LL ライブラリを利用するための3ステップ♪

  • 1. 使用届に記入
  • 2. カウンターで受付
  • 3. 座席プレートを受取り、個人ブースで学習

LL Library blog

The 33rd Mukogawa Gakuin English Oratorical Contest

DSC00969

11月18日(土)午後2時半より本学附属中学校・高等学校にて「第33回武庫川学院英語オラトリカルコンテスト」が開催されました。
中学生は演説や物語を暗唱、高校生は約3分・大学生は約4分間のオリジナルスピーチを発表しました。
大勢の観客が注目する中、参加者はジェスチャーやアイコンタクトを交えそれぞれの思いがこもった暗唱やスピーチを披露し観客皆が聞き入りました。

中学・高校・大学短大部門からそれぞれ6名、計18名が出場し、大学短大部門からは11月9日(木)に行われた予選で見事勝ち抜いた6名が発表しました。

審査は本学英語文化学科/英語キャリア・コミュニケーション学科の教員2名と、附属中学校・高等学校の英語教員2名の計4名で厳正に行われ、大学短大の部優勝は本田諭美さん(文学部英語文化学科3年)の”A Beautiful Choice”に、準優勝は金田早智さん(文学部英語文化学科3年)の”Before It Is Too Late”に、それぞれ決まりました。

優勝した本田さんは、20代の女性は化粧や肌の美しさばかりに目が行きがちですが、将来を見据え、自信に満ちた行動を続けることで、50代になっても内面から輝ける女性になれると訴えました。本田さんのスピーチは堂々と、落ち着いていて説得力があり相当な練習を重ねたであろう圧巻のパフォーマンスでした。

本田諭美さん

本田諭美さん

準優勝の金田さんは、結婚後、家事分担が夫婦の亀裂を生む現実をふまえて、どれだけ結婚生活に憧れがあっても、婚姻届にサインをする前に、婚約者の価値観を見極めることが必要だと述べました。金田さんのスピーチは表情豊かでユーモアがあり会場からはたびたび笑いが起きていました。

金田早智さん

金田早智さん

本選出場6名のスピーチはいずれも聴衆を惹きつける素晴らしいものでした。
LLライブラリ、自習室で同コンテストのDVDが視聴できます。(近日配架予定)
みなさんも彼女たちの熱いスピーチに刺激を受けて来年度は是非オラトリカルコンテストにエントリーしてください!

本選出場者6名(スピーチ発表順)

大英3年 狭間奈緒さん ”The Credit of Volunteering”
大英3年 金田早智さん ”Before It Is Too Late”
大英3年 井上穂香さん ”Living Your Life”
大英3年 小澤磨有理さん ”Courage For Change”
大英3年 本田諭美さん ”A Beautiful Choice”
大英3年 森林実央さん ”Smiles For The Future”

狭間奈緒さん

狭間奈緒さん

井上穂香さん

井上穂香さん

小澤磨有理さん

小澤磨有理さん

森林実央さん

森林実央さん

 

 

 

 

 

 

 

☆SMK英語情報局☆ 第22回 “Common Errors in English Usage” の巻

こんにちは、SMK英語情報局です。

土曜日の雨から一段と寒くなりましたが、

わたしは昨日、局員Mさんと宇治にいってきました!

紅葉がとてもきれいでしたが、山の色づきは少しだけだったので

まだまだ紅葉を楽しめそうでしたよ♪

 

前回は歌、前々回は映画をご紹介しました情報局ですが、

今回はをおすすめしたいと思います!

今わたしが空き時間にちまちま読み進めている本・・・

Paul BriansCommon Errors in English Usage です。

514yw1ZtweL

 


この本はそのタイトル通り、英語の使用でよく起こる間違いを紹介しています。

辞書のように、A-Z までで単語が載っていて、

ひとつひとつに説明がついています。

発音が同じでよくスペルミスのあるような単語や、

多言語から入ってきた単語でスペルに馴染みがない単語

似ていてどっちがどっちの意味だかわからなくなるような単語など、

とにかくよく間違われるものがたくさん載っています。

 

日本人向けに書かれた本ではないので、

こんな単語知らなかったなあというものもたくさんありますが、

逆に、これ間違うのか、と思うようなものもあって面白いです。

また、ところどころに掛けことばがあったり、

ジョークがはさんであったりして、読んでいてくすっと笑えます。

 

説明も分かりやすく、ただ単に単語の意味だけを教えるのではなく

どういう時に使うか、という風に説明してあります。

例えば、”allusion” と “illusion” の欄では、

 

allusion/illusion

An allusion is a reference, something you allude to: “Her allusion to flowers reminded me that Valentine’s Day was coming.” In that English paper, don’t write “literary illusions” when you mean “allusions.” A mirage, hallucination, or magic trick is an illusion. (Doesn’t being fooled just make you ill?)  (p.12)

