LL ライブラリを利用するための3ステップ♪

  • 1. 使用届に記入
  • 2. カウンターで受付
  • 3. 座席プレートを受取り、個人ブースで学習

きまぐれTweet

☆SMK英語情報局☆ 第18回 動詞がポイント の巻

こんにちは!SMK英語情報局です。

昨日の大型台風のため、電車のダイヤや道が大荒れですね。

通学やお出かけの方は、どうか十分お気をつけください。

 

さて、第16回第17回の2週にわたって、

楽しみながら英語を勉強する方法をご紹介しました。

日常の頻出単語や、会話などでは、

自然と憶えた単語や用法でなんとかなることが多いですが、

論文など、内容を正確に捉えることが不可欠なものを読む場合

「なんとなく」で読み進めるととんでもない勘違いをするときがあります

今回は、そのような文章を読むときに役に立つ、

動詞がポイント」というテーマです。

 

論文など文面で使われる文語体は、口語体よりも複雑な構造で、

分詞構文が使われていたり、主語がやたらと長かったり、どこかが省略されていたりと、

慣れていないと読みづらいことが多々あります。

例えば・・・

 “Bradley’s devotion of “so many of his pages to detailed psychological and moral analyses of the characters of the plays, to the exclusion of any serious concern with their language” and especially his continuation of the “bad tradition of writing about Shakespeare’s dramatis personae as if they were real persons whose lives in which they are involved” did “grave disservice to Shakespeare.” (Chatman, 1980: 136)

この文の主語は一体どれでしょうか?

最初に目につくのは “Bradley’s devotion” ですね。でも “of” で続いている・・・

そしてその後の “of “so many of his pages to detailed psychological” も、”and” がついているから、

その後の “moral analyses of the characters of the plays” も主語の一部。

カンマでやっと終わりかと思いきや、次に来るものは “to exclusion“なので、まだ主語が続いています。

またもや “and” で接続されて・・・。

もうお気づきかもしれませんが、この文の主語は、

“Bradley’s devotion of “so many of his pages to detailed psychological and moral analyses of the characters of the plays, to the exclusion of any serious concern with their language” and especially his continuation of the “bad tradition of writing about Shakespeare’s dramatis personae as if they were real persons whose lives in which they are involved”

”Bradley’s devotion” から “in which they are involved” までなのです。長っ!

そして主節の動詞は、”did” です。

did” が登場するまでに、”were” と “are involved” と2つ動詞が出てきていますが、

どちらも “as if” “in which” から始まる従属節の中にいて、”they” という主語をもっています。

したがって、どちらも主節の動詞にはなりえず、”did” まではすべて主語だといえるのです。

このように、長い主語の場合には、主節の動詞になりえる単語を探すと、

文を読み解きやすくなります。

 

また、主節の動詞がどれか見分けがつかないというときは、

動詞の形に注目してみてください。次の文では、

“The man identified as “Pecksniff,” though thoroughly “nosey,” is still a man and must have other qualities…” (Chatman, 1980: 131)

identified“, “is…and must have” と3つ動詞があります。

identify” は他動詞自動詞の両方の意味がありますが、

自動詞で意味をとると、次の “is still” で続く文とつながりません。

すると他動詞で意味をとることになりますが、

他動詞は目的語がいるため、”as” という前置詞を直後に置くことはできないので、

identified” は主節の動詞ではなく、過去分詞形で “The man” を修飾しているとわかります。

となると、”is“、そして接続詞でつながっている “must have” が主節の動詞ということになります。

is” であれば、3人称単数の “The man” とも対応しているので、

is” が主節の動詞で間違いないとわかりますね。

このように、動詞をどれでとればいいかわからないときは、

でてくる動詞の形によく注目し、主語と照らし合わせることで、

文の意味をきちんと捉えることができます。

 

意味をあいまいなまま捉えただけでも、問題ない場合はありますが、

しっかりと意味をとらないといけないというときの、

参考にしてみてくださいね☆

 

LLライブラリには、文法書や辞書がたくさんあります

課題などで意味をとれない文章がでてきたときは、

ぜひLLライブラリにきてみてください♪

 

以上、第18回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK

 

☆SMK英語情報局☆ 第17回 Crossword Festival の巻

こんにちは、SMK英語情報局です。

今週も元気にがんばりましょう!

 

雨が降ってぐんと肌寒くなりました。

過ごしやすい秋には、今までしていなかったことを始めてみたくなりますよね。

読書の秋に、スポーツの秋、芸術の秋・・・

そんな秋に、英語のクロスワードをしてみませんか?

