LL ライブラリを利用するための3ステップ♪

  • 1. 使用届に記入
  • 2. カウンターで受付
  • 3. 座席プレートを受取り、個人ブースで学習

LL Library blog

☆SMK英語情報局☆ 第28回 気にしなくちゃいけない時 の巻

こんにちは!SMK英語情報局です。

もう1月の下旬になってきましたね。

また今週はとても寒くなるそうですが、

24日・25日には一般入試が控えています。

いつも入試のときに寒さが厳しくなるような気がするのですが、

気のせいでしょうか・・・?

受験生の方は、風邪など召されないよう、

くれぐれもお気を付け下さい。

 

さて前回では、「文法なんて気にしない」というテーマでしたが、

文法をさほど気にしなくていいのは、speaking の時だけだと思っています。

やはり、気にしなくてはいけない時、というのも

当たり前のことですが存在しています。

今日のテーマはそのまんま、

気にしなくちゃいけない時」です。

 

わたしが「文法なんて気にしなくていい」といったのは、

あくまで speaking においてのみです。

先週書いたように、話し言葉、つまり実際の会話においては、

お互いに工夫をしながら話す・聞くということができます。

つまり、裏を返せば、

工夫をしながら伝えたり聞いたりできない

書き言葉においては文法が重要になってくるということですね。

 

わたしたちがお互いにお互いの言っていること、伝えようとしていることを

多少の誤差はあったとしても理解できるのは、

そこにルールがあるからです。

どんな風に伝えるかはもちろん個人の自由ですが、

ルールに沿わない言い方は理解されなかったり、

理解されるのに時間がかかったりします。

会話では少しルールから逸れてしまっても、

聞き手が話に割り込んで聞き返すことができますが、

書かれたものというのは誰にも聞き直すことができません。

自分が伝えたいと思うことを

正しいルールにのっとって書かなければ

せっかく良い考えや思いであっても誰にも届くことはありません

間違って届いてしまうことだってきっとあるでしょう。

しかも間違って理解されても、訂正はできません。

好きな人に「嫌い」って間違って伝わってしまったらいやですよね?

それを防ぐためにあるのが文法です!

 

文法を学ぶというのは堅くるしいような感じがして、

誰かと会話をするようなことよりも、退屈に感じるかもしれません。

ですが、文のルールを学ぶことは、

自分が相手に伝えたいと思ったことをより正確に

より確実に相手に伝えるために(相手のことを理解するためにも)とても重要です。

武庫川女子大学の英語文化学科では、

1・2年生で英語の基礎を学びます。

もちろんその基礎の中に、文法も入っています。

文法が苦手という方も、理解できてるわ、という方も、

テストでいい点をとるためだけに文法を理解するのではなく

誰かに伝えたいことを伝えるために理解するんだ!

という思いで、授業に挑んでみてください。

 

もちろんLLライブラリには、文法書がたくさんあります!

いろいろなことが書いてあるものや、

ひとつひとつの項目ごとに本になっているものなど、

勉強の仕方によって本を選べますよ☆

IMG_6223

また、実践的な本も用意していますので、

ぜひみなさんLLライブラリにお越しください♪

 

以上、第28回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK

 

☆SMK英語情報局☆ 第27回 文法なんて気にしない!の巻

こんにちは!SMK英語情報局です。

今年初めての投稿です。本年もよろしくお願いします♪

みなさん良いお正月を過ごされましたか?

わたしの家は初めての6重のおせちを用意していたのですが、

もともとわたしはおせちが苦手なので、

おせちがごはん、というのが続いてつらかったです。(笑)

 

お正月休みも明けて、みなさん忙しくされているかと思います。

わたしの年が明けての初仕事は、

ある講演会の文字起こしでした。

文字起こしをする中で気付いたことが今回のテーマ、

文法なんて気にしない!

