LL ライブラリを利用するための3ステップ♪

  • 1. 使用届に記入
  • 2. カウンターで受付
  • 3. 座席プレートを受取り、個人ブースで学習

TOEIC おすすめ教材

皆さん、TOEICを受験したことはありますか?

TOEICは、Test of English for International Communication の略で、「国際コミュニケーションのための英語力測定試験」を表します。TOEICは合否ではなく、10点から990点までのスコアで評価されます。
昨今では、約7割の日本の企業が採用の際にTOEICスコアを参考にしているとされ、就職や転職の際に履歴書に書ける資格試験として注目されています。新入社員に期待するTOEICスコアは平均565点と言われていますので、英文科の学生でない人も計画的に自主学習をしてスコアアップを目指してください!

今日は、LLライブラリにあるTOEICのおすすめ教材を紹介します☆

「世界一わかりやすい」シリーズ

416JKp1GTsL._AC_UL115_41IydphaMnL._AC_UL115_41vxoSZAuLL._AC_UL115_  41ZVuyzr9fL._AC_UL320_SR224,320_

著者の関 正生さんは、リクルート運営のオンライン予備校「受験サプリ」講師で、自身もTOEICテスト990点満点取得。2006年の新TOEICテストに移行後、ほとんどの公開テストを受験し、問題分析や傾向の変化を研究されています。「世界一わかりやすい」シリーズは、累計40万部突破のベストセラーとなり、多くの世代の学習者に読み継がれています。
本書は、TOEICに必ず出る文法や単語に焦点をしぼって、丁寧に説明されています。1問1問にその設問の背景含め、解説されているので英語が苦手な方にも非常に分かり易いです。他の対策本と比べ受験英語寄りの説明なので、TOEICを初めて受験してみようかなという人にもお勧めです♪

LLライブラリでは、その他にもTOEICの教材を多数取り揃えていますので、自分にあった教材をぜひ探してくださいね☆
TOEICの勉強方法などの相談等にも応じますので、いつでも気軽にお声をかけてください:-)

※重要
2016年5月実施の公開テスト(※)から問題の構成と形式が変更されることが発表されました。