LLライブラリでは、Crossword Festival を開催中です!!

 

日本語のクロスワードならしたことがある方も多いかと思いますが、

英語のクロスワードはしたことのない方が多いのではないでしょうか?

わたしも今年はじめて英語バージョンをやってみたのですが、

これがなかなか楽しいのです!

 

まっっったくわからない・聞いたことのない単語も多いですが、

色々な角度からじわじわ探り出したり、わずかなヒントで調べあげたりと、

ゲーム感覚で、新たな英単語を発掘できます

「なんじゃこりゃ!」と思った単語や、

地道に調べて、辿りつくまでに苦労した単語などは、

やはり本をペラペラ眺めたよりも、記憶に残りやすいですよ☆

また、クロスワードにでてきた単語は、

もう一度どこかで出てきたときに、「あっ!」となって、

脳内に定着しやすいはずです!

前回の英語ゲームと同じように、楽しく英語が勉強できます。

 

というわけで、クロスワードをみなさんにも楽しんでもらうため、

英語のクロスワードを、作りました☆

アメリカなどで売られている本場のクロスワードブックよりも簡単で、

TOEICや論文で使う単語欧米文化に関する単語を取り入れました。

LLライブラリで開催中の Crossword Festival では

SMK英語情報局特製のクロスワードシートをお配りしています♪

また、こちらからもPDFをダウンロードできますので、

完成したらLLライブラリまでお越しください。

パズルを完成させると景品がもらえますよ☆

英語が苦手な方には、ヒントが日本語のバージョンも用意しています!

ぜひみなさんご参加ください♪♪

LLライブラリでお待ちしております!

 

以上、第16回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK

10月の継続雑誌が入荷しています

☆10月の継続雑誌が入荷しています。

☆ENGLISH JOURNAL
■特集■ 『賢者の石』出版から20年 ハリー・ポッターの「解けない魔法」
■インタビュー■ ダニエル・ラドクリフ

☆ENGLISH EXPRESS
特集■ リスニングの弱点を解消! 「数の英語」を極める
■インタビュー■ J・K・ローリング

NHKラジオ講座 ラジオ英会話
■10月のテーマ■ 
Dealing With Problems (問題に対処する)

NHKラジオ講座 実践ビジネス英語
■Lesson13■ Ugly Produce(不ぞろいな農産物)
■Lesson14■ Making Friends after 30(30歳からの友達づくり)

通訳翻訳ジャーナル
■特集■ どれくらい受ける?どこを見ている?「トライアル大解剖」
秋のスクール特集■ 通訳・翻訳の専門スクールでスキルを身につけよう

ENGLISH JOURNAL 2017年10月号

10/17(火)LLライブラリ閉室時間変更のお知らせ

10/17(火)は土曜日の授業実施日です。
通常、土曜日はLLライブラリ・Skype Room共に16時半で閉室しますが
10/17(火)は 18時まで開いています。
Skype 英語レッスンも18時まで受講できますのでご利用ください。
(最終レッスンのスタートは17時半です)

☆SMK英語情報局☆ 第16回 Play and Study! の巻

こんにちは、SMK英語情報局です。

前々回前回と夏の旅行についてお話ししましたが、

最近はすっかり涼しくなって、!という感じですね。

秋といえば、大学1年生は丹嶺学苑で合宿がありますが、

今回は合宿中にできる英語ゲームを紹介したいと思います!

題して「Play and Study!」です!!!

 

このゲームには、1人で楽しむバージョンと、

2人で楽しむバージョンがあります。

2人のほうが楽しいので、今回は2人バージョンをご紹介します。

 

ではゲーム内容を説明しますね☆(AとBで代用します)

↓  ↓  ↓  ↓

1.お気に入りの洋楽を用意する

2.2人でその曲を聴く

3.Aは歌詞をみながらもう1度その曲を聴き、

__聞きづらそうな箇所を空欄にして歌詞を紙に書く

4.BはAが3で書いた歌詞を見ながら曲を聴き、

__空欄の箇所を聞き取って、空欄をうめる

5.最後は2人で歌詞を見ながら曲を聴き、答え合わせをする

☆ゲーム終了☆

 

Bが聞き取ることができればBの勝ちで、

Bが聞き取ることができなければAの勝ちです。

自分や友達が苦手にしているところを参考に、

聞き取りづらそうなところを想像することが、勝利の鍵です!