です。

 

O局員とともに、ひとつの講演を半分こして、

1人1時間から1時間半ほどの講演内容を、

講演会のDVDを見て文字起こしを行いました。

わたしは文字起こし自体が初体験だったのですが、

O局員は経験済みで、「つらい」と聞いていました。

しかし、講演会にはわたしも参加し内容は把握していましたし、

講演会自体が日本語で行われたものだったので、

そこまで難しくないのではと思っていました・・・

 

ところが!!!

実際にやってみると、とても大変だったのです。

講演者の声に集中したいのに、周囲の声や雑音で聞こえない、

というのも、もちろん困難ではあったのですが、

それ以上に、発言の内容を整理する、ということが

とても難しい点でした。

 

その講演は、講演者がある程度のあらすじにそって、

その場でことばを付け足したり、変えたりして、

あらかじめきっちりとことばが決められたものではありませんでした。

そのためもちろん、

文章がひとつ終わるまでに、追加の情報が足されて

そのまま追加の情報で終わって、次の発言に変わってしまい、

主語と終着点が合致しなかったり

書き起こすと追加の情報が多くて文章がわかりづらくなってしまったり

よく知らない単語や人名がでてきて、詳細の理解が追い付かなかったり

ということが多々ありました。

 

講演者のことばを一言一句もらさず記録するわけではありませんが、

講演会の場にいない人が読んで、

きちんと講演者の意図した内容を理解できるためには、

一部文章を組み替えたり付け加えたりする必要があるのです。

ですから時には何度も同じところを聞いて、

内容を理解してから書き直す、ということもありました。

 

こうして文字起こしをする中で、

文語口語の違いをはっきりと実感しました。

講演会に参加して聞いていた時には、

話がそれてひとつの発言が文法的に正しく終わらなくても、

それほど気にせず話の理解に集中できていたのに、

いざ書き起こしてみると、

とても変なことに気が付くのです。

なぜ、実際に話を聞いているときには気付かないのか、

それは話し言葉がその場に留まることがないからです。

 

書き言葉では、読者が読み返す繰り返し読む、ということができます。

ところが、

実際に話しているときには、聞いている人の様子をみながら、

同じことをもう一度説明したり、

ジェスチャーを加えてみたり、

資料を見せてみたり・・・

工夫を加えながら話を進めます。

話し言葉ではことばはどんどんと流れていき

情報を加えることでしか、聴衆の理解のためにできることがありません

聞いている人が「今」理解できるかどうかが大事なので、

文法どうとかいうよりも、

聞き手の理解のために、どう話をするかが問題なんですね。

 

他の言語を学んでいるとどうしても、

正しい文法で話すことに意識がいってしまうと思います。

正しくなければ通じないのでは、

という不安がある方もいると思います。

ですが実際、話し言葉なんて、

母語話者にとっても、ずっと文法的にまったく正しいなんてことは

ありえないのです。

その時理解が得られなければ、

工夫をして、情報を付け加えればいいだけです。

ですから文法の間違いを気にせず

どんどん英語で喋ってみましょう

 

英語を話す相手がいない、という方は

Skype Room 英会話のレッスンが無料で受けられますよ

レッスンごとに、自分に合わせたレベルが選べて、

レッスンの内容も選ぶことができます。

ぜひ一度、Skype Room に来てみてくださいね♪

 

以上、第27回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK

1月の継続雑誌が入荷しています

皆さま、新年あけましておめでとうございます。
今年もLLライブラリ・Skype Roomをどんどん利用してくださいね。

☆1月の継続雑誌が入荷しています。

☆ENGLISH JOURNAL
■特集■ 日本人と英語
■インタビュー■ レディー・ガガ、カズオ・イシグロ

☆ENGLISH EXPRESS
特集■ 知らないと大ケガ! 誰も教えてくれなかった 英語の”リアル”丁寧表現
■インタビュー■ ノーベル文学賞受賞! カズオ・イシグロ「日本のルーツに感謝する」

NHKラジオ講座 ラジオ英会話
■1月のテーマ■ 
Habits(癖)

NHKラジオ講座 実践ビジネス英語
■Lesson19■ Age-Friendly Environment
■Lesson20■ Office Pet Peeves

ENGLISH JOURNAL 2018年1月号  

今月のクロスワードを更新しました(1月号)

明けましておめでとうございます!

