英語力アピールとして、

TOEIC®L&R講座にチャレンジしてみませんか。

約1か月間、TOEIC対策の勉強をして、スコアアップを目指しましょう!

 

講座スケジュール(全10回)

11/2(金)  ~12/7(金) 毎週金曜、月曜 16:30 ~19:10

試験日:12/9(日)TOEIC® L&R 公開テスト(学外試験)

※12/9(日)の公開テストを目標にしたクラスですが、受験は必須ではありません。

 

中央図書館5階・資格サポート窓口にて、みなさんのお越しをお待ちしています。

 

武庫川女子大学 資格サポート窓口

中央図書館5階(平日10:00~17:00)

電話番号              :0798-45-3691

メールアドレス       :shikaku@mukogawa-u.ac.jp

Webサイト             :http://mukojo-shikaku.jp/

10月の継続雑誌が入荷しています

みなさん、こんにちは!
最近やっと過ごしやすい季節になってきましたね^^
秋といえば読書の秋!
LLライブラリには英検やTOEICなどの問題集や英語学習教材、独検や仏検の問題集、
先月入荷したばかりの新着図書もたくさんありますのでぜひ一度お立ち寄りください♪


☆10月の継続雑誌が入荷しています!

☆ENGLISH JOURNAL
■特集■ NHKワールドJAPAN 超・活用術!
■インタビュー■ ケイト・ブランシェット、クリステン・スチュワート

☆ENGLISH EXPRESS
■特集■ アメリカの「今」を映すキーワード32
■インタビュー■ ティム・クック

☆NHKラジオ講座 ラジオ英会話
■10月のテーマ■ to不定詞・動詞-ing形

☆NHKラジオ講座 実践ビジネス英語
■Lesson13■ Gentrification Controversies(ジェントリフィケーションを巡る論争)
■Lesson14■ Smartphone Addiction(スマホ依存症)

 

EJEE

 

☆SMK英語情報局☆ 第51回 Mukogawa Fort Wright Institute の巻

こんにちは、SMK英語情報局です!

昨日は台風がきていましたが、大丈夫でしたか?

台風21号では大学の木が何本も折れていたのですが、

今回は大丈夫そうで、ほっとしました。

前回は真面目な記事を書いたので、

今回は大学時代の思い出話をしたいと思います。

そんなわけで今回のテーマは

Mukogawa Fort Wright Institute」です。

 

武庫川女子大学の英語文化学科、

短期大学部の英語キャリア・コミュニケーション学科の学生たちは、

必ず Mukogawa Fort Wright Institute (MFWI) に留学をします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

MFWI はアメリカ・ワシントン州Spokane にあり、

自然に囲まれた広いキャンパスに、英語を学ぶ教室棟と寮が立ち並びます。

大学では2年次に、短大では1年次に、MFWI で約4ヶ月間英語を学びます。

武庫女の英文科ならではのプログラムです。

 

わたしも英文科の卒業生なので、もちろん MFWI で英語を学びました。

4ヶ月も親元を離れ、クラスメイトと過ごしたのは初めてでしたが、

ホームシックになることもなく、留学生活を楽しみました。

クラスは10人ほどの少人数制で、

日常生活では Resident Assistant (RA) と呼ばれる現地の女子大生が、

ひとつの班(10人ほど)にひとりずつついていて、

四六時中英語に触れられる環境でした。

授業はすべて英語で行われ、発言もすべて英語です。

各先生が工夫を凝らした授業を行い、

中にはレストランで店員さんにインタビューをしてくる、

なんて課題もありました。

毎日3、4教科ほど授業があって、

当たり前ですが毎授業で課題がでました。

 

かといって、みっちり勉強ばかりしていたわけではなく、

じぶんのペースで、やりたいように勉強していました。

わたしの場合は、問題を解くような課題は、

昼休みのうちにぱぱっとやってしまって、

エッセイやジャーナルなどの writing の課題は、

題目についてじっくり考えながらこなしていました。

英語だとなんとなく素直に気持ちを書ける気がして、

課題というよりも、自分自身や先生とのやりとりというような感じで、

楽しく課題に取り組んでいました。

 