 

音楽を聴くことは楽しいですし、

どこが苦手なのかを意識することで、リスニング力が向上するはずです♪

最初はディズニーや Carpenters などの、はっきりと発音している歌がおすすめです。

また、2人だけでなく、複数でのチーム戦もできますよ。

英語以外にも、ドイツ語やフランス語で試してみてもいいですね☆

ちなみに、このゲームはわたしが大学1年の時に考案したもので、

正式に伝承されたものではありませんのであしからず・・・。

 

LLライブラリSkype roomでは音楽を聴きながら、歌詞を調べることができ、

またSkype roomでは声をだしてもOKなので、

発音練習英語ゲームもすることができます。

ぜひLLライブラリSkype roomに来てみてくださいね☆

 

以上、第16回SMK英語情報局でした☆

来週は祝日休講のためブログをお休みします。

 

編集:SMK

☆SMK英語情報局☆ 第15回 夏だ!旅行だ!第2弾!の巻

こんにちは、SMK英語情報局です。

前回にひきつづき、「夏だ!旅行だ!」第2弾をお送りします。

今回は、O局員をゲストに迎え、夏の旅行について聞いてみたいと思います。(S=局長SMK、O=O局員)

☆☆☆☆

S: 8月にイギリス旅行へ行ってきたと聞きました。なにを一番楽しみにしていましたか?

O: 私は William Shakespeare の作品を読むことが好きなので、彼の故郷である Stratford-upon-Avon を訪れることを一番楽しみにしていました!

S: なるほど、シェイクスピアゆかりの地をめぐる旅だったんですね!シェイクスピアといえば、英語や英語文化に大きな影響をあたえた、世界的に有名な詩人・劇作家ですよね。具体的にはどこへ行ったんですか?

O: London にある Shakespeare’s Globe Theater(グローブ座)と、ストラットフォード=アポン=エイヴォンにある Shakespeare’s Birthplace(シェイクスピアの生家)と、New Place(彼が晩年をすごした家)Hall’s Croft(彼の娘夫婦がすんでいた家)、そして彼のお墓がある Holy Trinity Church(ホーリー・トリニティ教会)を訪れました。

S: たくさんまわったんですね~。グローブ座では観劇を?

O: 時間の関係で観劇はできませんでした・・・が、隣接しているショップにはシェイクスピアの作品に関する本やグッズがたくさん売られていたので、私は Hamlet(『ハムレット』) King Lear(『リア王』)のセリフが書かれたマグネットなどを購入しました。

12
グローブ座ではシェイクスピアをはじめ、さまざまな舞台が上演されています。私が行ったときには King Lear Much Ado About Nothing(『から騒ぎ』)が上演されていました。『リア王』は四大悲劇として有名です。

S: ストラットフォード=アポン=エイヴォンはロンドンからは遠いですか?

O: 電車で2時間半ほどかかりました。駅周辺はのどかな田舎という感じですが、街中はシェイクスピア生誕の地として観光地になっているのでにぎやかでした。大都会のロンドンとは雰囲気が違い、建物がとても可愛かったです。

345
S: シェイクスピアの生家や、ニュー・プレイス、ホールズ・クロフトの中には入ることができるんでしょうか?

O: できます!入場料がかかりますが・・・。チケットには種類があって、私が行った3つの家のほかにシェイクスピアの母、Mary Aden の農場と、彼の妻、Anne Hathaway の実家の合計5つの家を見学できるものがあります。5つとも見学できるチケットは高かったので、私は一番安いチケットにしました。(笑)ちなみに、ホーリー・トリニティ教会も入場料がかかります。

S: 3つの家だけでは物足りなかったのでは?

O: そんなことはないですよ。それぞれの家に当時の生活などに関する資料が数多く展示されていてひとつの家を観てまわるのに1時間以上は使いました。しかも、どの家も庭がとっても広いんです!

678
S: イギリスといえば English garden を思い浮かべますものね!とても綺麗です。

__そういえばイギリスは天気が悪いイメージがありますが、実際はどうでしたか?

O: イギリスに滞在していた3日間は晴れつづきでした!気温は日本の秋と同じくらいで、湿気もなく、とても過ごしやすかったです。

S: それはよかったですね!ストラットフォード=アポン=エイヴォンで興味深かったものベスト3を教えてください!

