study abroad MFWI留学

日米キャンパス連携グローバル教育

日米キャンパス連携グローバル教育は、学科独自の国際教育体制です。本学は、アメリカ・ワシントン州スポケーン市に分校(MFWI)を持っています。その教育レベルは高く、優秀な教育機関としてアメリカでの認証*1を受けています。本学科は、MFWIと有機的に連携した英語教育・グローバル人材育成を行っており、日米キャンパス連携によるこのようなグローバルな教育は他に例をみません。

*1:2009年4月、MFWIは、アメリカのCEA(大学英語教育認定協会)から、大学レベルの英語教育機関として認定されました。

アメリカ分校4か月留学

レギュラー・プログラム

アメリカ分校4か月留学プログラムは、アメリカ分校MFWIへ留学する全員参加のプログラムです。学生は1年生の9月から約4か月間、MFWIへ留学します。MFWIは甲子園球場の約12倍の広さがあり、充実した施設を有した自然豊かなキャンパスです。TESOL修士号*2を持った教員約30名、そして職員やアドバイザー、カウンセラー、24時間勤務のセキュリティーなど約90名ものスタッフがアメリカ分校の運営に携わっています。海外の分校としては、質と規模でも、日本一であるといっても過言ではなく、充実した留学を経験することができます。

*2:Teaching English to Speakers of Other Languagesの略で、英語を母語としない人たち向けの英語教授法のこと。

career 日米企業研修

日米企業研修プロジェクトは、学生全員を対象とした学科独自のプロジェクトです。学生は、入学直後から、外部の専門家によるキャリアデザイン・セミナーそして、担任指導の下、業界や企業研究を行います。8月には、大阪府や兵庫県の企業で企業研修を行います。また、MFWI留学中にも、現地教員や職業人によるキャリア教育を実施し、スポケーン市にある企業で研修を行います。アメリカから帰国後には、経験と学びのフィードバックをキャリアビジョンへの橋渡しとして、専門家によるキャリアデザイン・セミナー、本学のキャリアセンターによる就職ガイダンスを実施します。
日本では、ECC法人部、JAL関連企業、ヒルトンホテル、帝国ホテル、阪急阪神ホテルズ、神戸酒心館、ベイ・コミュニケーションズ、竹中工務店などの一流企業にご協力いただいております。(2018年度)
米国では、NAC Architecture(建築関係)、DOUBLE TREE HOTEL(ツーリズム関係)、NUDO JAPANESERESTAURANT(飲食サービス関係)、KXLY TV STATION(メデイア関係)、YMCA(NPO 団体)、TOMSAWYER COFFEE ROASTERS(飲食サービス関係)などを訪問し、MFWI キャンパスがあるスポケーン市や近郊にある地元企業からご賛同・ご支援いただいています。(2018年度)

*日米それぞれで独自キャリア教育テキストを開発・使用しています。
New 『キャリアデザイン・ハンドブック』

Curriculum カリキュラム

1年次

キャリア形成への意識を高め、実践的英語力の基礎を固めます。


前期

科目例  キャリア英語会話、検定英語演習、マネジメント入門、ビジネス資格講座 など


後期(MFWI留学)

科目例  アメリカン・スタディーズ(文化・社会・文学)、カンヴァセーション、リーディング、ライティング など

2年次

ビジネスでの即戦力を目指すグローバルキャリア科目群において、専門的な知識と英語力を深めます。


科目例  ビジネス・スピーチ、ツーリズム論、マネジメント論、通訳翻訳演習 など

入学から卒業までのフローチャート

※現在カリキュラムの再編成を行っています。科目名や開講時期は変更になる場合があります。

transfer 編入学

英語キャリア・コミュニケーション学科の学生は、英語文化学科(4年制)3年次への編入学資格があります。例年25名程度の学生が、必要要件を満たし、英語文化学科へ編入学しています。また、奈良女子大学、関西学院大学、関西大学、京都外国語大学、関西外国語大学などへ進学する学生もいます。

qualifications 資格

中学校二種(英語)/図書館司書

※この他にもTOEIC®、TOEFL®、英検®、国際連合公用語英語検定試験(国連英検) 、観光英語検定 、秘書検定 、日商ビジネス英語検定 、通訳案内士、MOS(Microsoft Office Specialist)などの資格取得を推奨しています。