 

と説明されています。例文があると理解しやすいですし、

なにより覚えやすいですよね。

 

こんなの普段つかわないなーという単語もありますが、

日本人がよく使い方を間違う単語も載っています。

例えば “almost“。

この単語は大学1年の基礎的な授業や、

MFWI での writing の授業などでも説明されます。

英語が母国語の人でも間違うんだと思うと、

ちょっと安心というか、間違えても大丈夫、という気になりますね。

日本人でも間違った日本語の使い方をするように、

英語話者でも同じことが起こります。

間違いを知り、正すことはとても重要ですが、

間違ってもいいや!と思い切った気持ちで、

たくさん書いたり話したりして、英語を吸収したいですね

 

Common Errors in English Usage は図書館にもLLライブラリにもないのですが、

似たような本ならあるようなので、”Common Errors” で一度調べてみてください。

LLライブラリにも、grammar in use に関する本がいくつかあるので、

ぜひいらしてください☆

 

以上、第22回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK

明日はオラトリカルコンテスト本選です

第33回武庫川学院英語オラトリカルコンテスト本選がいよいよ明日の土曜日、11月18日(土)14時半~ 武庫川女子大学附属中学校・高等学校で開催されます。

観覧、応援大歓迎ですので興味のある学生、教職員のみなさま、ぜひお越しください!

11月18日(土)14時半~
武庫川女子大学附属中学校・高等学校
図書館棟 4階 AV1教室
プログラムはコチラです。H29 オラトリカル プログラム

 

 

☆SMK英語情報局☆ 第21回 勝手に覚えちゃうんだもの の巻

みなさまこんにちは!SMK英語情報局です。

朝夕が寒くなり、冬の到来を感じますね。

わたしはが好きなので、この季節を心待ちにしていましたが、

みなさんはいかがでしょうか?

風邪などひかれないよう、気をつけてくださいね。

 

さて、前回は映画 Moulin Rouge! をご紹介しました

ムーラン・ルージュはミュージカル映画なので、

たくさんの歌が流れるのですが、

歌があると英語が覚えやすいな、と個人的には思います。

今回のテーマはずばり、

勝手に覚えちゃうんだもの」です!

 

歌はメロディがあるぶん、歌詞がわからなくても、

すんなりと耳に入ってきますよね。

長文のリスニングなどでは、分からない単語だらけだとやはり

右から左に音がただ流れていくように感じることもありますが、

メロディがあるとそこに聞き入ることがあるので

一緒になって英語の単語を覚えられます

 

何度も何度も聴いた曲であれば、単語の意味はわからなくても、

口ずさむことができるようになりますよね。

わたしも小学生のころ、はまってずっと聴いていた Carpenters の歌は、

歌詞カードの英語も全然よくわかっていなかったのに、

口ずさむことができましたし、今でも勝手に歌っているときがあります。

局員Oさんも、Let It Go が有線放送から流れてきたとき、

以前友人に覚えさせられたといって、一緒になって歌っていました。

英語にはアクセントがあるので、リズムにあわせた方が

より自然に頭に浸透していくのだと思います。

Moulin Rouge! にもでてくる Your Song もわたしは好きで、

中高生くらいのときからよく聴いているのですが、

歌いだしの It’s a little bit funny~ というところを、

It’s a little bit” や “funny” という単語を聴くと今でも思い出します。

ひとつの塊として英文を覚えられるのも良い点ですね。

 

また、先に音を覚えてしまって、次に歌詞を調べて意味を知るというのも、

単語の意味が脳内に定着しやすいかと思います。

ミュージカル Les Miserables の有名な歌の歌詞に、

Dawn” という単語がでてきます。

その歌を知った当時この単語の部分を歌うことができても、

単語の意味はわからなかったので調べたのですが、

今でもちゃんと単語の意味を覚えられています。

こんな風に、「この単語の意味わからないな」と思ったり

すごく好きな歌の単語をじっくり調べたりするのも、

英単語習得の役に立つのではないでしょうか☆

 

LLライブラリには、Les Miserables はもちろん、

HairsprayGlee, High School Musical など、

ミュージカル映画やドラマのDVDがたくさんあります!