O: うーん、なんでしょう・・・ひとつはシェイクスピアの生家です。家の中にはシェイクスピア一家が過ごしたリビングや寝室、それから革手袋商人だった彼の父親の仕事場などが展示されていました。多彩な人間模様を描いたシェイクスピアがどんなところで幼少期を過ごしたのかを知ることができて、すごく良い経験になりました。

910
二つ目はシェイクスピアの生家で行われていた、役者によるシェイクスピア作品のスキットです。だいたい10~15分おきに、男の人と女の人が交互に出てきて、作品のセリフを音読していました。私が観たのは、Romeo and Juliet(『ロミオとジュリエット』)の冒頭で語られるプロローグと、The Merchant of Venice(『ヴェニスの商人』)の3幕1場、“Hath not a Jew eye?” から始まる Shylock の有名なセリフのスキットでした。迫真の演技はどれも見応えがあって、気づいたら30分ほど立ち尽くしていましたね(笑)

S: 要チェックポイントですね!そのシャイロックのセリフは私もぜひ聴いてみたいです。

__ベスト3最後のひとつはなんでしょう?

O: シェイクスピアのお墓ですね!彼のお墓に刻まれた有名な銘文を実際に見ることができて嬉しかったです。墓碑銘の全文は “GOOD FRIEND FOR JESUS’ SAKE FORBEAR, / TO DIG THE DUST ENCLOSED HERE. / BLESSED BE THE MAN THAT SPARES THESE STONES, / AND CURSED BE HE THAT MOVED MY BONES.” です。最後の一文が恐ろしい・・・。しかも、昔ある学者が彼の墓を掘り返そうとしたところ、狂気に囚われて断念せざるを得なくなったとか。とにかく、400年もの間シェイクスピアが眠っている、歴史ある教会を訪れることができて本当によかったです!また、教会のステンドグラスがとても綺麗で思わずみとれてしまいました。

111312
S: とても有意義な旅だったようで、うらやましい限りです。ありがとうございました!

☆☆☆☆

O局員に限らず、文学をちょっとでも勉強すると、でてくる場所や作品のふるさとに行ってみたくなりますよね!

特にシェイクスピアを学んでいる人は、O局員のイギリス旅行を参考に、

「シェイクスピアをめぐる旅」にでかけてみてはいかがでしょうか♪

当時の様子を実際に感じることができれば、より理解も深まるはずです!

 

LLライブラリには、シェイクスピア作品のDVDがたくさんあるので、シェイクスピアに興味がある・作品を研究している人はぜひいらしてください

 

以上、第15回 SMK英語情報局でした。

 

編集:SMK

☆SMK英語情報局☆ 第14回 夏だ!旅行だ!の巻

こんにちは!SMK英語情報局です☆

第13回のあと、夏季休暇に入り更新をお休みしていましたが、本日より復活です!

夏だ!旅行だ!」というタイトルですが、

夏休みは終わってしまいましたね・・・。

みなさん夏休みはどう過ごされたでしょうか?

わたしは思い切って海外旅行にいってきました!アメリカに!!!

 

春季MFWIの東部旅行で訪れる、Boston にも行ってきたのですが、

道は憶えていませんでしたが、風景はとても懐かしく感じました。

ボストンといえば、アメリカ独立の地!The Freedom Trail が有名です。

フリーダムトレイルはアメリカ独立の要となった、

Boston Common から Bunker Hill Monument までの16の歴史的な箇所をたどる道のりです。

街中の地面の1本の赤いラインをたどっていくと、全16箇所をすべてめぐることができます。

IMG_3995 IMG_4005
さらに、主要箇所の近くには看板があるので、万が一ガイドブックを忘れても、安心です。笑

トレイルは全長約3マイル(約4.8キロ)ですが、16箇所を見学しながらたどるとなかなか時間がかかります。

道中には長い橋(途中がスケスケ)もあり、

IMG_4083 IMG_4084

また最終地点の Bunker Hill Monument は丘の上で、塔の中は登ることができるため(297段の階段です)、

フリーダムトレイルの完全制覇はいい運動にもなりますよ☆

IMG_4092 IMG_4112
MFWIの東部旅行では、フリーダムトレイルの省略版しかめぐらないので、

自力の完全制覇は楽しいものでした☆

 

またボストンといえば、独立戦争の発端となった Boston Tea Party も有名で、

「Boston Tea Party Tea」と書かれた木箱に入った紅茶が、

フリーダムトレイル16箇所のひとつである Old South Meeting House や、

おみやげ屋さん、空港の免税店などで売られています。

IMG_4161
東部旅行では訪れませんが、South Station という大きな駅の近くにある橋の途中に、

Boston Tea Party Ships & Museum という博物館があります。

IMG_4141
ここでは当時の市民に扮したガイドから、

ボストン茶会事件に関する人の、名前とそのひとが成したことが書かれたカードが渡され、

客は渡されたカードに書かれた人物になりきって、事件の夜の状況や、船の説明を聞きます。

その説明も、登場人物に扮したガイドが劇のようにしてくれるので、リアルで面白いです。

しかも説明の途中でいくつかの名前が呼ばれ、その名前が書かれたカードを持っている人は、

カードに書いてある説明を読まなくてはなりません。

ただ説明を聞いたり見たりするだけではない、参加型の博物館です。

また、船の上では事件になぞらい、実際に茶箱を海に投げ捨てることができます!

