LL ライブラリを利用するための3ステップ♪

  • 1. 使用届に記入
  • 2. カウンターで受付
  • 3. 座席プレートを受取り、個人ブースで学習

☆SMK英語情報局☆ 第54回 A Cup of Tea の巻

こんにちは!SMK英語情報局です。

寒い寒い、こたつこたつ、とばかりここで書いていたら、

局員Hさんに、もうこたつだしてるの?と聞かれましたが、

残念ながらまだ出ておりません。

そんなこんなでもう10月もあと2日!!で終わりなので、

11月になったらこたつも登場すると思います!

楽しみです!!!

 

こたつ事情はおいておいて・・・

先週は映画 The Proposal をご紹介しました。

ブログを書くために見返していたのですが、

そのときにわたしの大好きポイントが登場したので、

今回はそのお話をしたいと思います。

今日のテーマは・・・

A Cup of Tea」です。

 

The Proposal の中で(あらすじは前回をご覧下さい)、

マーガレットはアンドリューの祖母、アニーのウェディングドレスを着て、

結婚式をあげることになるのですが、

そのドレスを試着してお直しをしている最中に、

アンドリューの母、グレイスは嬉しさのあまり感極まってしまいます。

そのときにアニーグレイスにむかって言うセリフが、

わたしの大好きポイントなのです・・・。

そのセリフとは・・・

Go make yourself a cup of tea

 

ここではお茶でも飲んで落ち着きなさい、という意味だと思うのですが、

誰かが疲れたとき落ち込んだとき

英語圏では tea をすすめて、休むように言います。

わたしが海外研修でお世話になったホストファミリーも、

わたしが疲れたり落ち込んでいたりすると、

必ず “would you like a cup of tea?” と聞いてくれて、

温かいミルクティーを作ってくれました。

MFWI留学のときのRAも、

日本に帰ってきてからバイトで疲れたと愚痴を言うと、

Go drink some milk tea and take a nap

とメッセージを送ってくれました。

アメリカはなんとなくコーヒーのイメージだったのですが、

フレーズとしては “coffee” がでてきたことはあまりないように思います。

今はコーヒーを飲む人が多くても、

紅茶を飲んで一休みする、という文化がことばに残っているんでしょうか。

 

わたしはこの「紅茶どう?」フレーズがとても好きで、

そう声をかけてもらえると、実際にそこに紅茶がなくても、

その人がその場にいなくても、なんだかほっこりするのです。

また、なによりもまず心を落ち着けて自分の時間を取り戻す

ということを大事にしているところも、素敵だなあと思います。

早く寝ることや休憩することはとても大事ですが、

その前に紅茶でも飲んでちょっと心を穏やかにしてから休む

そうするとなんだか自分のペースで生きられるような気がしませんか?

みなさんもぜひ、周りの人が疲れていたり落ち込んでいたりしたら、

Have some tea” とか、

Do you want a cup of tea?” とか、

声をかけてみてはいかがでしょうか♪

 

LLライブラリには、こういった日常会話フレーズの本や、

会話の宝庫の洋画など、参考になるものがたくさんあるので、

ぜひ皆さん来てみてください^^

 

以上、第54回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK