LL ライブラリを利用するための3ステップ♪

  • 1. 使用届に記入
  • 2. カウンターで受付
  • 3. 座席プレートを受取り、個人ブースで学習

LL Library blog

☆SMK英語情報局☆ 第50回 “The Bluest Eye”

こんにちは、SMK英語情報局です!

先週より後期授業が始まっています。

夏休みの生活リズムから、授業のリズムに、

だんだん戻ってきたのではないでしょうか^^

そしてこの SMK英語情報局は・・・

夏休み明け一発目が、なんと記念すべき50回目です!!

せっかくの50回記念なので、

今回はちょっと真面目に書こうかな・・・(笑)

ということで本日のテーマは

The Bluest Eye」です☆

 

The Bluest Eye は、Toni Morrison 作の小説です。

820665

物語の舞台は大恐慌の中のアメリカ

Pecola という黒人の少女が主人公です。

家は貧乏で、両親からの扱いも悪く、

学校でも黒人だといじめられ、

最後には狂ってしまう彼女の悲劇を、

彼女自身や、同じ黒人の少女などのPecola の周りにいた人たちの

語りや過去の物語で描いています。

 

Pecola という少女におきた出来事は、

語るのも嫌になるほどつらいものばかりですが、

なにより衝撃的だったのは、

彼女を黒人だ、醜い、といじめる周りもまた、

黒人であるということでした。

自分よりもさらに弱いものを見つけて、

自分が虐げられたように、虐げる。

黒人差別の中に、黒人間での二重の差別があったのです。

貧しいことや、醜いことで虐げられる Pecola は、

すべてがその容姿に原因があると、

青い目がほしいと祈るようになります。

 

醜い、黒人だ、といじめられるなら、

青い目になれば、白人になれば、幸せになれると考えることは、

至極当然のことだと思います。

もっと自分が良いものであれば、

周りの態度も変わるはず、と思ってしまいますよね。

ですが、その

白人は美しく、正しく、良いものである

という考えこそが、差別を生み、そして二重差別を生んだのです。

もちろん人には好みがあって、人それぞれのものですが、

こうあることが美しく幸せである、という見本のようなものがあって、

皆がそれに憧れるから、

見本のようになれない自分や他人を悪いもののように見てしまう・・・。

 

物語の中で、Pecola と一緒に住んでいた、

同じく黒人の Claudia という少女が、

クリスマスにもらった青い瞳の人形を壊すシーンがあります。

大人が「綺麗で、価値のあるもの」として贈った、

女の子なら皆欲しがるだろうその青い目の人形は、

Claudia にとっては魅力的ではありませんでした。

なので彼女は、人形を分解して、

皆が皆、価値があると言う、その理由を見つけ出そうとしたのです。

考えてみれば、

何が美しく、正しく、良いものなのか、

どうしてそれが良いものとされているのか、

なぜ自分もそれを良いものと感じるのか、

自分だけの感覚だけでそれを決めていないように思います。

周囲の人や家族や、時代や場所や、文化や、たくさんのものに影響されて、

「これが良い」と決めるようになる。

知らぬ間に自分の価値観が決められている所があるということに、

そして、そうして形作られた自分の価値観が

当たり前であり絶対的であると思っているということに、

この本を読んでハッとさせられたのを覚えています。

 

これだけではなく、たくさんハッとさせられるのですが、

説明力がないので割愛させていただきます。

衝撃的なシーンも多く、暗いストーリーではありますが、

複数の登場人物の視点から Pecola という少女を眺めることで、

ただ単に Pecola を哀れ悲しむだけでなく、

たくさんの観点から差別や愛情や人の心について考えることができる作品です。

読んでいる間辛くなることも多いですが、

人生の糧になるような、おすすめの一冊です。

わたしはこの作品を大学院の授業で読んだのですが、

自分では絶対に選ばない1冊だったと思います。

自分の好みでは選ばないけれど、

視野を広げてくれる名作はたくさんあって、

そんな作品に出会えるのが文学部の良いところですね。

読書の秋ですし、みなさんもぜひ読んでみてください。

ちなみに、『青い眼がほしい』のタイトルで翻訳本もでています☆

 

LLライブラリには、

ペーパーバックの小説がたくさん置いてあるほか、

名作の要約本もあるので、

ぜひ皆さんお立ち寄りください♪

 

以上、第50回 SMK英語情報局でした☆

 

バックナンバーはこちらから

編集:SMK

9月の継続雑誌・新着図書が入荷しています

みなさん、こんにちは!おひさしぶりです!
夏休みはいかがお過ごしでしたか?

LL自習室も夏休みが終わって通常通り開放しています♪
継続雑誌の他に新着図書もたくさん入荷しているので、
LL自習室にぜひお立ち寄りください^^


☆9月の継続雑誌が入荷しています!

☆ENGLISH JOURNAL
■特集■ 「検索ワード」で世界を読み解く
■インタビュー■ ノエル・ギャラガー、ムハマド・ユヌス

☆ENGLISH EXPRESS
■特集■ 聴いて、話して違いを体感!イギリス英語
■インタビュー■ ケイト・ブランシェット

☆NHKラジオ講座 ラジオ英会話
■9月のテーマ■ 否定と比較

☆NHKラジオ講座 実践ビジネス英語
■Lesson11■ Revamping Sexual Harassment Policy(セクハラ対策を刷新する)
■Lesson12■ Restaurant Economy(レストラン経済)

EE 9月号 EJ 9月号

 

 

 

 

 

 

 

 

☆新着図書もたくさん入荷しています!

☆日本伝統文化の英語表現事典 著:亀田尚己、三宮優子、中道キャサリン
さまざまな日本の伝統工芸品や芸能などの起源や由来、作り方や職人技、日本文化との関係について詳しく紹介されています。また、それぞれの紹介文にはわかりやすい英訳も掲載されているので、「日本文化について英語で紹介したいけど、どうやって表現すればいいの~!?」とお困りの方におすすめの一冊です。知っているようで実はよく知らない日本の文化や歴史を学べるかも!?

☆ギリシア・ローマ神話を知れば英語はもっと上達する 著:西森マリー
日本でもスポーツウェアやスニーカーが大人気のナイキ。皆さんは、その社名がギリシア神話の勝利の女神 Nike(ニーケー、英語読みはナイキ)に由来していることをご存知でしょうか?本書ではギリシア神話やローマ神話に登場する約100の神様・英雄・怪物の名前や語源、現代英語における実例などが紹介されています。この一冊を読めば、英語の知識がもっと深まること間違いなし!

☆世界文学の名言 著:クリストファー・ベルトン、訳:渡辺順子
『若草物語』のルイザ・メイ・オールコット、『赤毛のアン』のルーシー・モード・モンゴメリ、『トム・ソーヤ―の冒険』のマーク・トウェイン、『高慢と偏見』のジェーン・オースティン、『ピグマリオン』のジョージ・バーナード・ショー、そして数多くの名作を描いたウィリアム・シェイクスピアの作品など、実に266の文学作品の中から選び抜かれた名言がこの一冊に!文学系の学生さんで卒論のテーマに迷っているそこのあなた!この本を読めばお気に入りの作家と巡り会えるかも・・・?

☆英単語の語源辞典 著:清水建二・すずきひろし
英単語の「接頭辞(ad-, con-, re- など)」が各チャプターで1つずつ取り上げられ、その接頭辞の意味や同じ接頭辞を共有する単語が可愛いイラストつきでわかりやすく解説されています。「英単語を覚えるのが苦手…」という方は、本書で語源から楽しく英単語を学んでみてはいかがでしょうか?

☆今日のタメ口英語 著:kazuma
堅苦しい英会話とはサヨウナラ!本書では、普段日本語で友達と会話するときに用いるような「話し言葉」の言い回し、フレーズとフレーズの間にあるつなぎ言葉や前置き、呼びかけ、思わず口をついて出てしまう言葉、抑えきれない感情を爆発させたときに出るような言葉がたくさん紹介されています。

☆海外ドラマはたった350の単語でできている 著:Cozy
世界中で大ヒットしたアメリカのドラマ『SEX and the CITY』や日本を代表するアニメーション映画のジブリなど馴染みのあるドラマや映画を用いながら、筆者独自のスピーキングやリスニングなどの英語学習法が紹介されています。筆者が関西出身でところどころにはいるツッコミが面白いので、笑いながら英語が学べるおすすめの一冊です!

日本伝統文化の英語表現事典 ギリシア・ローマ神話を知れば英語はもっと上達する 世界文学の名言


英単語の語源図鑑 今日のタメ口英語 海外ドラマはたった350の単語でできている

 

 

 

 

 




☆他にも独検や仏検の各級の問題集も入荷していますのでぜひご活用ください!