映画などなら字幕がついているので、

歌詞をいちいち調べる必要もありません

ぜひみなさんお越しください。

 

以上、第21回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK

英語オラトリカルコンテスト学内予選結果

第33回 武庫川学院 英語オラトリカルコンテスト学内予選が11月9日(木)16:40~ 文学2号館L2-23教室において行われました。
学内予選に先立ち実施された、スピーチ原稿・音声による事前審査のエントリー20名の中から選ばれた12名のスピーチはどれも自分の思いを込めた力強いものでした。
厳正なる審査の結果、11月18日(土)14:30から行われる中・高・大合同の英語オラトリカルコンテスト本選へ出場する6名に選ばれたのは以下の方々です。

大英3年 狭間 奈緒さん 『The Credit of Volunteering』
大英3年 金田 早智さん 『Before It Is too Late』
大英3年 井上 穂香さん 『Living Your Life』
大英3年 小澤 磨有理さん 『Courage For Change』
大英3年 本田 諭美さん 『A Beautiful Choice』
大英3年 森林 実央さん 『Smiles for the Future』
(上記は11月18日の本選での発表順です)

 

無題全体1

本日16時半から!英語オラトリカルコンテスト予選です

平成29年11月9日(木)16:30より文学2号館2階・L2-23教室において、第33回武庫川学院 英語オラトリカルコンテストの学内予選が行われます。

11月18日(土)に附属中高と合同で行われる本選への出場(6名)を目指して大学内のさまざまな学科の学生が日頃の英語学習の成果の一端を披露する大変貴重な機会です。

今年度も昨年度に続きスピーチ原稿・音声ファイルによる事前審査を行い、予選出場12名の枠を多数の学生が競い合いました。選ばれた12名の学生が11月9日(木)の予選に向けてさらに原稿を練り上げ、スピーチの練習にも時間をかけ、当日は自分の思いを込めた熱いスピーチを英語で披露します。

ぜひ、彼女たちの熱のこもったスピーチをご覧ください。多数の応援、見学をお待ちしております!

詳細は添付のPDFをご覧ください。

予選出場者発表順ポスター

☆SMK英語情報局☆ 第20回 “Moulin Rouge” の巻

こんにちは、SMK英語情報局です!

早いもので、今回でSMK英語情報局も

第20回目を迎えることができました!

前回前々回とはうって変わって今回は、初心の第1回に立ち返り

おすすめの映画を紹介したいと思います。

今回おすすめする映画は・・・

Baz Luhrmann 監督のミュージカル映画 Moulin Rouge! です。

Moulin_rouge_poster
Ewan McGregor 演じる Christian が、

過去を回想するところから物語は始まります。

彼は、パリの「ムーラン・ルージュ」というキャバレーで、

そのトップスターである Satine と恋に落ちる、

という物語です。

Baz Luhrmann 監督の独特の世界観と、

たくさんの名曲とオリジナル曲が織り交ぜられたミュージカルが、

キャバレーの狂ったような雰囲気とふたりの恋によく合った映画です。

 

劇中では先に書いたように、

Elton JohnYour Song や、the BeatlesAll You Need Is Love などなど、

有名な曲がたくさん組み込まれており、

「あっ、この曲聴いたことある!」と思うはずですよ☆

Satine を演じる Nicole Kidman と、 Ewan McGregor が歌うと、

曲の雰囲気も少し違っていて、原曲をまた聞きたくなります。

途中とても早い歌があり、字幕をみながら一緒に歌おうとするのですが、

噛んでしまってとても成功できそうにありません・・・

一体どんな曲か、みなさんぜひ映画を観てみてください♪

 

ちなみにムーラン・ルージュは実在するキャバレーで、

映画に出てくるそのままに赤い風車があるのが特徴です。

今でもショーは続けられているそうなので、

映画をみたら、本物のムーラン・ルージュに行ってみたくなりますよ。

わたしもいつか行ってみたいものです^^

 

LLライブラリには『ムーラン・ルージュ』のDVDも

Baz Luhrmann 監督の別の作品のDVDも置いてありますので、

空きコマにご覧になってはいかがでしょうか。

そのほかにもたくさん映画DVDを置いてありますので、

みなさんぜひお越しください☆

 

以上、第20回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK

 

☆SMK英語情報局バックナンバー☆

第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回第8回第9回第10回

第11回第12回第13回第14回第15回第16回第17回第18回第19回

今月のクロスワードを更新しました

今月のクロスワードを更新しました。

LLライブラリ前の掲示板、またはLLライブラリのカウンターからご自由にお取りください。

10月号をお求めの方、ヒントが日本語バージョンをお求めの方は、LLライブラリカウンターまでお声がけください。

以下のPDFからもお楽しみいただけます↓↓

SMK’s monthly Crossword November

 

オラトリカルコンテスト事前審査結果のお知らせ

第33回 武庫川学院 英語オラトリカルコンテスト事前審査結果が出ました。

予選出場者12名の選考にあたっては、外国人教員・日本人教員を含む複数の
英語教員によって、出場者の所属・氏名等を匿名化したうえで、公正に審査が行われました。
※事前審査結果の詳細については非公表です。