今年も SMK’s monthly Crossword、更新していきますので、

どうぞお楽しみください☆

 

今月のクロスワード、遅ればせながら

1月号を配布開始いたしました。

今回は少なめの10×10マスで、

レベルは☆2つの “very easy” です。

 

後期試験の勉強に疲れたら、

息抜きにパズルをしてみてくださいね♪

ダウンロードはこちらから↓↓

SMK’s Monthly Crossword 1月号

 

クロスワードの Reward Card ができました

SMK’s Monthly Crossword Reward Card ができました!

毎月クロスワードを楽しんでくれている学生からの要望で、

クロスワードのポイントカードをご用意しました☆

IMG_5991 IMG_5996

クロスワードの難易度は毎月違って、

そのレベルによっての数が違います。

IMG_5998

パズルをクリアすると、

そのクリアしたパズルの難易度の分だけがもらえます。

10個たまると、ちょっといいことが待っているかも・・・

IMG_5997

過去のクロスワードをクリアしてもがもらえるので、

どんどん解いてをためましょう♪

Reward Card がほしい方は、

LLライブラリ カウンターまで!!!

 

過去の回答も受け付けていますので、

パズルが解けたらLLライブラリへ LET’S GO!

日本三大英語スピーチ大会への挑戦

先日、このLLブログで英語プレゼンテーションコンテストの全国大会に挑戦している学生をご紹介しましたが、

本日は日本三大英語スピーチ大会のひとつとして知られる

第44回大隈重信杯争奪全日本学生英語弁論大会
(主催:早稲田大学英語会)

に本学から挑戦する大英3年生の本田諭美さん(Sクラス、清水ゼミ)をご紹介します!

本田さんは同大会へのエントリー者、87名の中から最終10名に選ばれ

今週土曜日、12月23日に早稲田大学の大隈重信記念講堂でスピーチを発表します。

これに先立ち、12月21日(木)17時から本学の公江記念講堂で

彼女の壮行会 兼 スピーチ発表が行われました。

本田さんのスピーチは私も武庫川杯で見せてもらいましたが、

さらに堂々と、パフォーマンスに磨きがかかっていました!

Honda Satomi1

 

 

 

 

 

本田さん、頑張ってください!期待してます!

☆SMK英語情報局☆ 第26回 Merry Christmas! の巻

こんにちは!SMK英語情報局です。

とうとう今週で、年内の授業が終わってしまいますね。

そしてすぐにCHRISTMASが待っています!!

みなさんは何をして過ごされますか?

今回のテーマは、ちょっと早いですが

Merry Christmas!」です。

 

突然ですが・・・

Christmas Market ってご存知でしょうか?

クリスマス前になると、ヨーロッパではマーケットが開かれ、

クリスマスに必要なものをそこで買い揃えるそうです。

ツリーの飾りつけのためのオーナメントや

置物やお菓子などが売られます。

 

わたしはクリスマスシーズンに旅行にでかけたことがないので、

実際の様子を体験したことはないのですが、

最近は日本でもクリスマス・マーケットが開かれていますよね♪

わたしもよく、大阪のスカイビルで毎年開かれている、

ドイツ クリスマス・マーケットに行っていました。

はじめて知ったのは高校生のときで、友達に誘われて行ったのですが、

クリスマス特有の、わくわく感・きらきら感が、

とても新鮮で楽しかったことを覚えています。

2015年のドイツ クリスマス・マーケットのつツリー

2015年のドイツ クリスマス・マーケットのつツリー



スカイビルのクリスマス・マーケットでは、

日本語を話さない方がお菓子を作っていたり、

店番をしていることが多く、

1度だけ店員さんにドイツ語で話しかけてみたことがあります

大学1年のときなのですが、ドイツ語の授業を受けていたので

どこかで使ってみたかったのです・・・。

なんと話しかけたのかは忘れてしまったのですが、

「貴方」にあたる “Sie” を使うのか

「君」にあたる “du” を使うのか

を迷っていたことはよく覚えています。

ドイツ語の授業中、先生が

 

「ドイツ人ははじめ絶対 “Sie” を使っていて、仲良くなるとお互い “du” 呼びにかわる。年齢差があったとしても、どちらか一方が “Sie” を使ってもう一方は “du“、ということはなくて、そろそろ “du” でもいいかな?と思うくらい親密になったら両方ともお互いを “du” で呼ぶ」

 

と言っていたので、わたしは “Sie” で話しかけたのですが、

ところがどっこい・・・

その店員(おじいさん)は “du” で返してきたのです!!!

えええ~~~~!!!”Sie” じゃないのお?!

と、衝撃を受けたのを覚えています。

おじいさんと小娘の組み合わせだったからなのか、

ドイツ出身ではなくドイツ語が話せただけの人だったのか、

はたまた本当は、片一方は “Sie” でもう片一方は “du” もありえたのか、

真相は謎のままです・・・。

ドイツに旅行に行ったときにでも検証してみたいと思います!

 

という感じで、

ドイツ語の授業をとっている方は

ぜひ勇気をだして声をかけてみてはどうでしょうか

ドイツ出身ではない店員さんも中にはいますが、

ドイツ語で話してみる良い機会になると思います♪

 

LLライブラリには第23回でご紹介したとおり、

ドイツ語の参考書もたくさんありますので、

これを機に勉強を始めよう・再開しようかな、

という方はぜひいらしてください☆

 

さて、来週から冬休みですので、

今年は今回が最後の更新です。

また来年お会いしましょう~!

以上、第26回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK

 

 

☆SMK英語情報局☆ 第25回 “The Tale of Genji” の巻

こんにちは!SMK英語情報局です。

座ってパソコンに向かっていると足がめちゃくちゃ冷えるのですが、

みなさんはどう対処されているのでしょうか?

今も足だけ寒いです!オフィス用のこたつがほしい・・・。

 

話は変わりますが、わたしと局員Mさんは漫画好きで、

最近もMさんから『あさきゆめみし』という漫画を借りました。

源氏物語』を漫画にしたもので、

古典が大の苦手だったわたしにも、楽しく読めました。

高校時代、古典には全く興味・耐性がなかったので、

今さらながら『源氏物語』がどんなお話なのかを知ったのですが、

漫画で読むと今度は文章で読んでみたくなり、

批評や分析を読んでみたくなり、

そして英訳が読んでみたくなりました。

今回のテーマは、ずばり

The Tale of Genji」です。

 

調べてみると、Arthur Waley 訳と Edward Seidensticker 訳がヒットしたので、

早速その2つを図書館で借りてみました。

両方とも Introduction の章で、紫式部や平安文学などの説明や分析があり

そのあと Character の紹介があります。

英語話者向けに作られた本なので、詳しい説明が載っていて、

古典の知識不足の日本人にとっても、勉強になります。

 

Character 紹介が終わるといよいよ本文が始まります。

どの単語が日本語に対応するのかわかったり

どのように表現しているのかがわかったりするのも楽しいですが、

Waley 訳と Seidensticker 訳の違いを見てみるのもとても面白いです

どちらかというと Waley 訳の方が文語的で複雑な書き方で、

Seidensticker の方がさばっとした読みやすい訳です。

原文に忠実なのはきっと Waley 訳なのだと思いますが、

読みやすいのは Seidensticker 訳だと思います。

章のタイトルも2人とも違って、

Waley 訳では人名などはそのままローマ字表記でされていますが、

Seidensticker の方では人名も英語に訳してあります。

例えば、「夕顔」も Waley 訳では Yugao ですが、

Seidensticekr では Evening Faces となっています。

より意味がわかるように訳しているのだと思いますが、

人名はそのままでもいいような気もします。

それにしても、なぜ “faces” と複数形になっているのでしょうか・・・

局員Mさんに聞いてみると、

「夕顔」を花の名前としてとらえて複数形にしているのでは

と推測されました。

なるほど、わたしには「人の愛称」ということしか頭になかったので

まったく思い浮かびませんでした・・・

ただ、Google で調べると夕顔は英語で「bottle gourd」と言うそうです。

Mさん。。。

調査をつづけたいと思います!

 

こうして2つの英語訳を比べてみると、

同じ英語訳でも人が違えばこうも違うものかと、実感させられます。

テストや授業では、皆が習った文法や単語に従って、

同じ単語や文を書き、それが正解とされますが、

ひとつの事柄を伝えるための伝え方は本当にさまざまで

正解はいくつもあるものなのだと気づかされます。

ひとつだけの訳にこだわらず、

自分らしい英語が作れるようになるといいですね♪

 

The Tale of Genji を読んでみると、日本語の現代語訳を読んでいても、

自分ならどうやって訳すかなあ、と考えてみたり

ここの主語はいったい誰なんだろう、と思ったりするようになります。

日本語で書かれた小説などは、当然日本語で読めてしまうので

普通わざわざ英語で読んだりしないですが、

一度日本語を英語に訳したものを読んでみるのも価値アリですよ☆

 

LLライブラリには The Tale of Genji や、他の英語訳の小説などはないのですが、

自分のお気に入りの小説などの英語訳があるか調べてみて、

図書館で探してみてはいかがでしょうか^^

静かなLLライブラリで読むと、集中できておすすめです

 

以上、第25回 SMK英語情報局でした☆

編集:SMK

英語プレゼンコンテストへの挑戦

師走に入り、ますます冬らしい寒さになってきましたが皆さんは風邪などひいていませんか?

今日は寒さも風邪も吹き飛ばすかのような熱いプレゼンを披露してくれる学生さんをご紹介します。

 

英語文化学科、清水利宏先生のゼミでスピーチ・プレゼンテーションを研究している

3年生の金田早智さんと東郷杏耶さんです。

お二人は12/9(土)に東京で行われる、

第6回 全国学生英語プレゼンテーションコンテスト(神田外語グループx読売新聞社主催)の全国大会に挑戦します。

同コンテストは英語でのプレゼンテーションを競う学生対象のコンテストで

1次、2次予選を勝ち抜いた全10組が本選に挑みます。

 

本日、12/7(木)17:00~ 本学の附属図書館2階のグローバルスタジオで

お二人の壮行会 兼 プレゼン発表が行われました。

金田さんと東郷さんは『ラグビー World Cup のキャンプを淡路島に誘致しよう!』

というコンセプトのもと、ユーモアを交えてたいへんユニークなプレゼンを披露してくれました。

12



彼女たちが12/9の本番で実力を最大限に発揮できるよう

LLライブラリスタッフも応援しています!!!

皆さんもぜひ応援してあげてください!

 

12月の継続雑誌が入荷しています

☆12月の継続雑誌が入荷しています。

☆ENGLISH JOURNAL
■特集■ 聞いて、読んで、食べておいしい イギリス料理・新発見
■インタビュー■ 「食育」に情熱を注ぐカリスマシェフ ジェイミー・オリヴァー

☆ENGLISH EXPRESS
特集■ メール・会議・交渉に即効!ネイティブとも議論できる!意見が伝わる英語
■インタビュー■ フェイスブックCEO マーク・ザッカーバーグ 「つながり」から「強い絆」へ

NHKラジオ講座 ラジオ英会話
■12月のテーマ■ 
Roving Reporters(さすらいのリポーター 4)

NHKラジオ講座 実践ビジネス英語
■Lesson17■ Help With Maternity Leave(産休・育休を支援する)
■Lesson18■ Transforming a Night Owl(夜型人間の改造)

ENGLISH JOURNAL 2017年12月号