LL ライブラリを利用するための3ステップ♪

  • 1. 使用届に記入
  • 2. カウンターで受付
  • 3. 座席プレートを受取り、個人ブースで学習

☆SMK英語情報局☆ 第49回 くだらない質問 の巻

こんにちは、SMK英語情報局です。

ついに8月に突入しました!まであともう少しです!!

そして試験期間も、明日で終わりですね。

待ちに待った夏休みがすぐそこですよ!

みなさん夏休みはどこか行かれるのでしょうか?

旅行にでかけるにせよ、自宅でまったりするにせよ、

熱中症には十分ご注意くださいね。

 

さて、What’s New でもお知らせいたしましたが、

MFWI からいらしていた Tim White 先生が、

今週アメリカに帰国されます。

Tim 先生はいつもにこやかで、

私のくだらない英語の質問にも、いつも快く答えてくださる、

とっても優しい先生です。

アメリカに帰ってしまわれるのが本当に寂しいです。(TT)

そこで今日は、私が Tim 先生にしたくだらない英語の質問の中で、

ちょびっと役にたつかな?と思うものをご紹介します。

今日のテーマ「くだらない質問

 

まず最初にお伝えしておきたいのですが、

私がしてきた質問は本当にくだらないので、

今日ご紹介できるものはたったの2つしかありません。

ご承知おきください・・・。

 

ではひとつめ、

to trap” と “to entrap” の違いについて

クロスワードの作成のため辞書でちょうどいい単語を探していると、

entrap” にでくわし、あれ?そういえば “trap” と “entrap” の違いって?

となったわけなのです。

辞書であまり違いが見られなかったので Tim 先生に聞いてみると、

違いはあまりないけれど、”to trap” は動物に対して使うことが多く、

それに対して”to entrap” はに使うことが多いかな、

とのお答えでした。

なるほど、そういうかすかなニュアンスの違いがあったんですね。

辞書の説明文だけでは、わからなかったです。

 

つぎは

real” と “for real” の違いについて」です。

for real” というのは、映画で “Are you for real?“、

というのがでてくるので昔から知っていて、辞書でも調べたことがありました。

調べた当時、わたしの辞書では

real” も “for real” も「本当に」とか「本当の」とでてきました。

for real” というのは形容詞とも副詞とも捉えられるので、

ふたつとも「本当に」や「本当の」といった意味なら、

Are you for real?” の “for real” を形容詞の “real” に、

置き換えることってできるのかな?と思っていました。

こちらも Tim 先生に聞いてみると

for real” はスラングで、”Are you for real?” は、

Are you serious? とかYou’re kidding! とか、

本気?」、「まじ?」という意味で使われて、

Are you real?” とは言わないのだそうです。

私はそもそも “for real” を 「本物の」というような意味合いで解釈していたのですが、

for real” には “real” で表せるような、実物の何かが「本物だ」というような、

そんな意味合いはないのだと教えてくれました。

知らなかったー!

友達と話すようなくだけたシーンで、

Are you for real?” ってさらっと使ってみたいですね♪

 

はい。ここまで読んでいただいてお分かりだと思いますが、

本当にこんなくだらないちまちました質問ばかりしていました。

どんな質問をしても嫌な顔ひとつせず、

答えてくださった Tim 先生には感謝でいっぱいです。

 

ですが言語を学んでいると、

感覚でつかめないところが本当にたくさんでてきます。

頭で説明文を繰り返し考えてみてもわからないときは

授業終了後にでも、正直に先生にたずねてみましょう

それがものすごくくだらないちっぽけな質問に思えても、

言語を言語で説明するというのは本当に難しいことなので、

自分が思ってもみなかった解説・理由や、

言語の仕組みを知ることができるかもしれませんよ☆

(ほんとにくだらないときもありますが・・・)

 

LLライブラリの隣の Skype room でも、

ネイティブの先生と英語レッスンができるので、

そのレッスン中に聞いてみるのもいいかもしれません☆

フリートークもあり堅苦しくないので、

たずねやすいと思います♪

 

そしてこれから MFWI に留学予定の方は、

ぜひ Tim 先生とお話ししてみてください。

きっと優しい笑顔で、たくさんお話を聞かせてくれるはずです^^

 

以上、第49回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK