堀江ゼミ(国際協力)が合同ゼミを行いました

11月18日(土)、文学部英語文化学科堀江ゼミ(国際協力)は、同じような研究に取り組んでいる神戸学院大学法学部杉木ゼミと合同ゼミを行いました。まず、各人が日頃の研究結果を発表し、その後「日本は対外支援を増やすべきか減らすべきか」に関してディベートを行いました。

JS2(1)JS4
さらに実際に人道支援の現場で起こりうる問題について、グループ・ワークを行い、結果を発表しました。学生たちは、準備に相当時間を費やしましたが、その結果を十分に発揮し、両方のゼミにとって有益な意見が多く出されました。朝から夕方までの長いイベントでしたが、充実した一日となりました。

JS3JS5