独検過去問題集仏検公式ガイドブック

今月のクロスワードを更新しました(9月号)

遅ればせながら・・・先週より、

9月号の SMK’s Monthly Crossword の配布をスタートしています☆

今月のレベルは☆4つ、「Challenging」です!

IMG_9457

マス目の数が多めです。

その分すこし簡単に作ろうと思っていたのですが、

なんとか完成してヒントを見てみると、

下のほうに行けば行くほど難しい・・・

そんなパズルができあがっていました (^^;)

その代わりと言っては何ですが、

隠された単語は簡単なものにしています★

ヒントが日本語版も、LLライブラリカウンターにございますので、

みなさんぜひお越しください!♪

ダウンロードはこちらから↓↓↓

ヒントが英語版 → SMK’s monthly Crossword_Sep

ヒントが日本語版 → SMK’s monthly Crossword 9月号

☆SMK英語情報局☆ 第49回 くだらない質問 の巻

こんにちは、SMK英語情報局です。

ついに8月に突入しました!まであともう少しです!!

そして試験期間も、明日で終わりですね。

待ちに待った夏休みがすぐそこですよ!

みなさん夏休みはどこか行かれるのでしょうか?

旅行にでかけるにせよ、自宅でまったりするにせよ、

熱中症には十分ご注意くださいね。

 

さて、What’s New でもお知らせいたしましたが、

MFWI からいらしていた Tim White 先生が、

今週アメリカに帰国されます。

Tim 先生はいつもにこやかで、

私のくだらない英語の質問にも、いつも快く答えてくださる、

とっても優しい先生です。

アメリカに帰ってしまわれるのが本当に寂しいです。(TT)

そこで今日は、私が Tim 先生にしたくだらない英語の質問の中で、

ちょびっと役にたつかな?と思うものをご紹介します。

今日のテーマ「くだらない質問

 

まず最初にお伝えしておきたいのですが、

私がしてきた質問は本当にくだらないので、

今日ご紹介できるものはたったの2つしかありません。

ご承知おきください・・・。

 

ではひとつめ、

to trap” と “to entrap” の違いについて

クロスワードの作成のため辞書でちょうどいい単語を探していると、

entrap” にでくわし、あれ?そういえば “trap” と “entrap” の違いって?

となったわけなのです。

辞書であまり違いが見られなかったので Tim 先生に聞いてみると、

違いはあまりないけれど、”to trap” は動物に対して使うことが多く、

それに対して”to entrap” はに使うことが多いかな、

とのお答えでした。

なるほど、そういうかすかなニュアンスの違いがあったんですね。

辞書の説明文だけでは、わからなかったです。

 

つぎは

real” と “for real” の違いについて」です。

for real” というのは、映画で “Are you for real?“、

というのがでてくるので昔から知っていて、辞書でも調べたことがありました。

調べた当時、わたしの辞書では

real” も “for real” も「本当に」とか「本当の」とでてきました。

for real” というのは形容詞とも副詞とも捉えられるので、

ふたつとも「本当に」や「本当の」といった意味なら、

Are you for real?” の “for real” を形容詞の “real” に、

置き換えることってできるのかな?と思っていました。

こちらも Tim 先生に聞いてみると

for real” はスラングで、”Are you for real?” は、

Are you serious? とかYou’re kidding! とか、

本気?」、「まじ?」という意味で使われて、

Are you real?” とは言わないのだそうです。

私はそもそも “for real” を 「本物の」というような意味合いで解釈していたのですが、

for real” には “real” で表せるような、実物の何かが「本物だ」というような、

そんな意味合いはないのだと教えてくれました。

知らなかったー!