IMG_4150 IMG_4297 IMG_4143
当時の雰囲気を感じながら、楽しく歴史を理解できるのでおすすめです☆

 

一度訪れたことのあるボストンでしたが、過去には気づけなかったことに気づけたり、

前回は体験できなかったことを体験できたりと、2度目でも十分満喫できました。

日本では感じられない雰囲気や、英語の文化に触れることができ、

やはり海外旅行は最高だな、と感じた旅でした。

 

団体で行く旅行もいいですが、自分で何でも何とかするしかない1人旅や2人旅は

英語を使う機会がおのずと増えるので、

みなさんも次の長い休みには英語圏の海外旅行、ぜひいってみてくださいね☆

LLライブラリには、海外の観光名地を紹介している本もあるので、

興味のある場所をみつけてください♪

 

以上、第14回 SMK英語情報局でした☆

 

編集:SMK

追伸:ボストンでは、もちろんクラムチャウダーとロブスターロールを堪能しました!

IMG_4054

8月4日(金)閉室時間変更のお知らせ

8月4日(金)はLLサーバーメンテナンスのため
LLライブラリ、LL自習室は17時半で閉室します。
Skype英語レッスンは17:30-18:00の回まで受講できます。

また、LLライブラリ、LL自習室、Skype Roomは
夏期休暇中(8/5-9/15)は閉まっています。
後期授業開始日(9/16)から再開します。

ご了承ください。

☆SMK英語情報局☆ 第13回 ひたすら読むのだ! の巻

こんにちは、SMK英語情報局です!

きょうは7月31日、明日からとうとうは8月ですね。

テストが終わればみなさんお待ちかねの夏休みがついにやってきます。

アルバイトや遊びに明け暮れる、その気持ちもわかりますが

夏休みのながーい時間を利用して、継続的に英語の本を読んでみるのはいかがでしょうか?

 

というわけで今回のテーマは前回のレポート話とはうってかわって、

ひたすら読むのだ!」です。

 

大学1年のころ、わたしは英文を読むのがとても苦手で、

TOEICなどの長文問題は、見ただけで頭がプチパニック状態になっていました。

脳が英語の長文に拒否反応を示すのは、

きっと英語の羅列に慣れていないからだと考えたわたしは、

MFWI留学である作戦を実行したのです。

その名も「とりあえずいっぱい読んで英語に慣れよう大作戦」です!

 

作戦内容はいたって簡単で、

お昼休みに課題を終わらせた後の10分から20分、帰宅後・就寝前の30分など、

空いた時間にひたすら本を読むのです。

わからない単語はとりあえずほったらかしにしておいて、ひたすら読みます。

わからない単語があると物語がよく理解できないと思われるかもしれませんが、

案外理解できますし、物語が進むにつれて単語の意味が文脈からわかることも多いのです。

単語と単語のつながりかたや、よく使われる単語・文体などを、

自然と覚えていくことができたと思います。

また、「1週間でこの本を読みきる」「2週間で読みきる」など、

期間を決めることで、とにかく早く読むということにも慣れるようにしました。

 

単語の意味をしっかり理解し覚える、という点では劣るかもしれませんが、

英文読解がとくに苦手だったわたしには、多読は効果があったようで、

TOEICの点数は自然とあがりました。

 

ぜひみなさんも夏休みのひま~な時間を利用して、ひたすら本を読みましょう!

わたしは Spokane の本屋や Amazon で中古本を買って読んでいましたが、

図書館の Oxford の Bookworms シリーズを次から次へと読んでみたり

長編小説を読んでみたりと、いろいろ試してみてはいかがでしょうか☆

 

LLライブラリは残念ながら夏休みは閉まってしまいますが、

夏休みにおすすめの本を発掘したら、後期にぜひ教えてくださいね。

SMK英語情報局も前期はこれで最後です・・・。

9月には復活するので、後期もどうぞよろしくお願いします☆

 

ちなみに、わたしが読んでおもしろかった本はこちら↓

41bzfJucC6L._SX322_BO1,204,203,200_ 51CSJd0iUtL._SX337_BO1,204,203,200_
The Curious Incident of the Dog in the Night-time

A Wrinkle in Timeです。機会があればぜひ読んでみてください。

 

以上、第13回SMK英語情報局でした♪

編集:SMK