本田 諭美さん(大英3年)         『A Beautiful Choice』

狭間 奈緒さん(大英3年)         『The Credit of Volunteer』

金田 早智さん(大英3年)   『Before It Is too Late』

東郷 杏耶さん(大英3年)         『True Happiness of Women’s Lives』

井上 穂香さん(大英3年)         『Living your life』

森林 実央さん(大英3年)         『Smiles for the Future』

岡本 遥香さん(大英1年)          『The Eight Petals』

島利 美保さん(大康3年)         『The Role of a Mistake』

松井 瞳さん(大英3年)            『The Key of Nostalgia』

小澤 磨有理さん(大英3年)      『Courage For Change』

白川 春奈さん(大英4年)         『Most important thing in our life』

三木 晴菜さん(大英4年)     『How To Show Respect』

以上12名のみなさん(音声・原稿提出順)です。おめでとうございます!

-下記を必ずお読みください-

☆注意☆

・上記の通過者一覧は、音声・原稿の提出順であり、事前審査の成績順ではありません。

・11月9日(木)の学内予選までに、スピーチ原稿の改訂をしても構いません。ただし、主張内容が大きく変わるような変更は認められません。

・エントリーの際に確認済ですが、全出場者のスピーチは、「オリジナル(剽窃ではない)」で「(他のコンテストにおいて)未発表」であることを前提としています。この点に不安のある人は、すぐにLLライブラリ窓口に申告してください。

☆重要☆

・ 上記の通過者のみなさんは11月9日(木)16:30~のオラトリカルコンテスト(予選)での発表順を決めるので、11月7日(火)15時までにLLライブラリに『くじ』を引きに来てください。

期限までに来られない方は、こちらで代わりにくじを引き順番を決めさせていただきます。

また、スピーチ原稿の改訂をする人は、同じく11月7日(火)15時までにLLライブラリに提出(Wordファイル、A4用紙に印刷したもの1枚)してください。

☆案内☆

オラトリカル関連講座(特別学期授業)が11月2日(木)5,6限@L2-23 にて開講されます。

今回の事前審査を通過された12名の方はもちろんのこと、残念ながら今回通過がかなわなかった方も、このオラトリカル関連講座を受講することで来年度へのヒントが得られるはずです。

講師の清水先生(英語スピーチ・プレゼン研究室)は大学・高校等で多くの審査・指導経験がおありですので何が『勝てる』スピーチなのかを知ることができると思います。

皆さん、ぜひ受講してください!!!

 

☆SMK英語情報局☆ 第19回 Thesaurusを使ってみよう!の巻

こんにちは!SMK英語情報局です。

明日はいよいよ HALLOWEEN ですね☆

仮装でお出かけ予定の方もいらっしゃるのでしょうか?

かぼちゃのオレンジ色がわくわく感を増しますね。

今日と明日は、LLライブラリでも “Trick or Treat!” と言うと

お菓子をもらえますよ♪ぜひ来てください☆

 

10月は Crossword Festival と題して、

クロスワードを配布していましたが、一部の学生から人気でしたので、

SMK’s Monthly Crossword として毎月、配布することにしました☆

LLライブラリ前掲示板と、LLライブラリカウンターからお取りください。

Monthly になっても、クリアするとプチ景品がもらえます♪

 

クロスワードの monthly化にともない、

せっせとクロスワードを制作する日々ですが、

パズルを作るとき、ヒントを作るときに欠かせないのが、

Thesaurus です!と、いうことで…

今回のテーマは「Thesaurusを使ってみよう!」です。

 

Thesaurus というのは、いわゆる類語辞典反語辞典のことで、

特に synonym(類義語)が多く載っています。

英語は、同じ単語を繰り返し使うことを嫌うので、

違う単語に言いかえる、というのはとても大事なことです。

また、Thesaurus で調べれば、

すでに知っている単語と結びつけて覚えられるほか、

似たような単語を同時に覚えられます。

芋づる方式ですね☆

 

わたしが使っているのは Roget’s 21st Century Thesaurus ですが、

例えばこの辞書で、”say” という単語を調べてみると、

なんと59もの synonym が載っています。

remark“, “utter” などの単語はもちろん、

come out with“, “break a silence” なども載っています。

ずっと発言が無くて、やっと何か言う、ということを表現するとき、

“break a silence” なんて使ってみると小説的でかっこいいですね。

 

ただし厳密な意味は少し違うことも多いので、

しっかりした文章を使うときには、

もう一度、英英辞典英和辞典で調べてみるのがいいでしょう。

 

LLライブラリにも、類語辞典が置いてありますので、

ハロウィンのついでにも、活用ください☆

 

以上、第19回 SMK英語情報局でした♪

 

編集:SMK