友達と話すようなくだけたシーンで、

Are you for real?” ってさらっと使ってみたいですね♪

 

はい。ここまで読んでいただいてお分かりだと思いますが、

本当にこんなくだらないちまちました質問ばかりしていました。

どんな質問をしても嫌な顔ひとつせず、

答えてくださった Tim 先生には感謝でいっぱいです。

 

ですが言語を学んでいると、

感覚でつかめないところが本当にたくさんでてきます。

頭で説明文を繰り返し考えてみてもわからないときは

授業終了後にでも、正直に先生にたずねてみましょう

それがものすごくくだらないちっぽけな質問に思えても、

言語を言語で説明するというのは本当に難しいことなので、

自分が思ってもみなかった解説・理由や、

言語の仕組みを知ることができるかもしれませんよ☆

(ほんとにくだらないときもありますが・・・)

 

LLライブラリの隣の Skype room でも、

ネイティブの先生と英語レッスンができるので、

そのレッスン中に聞いてみるのもいいかもしれません☆

フリートークもあり堅苦しくないので、

たずねやすいと思います♪

 

そしてこれから MFWI に留学予定の方は、

ぜひ Tim 先生とお話ししてみてください。

きっと優しい笑顔で、たくさんお話を聞かせてくれるはずです^^

 

以上、第49回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK

8月の継続雑誌が入荷しています

みなさん、こんにちは!
とうとう前期の試験が始まってしまいましたね。
LLライブラリは 8月7日(火)まで開放していますので、ぜひご利用ください^^

☆ENGLISH JOURNAL
■特集■ 英語で笑おう!
■インタビュー■ エマ・ストーン、ビリー・ジーン・キング

☆ENGLISH EXPRESS
■特集■ 「映画を見る」は see?watch?「類義語」の迷いを一気に解消!
■インタビュー■ ジミー・ウェールズ

☆NHKラジオ講座 ラジオ英会話
■8月のテーマ■ 修飾の語順ルール

☆NHKラジオ講座 実践ビジネス英語
■Lesson9■   Helping College Students Graduate(大学生の卒業支援)
■Lesson10■ Work Smarter, Not Harder(懸命にではなく、賢く働こう)

cover_201808630158_00100

 

今月のクロスワードを更新しました(8月号)

8月号の SMK’s Monthly Crossword の配布をスタートしています☆

今月のレベルは☆2つ、「A Piece of Cake」です!

超カンタン、なはずですので皆さんチャレンジしてみてください。

一番難しいのは、隠された単語の並べ替えかも?^^

IMG_8777

今月は夏休みに入り、LLライブラリが閉まってしまうので、

日本語でヒントが書いてあるものを掲示板に用意しています。

ヒントが英語では難しい方はこちらも挑戦してみてください☆

 

ダウンロードはこちらから↓↓↓

ヒントが英語版 → SMK’s monthly Crossword August

ヒントが日本語版 → SMK’s monthly Crossword 8月号

☆SMK英語情報局☆ 第48回 Books to Read の巻

こんにちは、SMK英語情報局です。

前代未聞の進路をゆく台風12号が上陸しましたが、

みなさん大丈夫でしたか?

私の友人は最接近した夜中の3時ごろに目が覚めて、

とても怖かったと昨日言っていたのですが、

私はぐっすり、熟睡していたので台風に気がつきませんでした・・・。

 

さて、明後日からテスト週間が始まります!

学生のみなさんはテスト勉強に忙しいと思いますが、

疲れたら本を片手にLLライブラリでちょっと一休み♪しませんか?

本日のテーマはリフレッシュにばっちりの、

Books to Read」です☆

 

テスト勉強に時間をたっぷり使うのもよいですが、

10分20分、英語雑誌を読んでみるのはいかがでしょうか♪

LLライブラリには最新号が入荷しているのですが、

8月号 ENGLISH JOURNAL は、

英語で笑おう!と題し、

コメディーで学ぶ英語」を特集記事で掲載しています。

cover_201808

この特集では、アメリカやイギリスなど、

各国の特徴をもとにしたジョークを、英語で紹介していたり、

イギリス出身コメディアンのスタンダップ・コメディー

付録のCDで聞くこともできます!

実際のパフォーマンスの音声ですので、

観客の笑い声が入っていて臨場感に溢れています。

少し英語が速い部分もありますが、

スクリプトと、日本語訳が載っているので、

一通り楽しんだあとはじっくり英語を考えることができますよ。

他にも、ちょっと会話を面白くするジョークのコツなど、

興味をひく特集なのでぜひ読んでみてください☆

特集だけでなく、そのほかの記事を、

毎日ひとつづつ空き時間に読んでみるのもいいですね!

