学生の活躍:英語文化学科4年 西本優さん

昨年の Campus Lifeに登場してくれた、英語文化学科4年の西本優さんから嬉しい報告が届いています。西本さんは英語キャリアコミュニケーション学科(短大)から、英語文化学科(大学)に編入学し、編入後も新体操の練習と大学での学びを両立し、「文武両道」の目標に向かって努力を続けてきました。今回は西本さんからの活躍のお知らせと、後輩のみなさんへのひとことをお伝えしたいと思います。

――2018年度の活躍――
最終学年となった今年は、関西学生体操選手権の個人部門で優勝、また全日本学生体操選手権では種目別4位に入賞する結果となり、武庫川女子大学では15年ぶりとなる全日本選手権の出場枠を獲得することができました。12月2日に行われた新体操部発表会をもって引退し、17年間続けてきた新体操人生を終えて、残すは卒業研究の完成のみです。卒業後は、英語キャリア・コミュニケーション学科入学時からの夢であった航空業界で働きます。大学編入後は履修科目が多く大変な時期もありましたが、ゼミの先生や仲間に支えられてここまで来ることができました。最後まで文武両道の目標をやり遂げていきたいと思います。

1 2

――後輩のみなさんへひとこと――
英語文化学科、英語キャリア・コミュニケーション学科ともに、自分の英語力を最大限に伸ばせる環境が十分に整っていると思います。勉強にしてもスポーツにしても、努力は必ず実るということ、夢は叶えられるということが、身をもって実感できた4年間でした。後輩のみなさんにも、自分の夢を決して諦めないで、チャレンジし続けて欲しいと思います。

3