休日には JCC (Japan Cultural Center) の職員さんと、

そのお知り合いの大学教授の方に、

友達と一緒にいろいろなところに連れて行ってもらったりもしました。

お寺や、美味しいピザ屋さん、観光地などなど・・・

お寺では一緒にミサのようなもの(?)を受け、

終わったあとは、お寺に来ていた方と少し話したりしました。

日本のお寺とは少し違っていて、

中が教会のようなつくりになっていたのが印象的です。

 

4ヶ月の留学中にはもちろんホームステイも経験します。

週末だけの短いものですが、

現地の方と交流できる貴重な体験です。

わたしのホストファミリーはとてもフレンドリーで、

ショッピングモールや、アイスホッケーの試合、

ボウリングやご両親のお家でのディナーなど、

何度もお出かけに連れて行ってくれました。

週末に学生と過ごす事は義務ではないのに、

たくさんの場所に連れて行ってくれて、

たくさんの経験をさせてくれて、知らないことを教えてくれて、

とても優しいホストファミリーでした。

 

IMG_9734


一学年全員が一斉に MFWI に留学する、

しかも寮生活、ということで、

周りが日本人ばかりになっちゃうじゃないか!

結局日本語ばかりになっちゃうじゃないか!

とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、

それは学生の気持ち次第・行動次第で変わります。

授業や、イベントホームステイなどなど、

現地の方と知り合う機会はいくらでもあり、

自分が英語に触れておこうと思えばその通りにできる環境なのです。

IMG_9735

わたしはスーパーのイートインコーナーで、

隣に座っていてちょこっと喋った人が、

Japan Week のイベントに来ていたので話しかけてみたら仲良くなって、

今でもたまにメッセージのやりとりをしています。

RA や先生、ホストファミリーとも時々やりとりをしています。

 

MFWI 留学を控えている学生や、

受験を考えている高校生・中学生は、

自分から積極的に行動し、英語を使う機会を設けることをおすすめします!

そうすれば、おのずと留学中に英語力は上がりますし、

日本に帰ってきてからも、英語とのつながりも消えません。

 

LLライブラリには、MFWI の25周年記念の本や、

MFWI 留学経験のあるスタッフもいます!

留学生活が不安な方や、どんな様子か気になる方は、

LLライブラリで自習がてら、スタッフに聞いてみてくださいね♪

 

以上、第51回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK

今月のクロスワードを更新しました(10月号)

10月号の SMK’s Monthly Crossword の配布をスタートしています!

今月のレベルは☆2つ、「A Piece of Cake」です!

IMG_9731

☆1つでもいいくらい、超・超簡単だと思います。

去年の10月から始めたこのクロスワード、

つまり・・・今月で1周年です☆★\(^o^)/

12個のクロスワードが誕生したんですね~

12個と書くと少なく感じます(笑)

過去問も配布しているので、興味のある方は

LLライブラリスタッフまでお尋ねください♪

暇つぶしに、みなさんぜひやってみてくださいね~!

ダウンロードはこちらから↓↓↓

ヒントが英語版 → SMK’s monthly Crossword_Oct

ヒントが日本語版 → SMK’s monthly Crossword 10月号

☆SMK英語情報局☆ 第50回 “The Bluest Eye” の巻

こんにちは、SMK英語情報局です!

先週より後期授業が始まっています。

夏休みの生活リズムから、授業のリズムに、

だんだん戻ってきたのではないでしょうか^^

そしてこの SMK英語情報局は・・・

夏休み明け一発目が、なんと記念すべき50回目です!!

せっかくの50回記念なので、

今回はちょっと真面目に書こうかな・・・(笑)

ということで本日のテーマは

The Bluest Eye」です☆

 

The Bluest Eye は、Toni Morrison 作の小説です。

820665

物語の舞台は大恐慌の中のアメリカ

Pecola という黒人の少女が主人公です。

家は貧乏で、両親からの扱いも悪く、

学校でも黒人だといじめられ、

最後には狂ってしまう彼女の悲劇を、

彼女自身や、同じ黒人の少女などのPecola の周りにいた人たちの

語りや過去の物語で描いています。

 

Pecola という少女におきた出来事は、

語るのも嫌になるほどつらいものばかりですが、

なにより衝撃的だったのは、

彼女を黒人だ、醜い、といじめる周りもまた、

黒人であるということでした。

自分よりもさらに弱いものを見つけて、

自分が虐げられたように、虐げる。

黒人差別の中に、黒人間での二重の差別があったのです。

貧しいことや、醜いことで虐げられる Pecola は、

すべてがその容姿に原因があると、

青い目がほしいと祈るようになります。

 

醜い、黒人だ、といじめられるなら、

青い目になれば、白人になれば、幸せになれると考えることは、

至極当然のことだと思います。

もっと自分が良いものであれば、

周りの態度も変わるはず、と思ってしまいますよね。

ですが、その

白人は美しく、正しく、良いものである

という考えこそが、差別を生み、そして二重差別を生んだのです。

もちろん人には好みがあって、人それぞれのものですが、

こうあることが美しく幸せである、という見本のようなものがあって、

皆がそれに憧れるから、

見本のようになれない自分や他人を悪いもののように見てしまう・・・。

 

物語の中で、Pecola と一緒に住んでいた、

同じく黒人の Claudia という少女が、

クリスマスにもらった青い瞳の人形を壊すシーンがあります。

大人が「綺麗で、価値のあるもの」として贈った、

女の子なら皆欲しがるだろうその青い目の人形は、

Claudia にとっては魅力的ではありませんでした。

なので彼女は、人形を分解して、

皆が皆、価値があると言う、その理由を見つけ出そうとしたのです。

考えてみれば、

何が美しく、正しく、良いものなのか、

どうしてそれが良いものとされているのか、

なぜ自分もそれを良いものと感じるのか、

自分だけの感覚だけでそれを決めていないように思います。

周囲の人や家族や、時代や場所や、文化や、たくさんのものに影響されて、

「これが良い」と決めるようになる。

知らぬ間に自分の価値観が決められている所があるということに、

そして、そうして形作られた自分の価値観が

当たり前であり絶対的であると思っているということに、

この本を読んでハッとさせられたのを覚えています。

 

これだけではなく、たくさんハッとさせられるのですが、

説明力がないので割愛させていただきます。

衝撃的なシーンも多く、暗いストーリーではありますが、

複数の登場人物の視点から Pecola という少女を眺めることで、

ただ単に Pecola を哀れ悲しむだけでなく、

たくさんの観点から差別や愛情や人の心について考えることができる作品です。

読んでいる間辛くなることも多いですが、

人生の糧になるような、おすすめの一冊です。

わたしはこの作品を大学院の授業で読んだのですが、

自分では絶対に選ばない1冊だったと思います。

自分の好みでは選ばないけれど、

視野を広げてくれる名作はたくさんあって、

そんな作品に出会えるのが文学部の良いところですね。

読書の秋ですし、みなさんもぜひ読んでみてください。

ちなみに、『青い眼がほしい』のタイトルで翻訳本もでています☆

 

LLライブラリには、

ペーパーバックの小説がたくさん置いてあるほか、

名作の要約本もあるので、

ぜひ皆さんお立ち寄りください♪

 

以上、第50回 SMK英語情報局でした☆

 

バックナンバーはこちらから

編集:SMK

9月の継続雑誌・新着図書が入荷しています

みなさん、こんにちは!おひさしぶりです!
夏休みはいかがお過ごしでしたか?

LL自習室も夏休みが終わって通常通り開放しています♪
継続雑誌の他に新着図書もたくさん入荷しているので、
LL自習室にぜひお立ち寄りください^^


☆9月の継続雑誌が入荷しています!

☆ENGLISH JOURNAL
■特集■ 「検索ワード」で世界を読み解く
■インタビュー■ ノエル・ギャラガー、ムハマド・ユヌス

☆ENGLISH EXPRESS
■特集■ 聴いて、話して違いを体感!イギリス英語
■インタビュー■ ケイト・ブランシェット

☆NHKラジオ講座 ラジオ英会話
■9月のテーマ■ 否定と比較

☆NHKラジオ講座 実践ビジネス英語
■Lesson11■ Revamping Sexual Harassment Policy(セクハラ対策を刷新する)
■Lesson12■ Restaurant Economy(レストラン経済)

EE 9月号 EJ 9月号

 

 

 

 

 

 

 

 

☆新着図書もたくさん入荷しています!

☆日本伝統文化の英語表現事典 著:亀田尚己、三宮優子、中道キャサリン
さまざまな日本の伝統工芸品や芸能などの起源や由来、作り方や職人技、日本文化との関係について詳しく紹介されています。また、それぞれの紹介文にはわかりやすい英訳も掲載されているので、「日本文化について英語で紹介したいけど、どうやって表現すればいいの~!?」とお困りの方におすすめの一冊です。知っているようで実はよく知らない日本の文化や歴史を学べるかも!?

☆ギリシア・ローマ神話を知れば英語はもっと上達する 著:西森マリー
日本でもスポーツウェアやスニーカーが大人気のナイキ。皆さんは、その社名がギリシア神話の勝利の女神 Nike(ニーケー、英語読みはナイキ)に由来していることをご存知でしょうか?本書ではギリシア神話やローマ神話に登場する約100の神様・英雄・怪物の名前や語源、現代英語における実例などが紹介されています。この一冊を読めば、英語の知識がもっと深まること間違いなし!

☆世界文学の名言 著:クリストファー・ベルトン、訳:渡辺順子
『若草物語』のルイザ・メイ・オールコット、『赤毛のアン』のルーシー・モード・モンゴメリ、『トム・ソーヤ―の冒険』のマーク・トウェイン、『高慢と偏見』のジェーン・オースティン、『ピグマリオン』のジョージ・バーナード・ショー、そして数多くの名作を描いたウィリアム・シェイクスピアの作品など、実に266の文学作品の中から選び抜かれた名言がこの一冊に!文学系の学生さんで卒論のテーマに迷っているそこのあなた!この本を読めばお気に入りの作家と巡り会えるかも・・・?

☆英単語の語源辞典 著:清水建二・すずきひろし
英単語の「接頭辞(ad-, con-, re- など)」が各チャプターで1つずつ取り上げられ、その接頭辞の意味や同じ接頭辞を共有する単語が可愛いイラストつきでわかりやすく解説されています。「英単語を覚えるのが苦手…」という方は、本書で語源から楽しく英単語を学んでみてはいかがでしょうか?

☆今日のタメ口英語 著:kazuma
堅苦しい英会話とはサヨウナラ!本書では、普段日本語で友達と会話するときに用いるような「話し言葉」の言い回し、フレーズとフレーズの間にあるつなぎ言葉や前置き、呼びかけ、思わず口をついて出てしまう言葉、抑えきれない感情を爆発させたときに出るような言葉がたくさん紹介されています。

☆海外ドラマはたった350の単語でできている 著:Cozy
世界中で大ヒットしたアメリカのドラマ『SEX and the CITY』や日本を代表するアニメーション映画のジブリなど馴染みのあるドラマや映画を用いながら、筆者独自のスピーキングやリスニングなどの英語学習法が紹介されています。筆者が関西出身でところどころにはいるツッコミが面白いので、笑いながら英語が学べるおすすめの一冊です!

日本伝統文化の英語表現事典 ギリシア・ローマ神話を知れば英語はもっと上達する 世界文学の名言


英単語の語源図鑑 今日のタメ口英語 海外ドラマはたった350の単語でできている

 

 

 

 

 




☆他にも独検や仏検の各級の問題集も入荷していますのでぜひご活用ください!

独検過去問題集仏検公式ガイドブック

今月のクロスワードを更新しました(9月号)

遅ればせながら・・・先週より、

9月号の SMK’s Monthly Crossword の配布をスタートしています☆

今月のレベルは☆4つ、「Challenging」です!

IMG_9457

マス目の数が多めです。

その分すこし簡単に作ろうと思っていたのですが、

なんとか完成してヒントを見てみると、

下のほうに行けば行くほど難しい・・・

そんなパズルができあがっていました (^^;)

その代わりと言っては何ですが、

隠された単語は簡単なものにしています★

ヒントが日本語版も、LLライブラリカウンターにございますので、

みなさんぜひお越しください!♪

ダウンロードはこちらから↓↓↓

ヒントが英語版 → SMK’s monthly Crossword_Sep

ヒントが日本語版 → SMK’s monthly Crossword 9月号