 

ジョークといえば、第43回 でユーモアのお話をしましたが、

そのときに読んだ本が面白かったのでご紹介します。

アメリカの大統領はなぜジョークを言うのか』(著:丸山孝男)

51vBNkF-5-L._SX342_BO1,204,203,200_

この本では、初代の George Washington から、

第44代の Barack Obama までのアメリカ大統領の、

略歴や人物像、印象的な発言・ジョークなどを紹介しています。

各大統領の人柄や、政治上での働きがわかるのですが、

各時代のアメリカの社会背景を知ることもできるのでとても勉強になります。

 

もちろん、紹介されているジョーク名言も面白いですよ!

うまいこと言うな、ためになるな、と思えるものがたっぷりです。

知らなかった英語文化について新発見できるものもありますよ!

たとえば、第36代大統領の Lyndon Baines Johnson は、

泥沼化していたベトナム戦争について次のように発言したそうです。

If you have a mother-in-law with one eye and she has it in the center of her forehead, you don’t keep her in the living room. (一つ目の義理の母がいて、しかも、その一つ目が額の真ん中についていたら、諸君だってその義理の母をリビング・ルームには居させないだろう。)p.148

はじめて読んだとき、なんのことだかよくわからず、

ジョーク・・・?となったのですが、解説を読むとへ~となりました。

英語のジョークで「義理の母」はやっかい者の象徴で、

また、英語圏で「義理の母」いわゆる姑との関係は、

日本の嫁と姑との関係とは逆で、夫と妻の母との関係が悪いそうです。

そこで、うっとおしい義理の母を、さらに気持ちの悪い修飾をつけて、

ベトナム戦争について語ることの嫌悪感を表現していたんですね。

 

また、各大統領のページの最後にある、

Coffee Break にも、いろいろなジョークや、

大統領以外のさまざまな人の引用が載っていて、

面白いので、隅々まで読んでみてください。

Coffee Break 欄では Joseph Stalin のジョークが、

シンプルで気に入っているのでご紹介しますね。

It is not true that I am surrounded by yes-men. When I say no everybody says no. p.189

 

各大統領の紹介は4~6ページにまとめられているので、

さくさくっと次から次へと読み進めていけますし、

各章を短時間に読めるので、すきま時間の読書にぴったりです☆

この本はLLライブラリに残念ながらないのですが、

図書館で借りて読むことができます!

こういったジョーク集・名言集は、1つの章が短いので、

他にも探してみてくださいね

 

 

LLライブラリ私語厳禁なので、

テスト勉強にも読書にもうってつけです。

静かな環境で集中することができますよ♪

8/7(火)まで解放しているので、みなさんお越しください。

※8/1(水)のみ17:00に閉まります。ご注意ください。

 

以上、第48回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK

☆SMK英語情報局☆ 第47回 ホンモノの主語はどれ?の巻

こんにちは、SMK英語情報局です!

猛暑が続いておりますが、

本当にずっとありえないくらい暑いですね。

毎週毎週、暑い暑いとばかり書いている気がします。(汗)

 

こんな暑い毎日ですが、

LLライブラリは8/7まで利用できます!

テスト勉強やレポート作成にぴったりの場所ですよ☆

勉強で何かわからないことがあれば、気軽にお声掛けください♪

とはいえ、サポート力はかなり微力かもしれませんが・・・。

先日も学生に文法についての質問を受けたのですが、

ことばにして説明するのはやはり難しいものだと実感しました。

きょうは、そのときの質問について答えてみたいと思います!

個人的なリベンジで!!!

ということで本日のテーマは

ホンモノの主語はどれ?」です。

 

その日、問題集を開いて学生が文法について尋ねてきました。

開かれたページにあった問題は、

英語の文章の中の、文法の間違いを見つけるというものでした。

その問題では、本来なら単数形であるべき be動詞が、

複数形になっている、というのが正解だったのですが、

その be動詞がなぜ単数形であるべきなのか

ということを質問されたのです。

なぜ、とだけ聞くと「それは主語が単数だから」という答えになるのですが、

そんなことは学生もわかっているんですよね。

動詞の形を決めるホンモノの主語がどれなのかがわかる、ということが、

こういう問題を解く鍵なのでした。

 

修飾のない名詞や代名詞が主語なら話は簡単ですが、

確かに、修飾がずらずら続く主語なんかはわかりづらいですね。

第18回「動詞がポイント」でも、長~い主語をご紹介しましたが、

そこまで長くはなくても、

長い主語の中のどの部分が、動詞の形に関わってくるのか

そこが一番わかりづらいのだと思います。

特に、自分で英文を作るのではなくて、

英文が元から完成されていると、どれがホンモノかわからない。

 

たとえば、Charlie ChaplinThe Dictator という映画の中のスピーチには、

“The very nature of these inventions cries out for the goodness in men…”

という一文があるのですが、この主語もほーんの少し長いですね。

この文の主語は “The very nature of these inventions” で、動詞は “cries” です。

cries” は “cry” に s がついているから、主語は単数形のはず。

しかし動詞の直前にある名詞の “these inventions” は複数形

でもこの主語は複数形ということにならないのか、一体なんでなんだよ!

 

単純に形容詞で名詞が修飾されている場合

[1] The beautiful little flowers

こんな風に、形容詞beautiful, little)は名詞flowers)の前につきます。

これが主語になったら、

[2] The beautiful little flowers are in my room.

という風に、複数形の “are” が使われます。

are” のまん前に “flowers” があってわかりやすいですね。

ですが、形容詞でつらつらと説明できるようなものでなかった場合

英語では名詞の後ろで修飾されるのです。

[3] The concept of distance already mentioned is clearly… (Pragmatics; 12)

この主語では、 “of distance already mentioned” で、

The concept” の修飾をしています。

つまり “The concept” とはどんな “concept” なのかを説明しているのです。

 

前で修飾しているのか、後ろで修飾しているのか、

それだけの違いなのですが、

後ろについているとどうしても、

動詞の直前の名詞がホンモノの主語のように思えてしまうようです。

ですがよくよく観察してみると、

どれだけ長く名詞の前や後ろに修飾が続いていようと、

その修飾は “flowers” や “concept” のような、

核となるものの説明をしているだけなのです。

 

そして、説明の役割を果たす、前後にある形容詞や修飾語句は、

それだけでは意味がなりたちません

[1] の “The beautiful little flowers” から、

核となる “flower” を抜いてしまうと、

The beautiful little” となり、「綺麗で小さな…何?」となりますよね。

[3] の “The concept of distance already mentioned” も、

Concept” を引っこ抜くと、

The of distance already mentioned” とわけのわからないものになります。

逆を言えば、長い主語の修飾語句をすべてとっぱらってしまっても、

核となる単語はそれだけで意味がなりたちます

flower” も “concept” も、名詞そのものの意味だけで独立できるのです。

この、その存在で意味がなりたつものこそが、

「ホンモノの主語」であり、動詞の形を決定づけるのです!

 

英語の文で長い主語に出会って、その主語の中に何かひとつ名詞があって、

その後ろに前置詞関係代名詞など、いろんなものがくっついていたら、

一度、その前置詞や関係代名詞~動詞直前の単語までを無視してみれば、

主語が複数形なのか単数形なのかわかりやすいと思います☆

ということで、一番最初に例に出した、チャップリンの

“The very nature of these inventions cries out for the goodness in men…”

も、主語の中の前置詞of” から動詞cries” の前までの

of these inventions” をとっぱらってみると、

The very nature” がホンモノの主語となり、

主語は単数形なのでした!!

 

LLライブラリには、こんなことを説明している文法の本はもちろん、

読解の練習にもなる参考書や、洋書がたくさんあります♪

英文を読んでいて、わからないことがあったら、

ぜひLLライブラリにお越しください^^

 

以上、第47回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK

☆TOEIC®L&R講座☆追加申込み受付中!

こんにちは。

武庫川女子大学資格サポート窓口です。

 

資格サポート窓口では、学生のみなさんの「スキルアップ・キャリアアップ」を応援しています。

資格・検定の受験や、対策講座を受講する方のサポートをしています。

中央図書館5階に窓口がありますので、お気軽に足を運んでみてくださいね。

 

現在、資格サポート窓口では、夏休み・および9~10月開講予定の対策講座についてお申込みを受け付けています。

申込締切日は7月31日(火)!!気になる方は、ぜひ窓口へお越しください。

 

オススメ!◆TOEIC®L&R講座 中級コース

目標目安は500点です。夏休みに、集中してスコアアップをしませんか。

また、9/9(日)TOEIC® L&R 公開テスト(学外試験)を受験予定の方、必見です!

