LL ライブラリを利用するための3ステップ♪

  • 1. 使用届に記入
  • 2. カウンターで受付
  • 3. 座席プレートを受取り、個人ブースで学習

☆SMK英語情報局☆ 第14回 夏だ!旅行だ!の巻

こんにちは!SMK英語情報局です☆

第13回のあと、夏季休暇に入り更新をお休みしていましたが、本日より復活です!

夏だ!旅行だ!」というタイトルですが、

夏休みは終わってしまいましたね・・・。

みなさん夏休みはどう過ごされたでしょうか?

わたしは思い切って海外旅行にいってきました!アメリカに!!!

 

春季MFWIの東部旅行で訪れる、Boston にも行ってきたのですが、

道は憶えていませんでしたが、風景はとても懐かしく感じました。

ボストンといえば、アメリカ独立の地!The Freedom Trail が有名です。

フリーダムトレイルはアメリカ独立の要となった、

Boston Common から Bunker Hill Monument までの16の歴史的な箇所をたどる道のりです。

街中の地面の1本の赤いラインをたどっていくと、全16箇所をすべてめぐることができます。

IMG_3995 IMG_4005
さらに、主要箇所の近くには看板があるので、万が一ガイドブックを忘れても、安心です。笑

トレイルは全長約3マイル(約4.8キロ)ですが、16箇所を見学しながらたどるとなかなか時間がかかります。

道中には長い橋(途中がスケスケ)もあり、

IMG_4083 IMG_4084

また最終地点の Bunker Hill Monument は丘の上で、塔の中は登ることができるため(297段の階段です)、

フリーダムトレイルの完全制覇はいい運動にもなりますよ☆

IMG_4092 IMG_4112
MFWIの東部旅行では、フリーダムトレイルの省略版しかめぐらないので、

自力の完全制覇は楽しいものでした☆

 

またボストンといえば、独立戦争の発端となった Boston Tea Party も有名で、

「Boston Tea Party Tea」と書かれた木箱に入った紅茶が、

フリーダムトレイル16箇所のひとつである Old South Meeting House や、

おみやげ屋さん、空港の免税店などで売られています。

IMG_4161
東部旅行では訪れませんが、South Station という大きな駅の近くにある橋の途中に、

Boston Tea Party Ships & Museum という博物館があります。

IMG_4141
ここでは当時の市民に扮したガイドから、

ボストン茶会事件に関する人の、名前とそのひとが成したことが書かれたカードが渡され、

客は渡されたカードに書かれた人物になりきって、事件の夜の状況や、船の説明を聞きます。

その説明も、登場人物に扮したガイドが劇のようにしてくれるので、リアルで面白いです。

しかも説明の途中でいくつかの名前が呼ばれ、その名前が書かれたカードを持っている人は、

カードに書いてある説明を読まなくてはなりません。

ただ説明を聞いたり見たりするだけではない、参加型の博物館です。

また、船の上では事件になぞらい、実際に茶箱を海に投げ捨てることができます!

IMG_4150 IMG_4297 IMG_4143
当時の雰囲気を感じながら、楽しく歴史を理解できるのでおすすめです☆

 

一度訪れたことのあるボストンでしたが、過去には気づけなかったことに気づけたり、

前回は体験できなかったことを体験できたりと、2度目でも十分満喫できました。

日本では感じられない雰囲気や、英語の文化に触れることができ、

やはり海外旅行は最高だな、と感じた旅でした。

 

団体で行く旅行もいいですが、自分で何でも何とかするしかない1人旅や2人旅は

英語を使う機会がおのずと増えるので、

みなさんも次の長い休みには英語圏の海外旅行、ぜひいってみてくださいね☆

LLライブラリには、海外の観光名地を紹介している本もあるので、

興味のある場所をみつけてください♪

 

以上、第14回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK

追伸:ボストンでは、もちろんクラムチャウダーとロブスターロールを堪能しました!

IMG_4054