LL ライブラリを利用するための3ステップ♪

  • 1. 使用届に記入
  • 2. カウンターで受付
  • 3. 座席プレートを受取り、個人ブースで学習

☆SMK英語情報局☆ 第60回 ことばは道具 の巻

こんにちは、SMK英語情報局です。

昨日ジェットコースターに2回連続で乗ったら、

体が痛い局長SMKです・・・。

ついでに喉も痛いです。叫びすぎて・・・。

こういうところから風邪ってひきやすいので、

要注意です!!!

ただでさえ急にぐんっと冷え込んだので、

みなさんもくれぐれもお気をつけ下さい。

ぐだぐだと書きましたがそろそろ本題に入りますね。

今日のテーマもじらさずズバッと発表します。

ことばは道具」です。

 

先週単語の話を書いたのですが、

今回も単語にまつわるお話でいきたいと思います。

英単語は本当にたくさんありすぎて、覚えるのがたいへんですよね。

また、類義語もたくさんあるので、

どれを使えばいいか迷ったり、

パッと浮かばなくていつも同じ表現になったり・・・。

日本でもたまに、日本語表現のトレーニング本のようなものがありますが、

実は、英語圏でもそういった本は存在して、

Vocabulary の数を増やすトレーニングの本なんてのもあるんです!

 

私もだいぶ前に、そんな感じの本をUSEDですが手に入れました。

じゃーん!30 Days to a More Powerful Vocabulary です!

51zzkKN3dIL._SX308_BO1,204,203,200_

ぱらぱらっとみて机に並べていたのですが、

最近になってちゃんと読んで、問題をこなしてみました。

序盤に、私にはぐっとくる文があったのでご紹介しますね。

Words are the tools of thinking. It naturally follows, then, that the more words you have at your command, the clearer and more accurate your thinking will be.
Words are your medium of exchange, the coin with wich you do business with all those around you. With words you relate to people, communicate your feelings and thoughts to them, control them. In short, through words you shape your own destiny. For your words are your personality; your vocabulary is you. (p.5)

ちょっと長かったですね^^;

要約すると、

ことばは道具で、頭の中に単語があればあるだけ、

自分の表現したいことがより正確に表現できる。

人と関わるにはことばが必要不可欠で、

だから、自分の行く末を形作るのはことばということだ。

ことばは自分の個性だから、あなたのことばがあなたなのだ。

ということだと思います。

 

まさにこの通り、仰るとおり・・・と思いませんか?

他人の考えている事はおそらくテレパスでもないかぎりわかりません。

となると外側にでていることばが、他人を理解するすべてとなります。

極端にいえば、頭の中でいくら上品なことを考えていても、

野蛮なことばしか知らなければ、他人から見れば「野蛮な人」となるわけです。

外国語で話したり書いたりしていると、

自分の言いたい単語が思いつかなかったり、

言いたいことがどう表現するのか分からなかったり、

自分の考えを表現できないことがどれほど辛いか痛感しますよね・・・。

 

ですが逆をいえば、他人から見えることばというものを装備すれば

心で何を思っていたとしても、それを隠すことが出来るということでもあります。

ことばが人生の道を形作るのは、

どんなところでも他人とのコミュニケーションが必須だからです。

コミュニケーションが上手くいくには、

自分の考えを正確に伝えることも、

反対にうまく隠して伝えることも、

どちらもできなければなりません。

自分の中に語彙、表現方法が少なければ、

正確に伝えることはまだしも、隠して伝えることなんてできません

だからこそ vocaburaly は大事、ということですね。

 

もちろん、単語を覚えるだけではだめなのですが、

単語を知らなければ何にもなりません。

単語の羅列を見るのは飽きますから、

単語をパーーっと見ていって、やんわり覚えた上で、

英文を読んだり洋書を読んだりして

徐々に覚えていくのもおすすめですよ♪

紹介した本以外にも似たような本はたくさんあるので、

一度探してみられてはいかがでしょうか?

 

LLライブラリには、

語彙に関する本もたくさんありますし、

英検の問題集もありますので、

単語問題をいっぱい解いて、長文も解いて、

総合的に単語を強化できるかもしれません^^

寒い冬でも暖かいので、いつでもお越しください♪

 

以上、第60回SMK英語情報局でした☆
※次回更新は月曜日ではなく12/18(火)です

 

編集:SMK