テストまでに何か対策をしたい、少しでも高いスコアを取りたいと思っている方、ぜひ講座を活用してみてくださいね。

 

講座スケジュール(全10回)

8/22(水)  ~9/4(火) 9:30 ~ 12:10 ※土日除く

試験日:9/9(日)TOEIC® L&R 公開テスト(学外試験)

※試験の申込締切は、7月24日(火) 15:00です。(公式サイトより、インターネット申込みが可能です)

 

中央図書館5階・資格サポート窓口にて、みなさんのお越しをお待ちしています。

 

武庫川女子大学 資格サポート窓口

中央図書館5階(平日10:00~17:00)

電話番号              :0798-45-3691

メールアドレス       :shikaku@mukogawa-u.ac.jp

Webサイト             :http://mukojo-shikaku.jp/

☆SMK英語情報局☆ 第46回 気になる映画 の巻

こんにちは、SMK英語情報局です。

暑いですね・・・。

毎日、早くがこないかなとつぶやいている局長 SMKです。

いっそフィンランドあたりに移住してしまいたいくらい、

夏が苦手です・・・。

 

そんな話はさておいて、

先週の第45回では映画総選挙の第2位と第1位をご報告しましたが、

全体の結果はご覧くださいましたか?

集計をしてコメントをひとつひとつ読んでいると、

観てみたいな、と思うものがいくつかあったので、

ご紹介したいと思います♪

ということで、今日のテーマは「気になる映画」です。

 

まずは第9位で3票獲得した、

Spider-Man: Homecomingスパイダーマン  ホームカミング

A1WzDzvxTuL._SY445_

コメントいわく、

今まででいちばん観やすい(シリアスすぎない)スパイダーマン

とのことで、

たしかに、前に観た『スパイダーマン』の2は暗かったような・・・

暗くないなら観てみたいという気になりました。

シリアスな映画も良いですが、

感情移入すると心が疲れるので、「シリアスすぎない」のは

ポイントが高いですね☆

また、「トム・ホランドがかわいい」というコメントが2票あり、

どんなものか観てみたいと思います。

 

続いても同じく第9位の、

Call Me by Your Name君の名前で僕を呼んで

320

今年のはじめの頃、本屋さんでよくこの作品の本を見かけていて、

青い空がよく映えた表紙が印象的で、名前は知っていました。

投票した理由に、

監督さんを崇めたいくらい、演出が良かった。ジェンダー問題について考えさせられる、切ない作品

とコメントしている方がいて、

私は演出には詳しくないのでよくわからないのですが、

崇めたいと言われるまでの作品を観て、

良い演出とはどういうものなのかを勉強したいと思いました。

ジェンダー問題について考えるきっかけになりそうな映画なので、

機会があればぜひ観てみたいです!

 

では続いて、1票で第11位の

A Single Manシングルマン

51AgcTmmNTL._SY445_

コメントには

突然の事故で最愛の人を失った主人公の一日を描いた作品。ファッションデザイナーのトム・フォードの初監督映画でスーツなどの洋服が格好良い

とあらすじが書いてあったのですが、

主人公の一日を描いた」というところに興味を惹かれました。

映画の長い時間を、主人公の一日で使い切るというのは、

どんなお話なのかとても観てみたくなりました。

この作品はLLライブラリにDVDがあるので、

みなさんにも観ていただけますよ♪

 

次の作品も第11位で、

One Dayワン・デイ 23年のラブストーリー

51v4FmgjSyL._SY445_

コメントに、

すれちがいを何度もしたが最終的に2人が一緒になる。最後は悲しい結末だが・・・ラストの草原のシーンが好き!

とあり、2人が一緒になるのに最後は悲しい結末なのが、

単純にどうしてなのかが気になります。

タイタニック的な展開なのでしょうか??

MFWI留学中に、古本屋さんでこの作品の小説本を買ったのですが、

本棚に眠っているのでひっぱりだしてきたいと思います!

 

気になる作品4つをご紹介しましたが、

票のコメントを読んでいると、どれも観たくなるものばかりでした。

ストーリーや、出演している俳優さんや、演出や、

いろいろな視点からお気に入りを選んで投票されているので、

どれかひとつくらいは、きっと気になる作品が見つかると思います

英語は苦手、言語を学ぶのは難しい、と思っている方でも、

映画を観ているうちに自然と英語のリズムに慣れていくと思います。

投票結果はLLライブラリの棚にも置いてありますので、

観たい映画をじっくり選んで、ぜひご鑑賞ください♪

 

以上、第46回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK